Argonne の国立研究所の研究者は - 拡張のような…翼が付いているカーボン Nanotubes を育てます

ダイヤモンドは最も堅い知られていた物質です。 カーボン nanotubes は最も強いです。 Argonne の国立研究所米国エネルギー省の科学者は合成の nanostructure の作成によって両方の世界のベストを結合することを試みました。 彼らは小さいダイヤモンドが付いている小さいカーボン管を育てたいと思いました。

しかし結果は期待どおりにありませんでした。 その代り、実験は翼状の拡張を作成する nanotubes の表面積を変えました。 実験者が捜していたもの結果がではなかったのに、これらの修正された表面は実用的な、応用材料およびシステムの世界に nanotubes を更に押すかもしれません。 それはまた方法に洞察力を材料によって呼出される 「nanocarbons の出現のクラスを総合する提供します」から - カーボンの…異なった同素体 - 異なった分子構造が付いている同じ要素一義的な特性が付いている新しい材料をもたらすために nanoscale で結合される成っています。

「私達は合成物を得ることを試みていましたが nanotubes は修正されるようになっていました」とスーザン Trasobares Argonne の研究者は言いました。 「だれが推測したかもしれないか」。

nanotubes およびフラーレンを構成する炭素原子は 「金網」。に類似しているシートのグラファイトのように担保付きです シートが球に転送されるときフラーレン - グラファイトおよびダイヤモンド両方と別のサッカー球型カーボン分子 -- を作ります。 シートが継ぎ目が無いシリンダーに転送されれば、カーボン nanotubes を作成します。

これらの nanotubes の一義的な特性は、強さを含んで、電気特性および行なう機能、それらを電子および機械アプリケーションに有用にさせます。 そしてそれらは人間の毛髪の幅小型のたった 1 1 万分の 1 のです。

カーボン nanotubes は構造補強のためにそしてリチウムイオン電池およびテレビスクリーン表示で使用されましたが、ジョンカーライル Argonne の科学者は言いましたプロトタイプ段階にまだあることを。

研究者は nanotubes の」変える方法を特性捜しています。 カーライルはダイヤモンドおよび nanotubes を一緒に育てることによって、彼および Trasobares が部品ことをの合計よりよい合成の構造を得ることができると言いました。

従って、それらはスタックするフォークのような端の nanotubes を、立て次に血しょうリアクターの下に置きました。 ultrananocrystaline のダイヤモンドを育てるのに血しょうが通常使用されたのでタイプのナノメーターの穀物が付いているダイヤモンドのフィルム、彼らはダイヤモンドが管の端で育つことを考えました。

「よく、それは働きませんでした」とカーライルは言いました。 「それは奈落の障害でした。 これはベストにです科学」。

血しょうは nanotubes の端を食べました。 カーボンは血しょうと反応し、蒸発しました。

ただし、サンプルの 1 つで、 nanotubes の一部は - nanotube のサンプルの穀物の円のような…水平姿勢にたたかれました。 電子顕微鏡検査の中心の助けによるサンプルを検査した後、研究者は縦の nanotubes を破壊した同じエッチングプロセスが開く水平の nanotubes の平滑面の壁を単に裂けていたことを検出しました。 それから翼を作成するために結ばれるカーボン分子。

カーライルは彼がまたは 「飛行 nanotubes」、 Trasobares は 「これらの一義的な構造を記述するために黒鉛の翼」を提案し修正 「刺だらけの nanotubes」を指名することを考慮したが、カーライルは一致しましたことを言いました。

「研究をするときよい部分期待していませんでした何回も何かを見つけることです」はと Trasobares は言いました。 「頼まなければなりません: 何が起こっていますか。 私達は何に得ていますか。 私達はなぜそれを得ていますか。 何がそれ意味するか」。

科学のために、それは意味しま nanotubes のスムーズな unreactive 表面を修正する新しいプロセスがあることを反応ポイントの表面積そして番号を高めます。 最も重要な点として調査は新しい特性が付いている新しい nanomaterials そして新しい nanocomposites のための地面を壊します。

そして研究者は可能なアプリケーションで推測できます。

反応ゾーンの番号が増加すると同時に、 nanotubes に接続できる分子グループの番号は増加します。 Functionalization は改良します。 表面積の増加はまたフラットパネルディスプレイのために重要である電子放射の特性を変更できます。 より多くの放出サイトはより明るい表示を意味するより大きい流れを意味します。

翼はまたポリマーに nanotube の固定を助けることができます。 2 つはまれによい接続をしません。 この前進によって、ドアは化学センサー、プローブの先端、燃料電池、粒子の X 線、ファブリック、 nanowires および人工的な筋肉のために開きます。

研究が続くと同時に、より多くのアプリケーションは開発されるかもしれません。 しかしカーライルはこれが夜通し起こらないことを言いました。 今でもするべき多くのテストおよび解決するべき多くの問題があります。

「科学者として、私達はと」カーライルについてどんな事が可能であるかもしれませんか言いました夢を見ます。 「実質の技術がどのようにの成長するかプロセスを見るとき」。どのように実際に懸命にあるか認め始めます

2004 年 7 月 16 日th掲示される

Date Added: Aug 10, 2004 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 12. June 2013 23:02

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit