- ナノテクノロジーがこれらの企業に影響を与えるためにセットされるかどのように農業および獣医学

カバーされるトピック

背景

現在の Biochips - および未来の企業アプリケーション

Biochips (マイクロアレイ) は何ですおよびどのように遺伝シーケンスを調査するのに使用されていますか。

Biowarfare のエージェントまたは病気の検出アプリケーションの Biochips を使用して

動物の病気の検出と食糧のソースをトレースするための Biochips を使用して

遺伝病を除去するのに Biochips が動物育種でどのように使用されるかもしれませんか

Microfluidics および Nanofluidics - 何であり、どの企業アプリケーションを使用されるかもしれませんか。

Microfluidics が家畜の育成でどのように使用されるか

Microfluidic 装置が Biomimetics でどのように使用されるかもしれませんか

背景

家畜および魚はナノテクノロジーの回転で影響されます。 nanomedicine の大きい希望が人間のための病気の検出そして新しい医薬品の間、ナノテクノロジーの獣医アプリケーションは - nanocapsule ワクチンからの…育成の産み分けへ未審理およびより論争の的になる技術のための性能試験場になるかもしれません。

現在の Biochips - および未来の企業アプリケーション

biochips を使用して、血のような生物的サンプル、ティッシュおよび精液は即座に分析され、処理することができます。 5 年以下では、 biochips はゲノミクスのための標準技術になり、発見に薬剤を入れ、商業ヘルスケアおよび食品安全性アプリケーションに今移動しています。

Biochips (マイクロアレイ) は何ですおよびどのように遺伝シーケンスを調査するのに使用されていますか。

biochip (かマイクロアレイ) 普通ケイ素回路で何百かたくさんもの正確に沈殿する人工的な DNA の短い繊維から成っている装置です。 DNA のアレイでは、各 DNA の繊維は選択的なプローブとして機能し、サンプル (例えば血) の材料に結合するとき電気的信号は記録されます。 むしろテキストの部分を渡るワード検索を行なうことのよう、 biochip はそれに構築される DNA のプローブに基づいて見つけられた遺伝シーケンスで報告です。 最も最もよく知られた biochips は Affymetrix の技術を開拓したで、単一チップの全体のヒトゲノムをダイムのサイズ分析する DNA チップを作り出す第 1 でした会社によって作り出されるそれら。

Biowarfare のエージェントまたは病気の検出アプリケーションの Biochips を使用して

DNA の biochips に加えて、それらを biowarfare のエージェントか病気を検出するために有用にさせるサンプルの蛋白質そして化学薬品のごく少量を検出する他の変化があります。 Biochip の分析機械はインクジェット・プリンタのサイズ Agilent (Hewlett-Packard) および Motorola - 30 分のまわりに 50 までのサンプルを処理することできるそれぞれのような会社から商用化されています。

動物の病気の検出と食糧のソースをトレースするための Biochips を使用して

チップは動物で早い病気の検出に使用することができます。 プレトリアの大学の研究者は、例えば、カチカチによって耐えられたよくある病気を検出する biochips を発達させています。 また Biochips が食糧および供給のソースをトレースするのに使用することができます。 として 40 の種類からの製品動物の存在を検出するために例えば、 bioMérieux の 「FoodExpert ID」チップ急速にテストは病原体のソース - 鳥インフルエンザおよび狂牛病のような公衆衛生の脅威への応答を見つける方法入れます。

遺伝病を除去するのに Biochips が動物育種でどのように使用されるかもしれませんか

1 つの目的は繁殖の目的のための functionalise の biochips にあります。 それらの後ろのヒトゲノムのマップによって、遺伝学者は今急速に肉の病気抵抗そして低脂肪のような商業的に貴重な特性に関連している遺伝子シーケンスを識別することを望んでいる牛、ヒツジ、家禽、ブタおよび他の家畜のゲノムを配列しています。 含んでいることによって biochips のこれらの特性のために厳密に調べます、繁殖動物は迅速にチャンピオンの繁殖動物を識別し、遺伝病を選別できます。

Microfluidics および Nanofluidics - 何であり、どの企業アプリケーションを使用されるかもしれませんか。

Microfluidics は biochips と同じスケールの新技術のプラットホームです。 Microfluidic および nanofluidic システムはそれによりそれらをソートする一連の小さいチャネルおよび弁を通る液体またはガスの流れの、制御によってコンピュータ回路がワイヤーおよび論理回路を通してデータをソートするので大いに分析します。 頻繁にケイ素にエッチングされる Microfluidic チャネルは、 100 つ nm より広くより少しである場合もあります。 これはそれらが - 通常 nano リットルか pico リットル (nano リットルより小さい 1000 倍) ごく少量の DNA、蛋白質またはセルのような生物的材料を扱うようにします。 Microfluidics ただ非常に精密な分析を可能にするために、彼らはまた nanoscale で異なったコンポーネントを混合し、分け、そして扱うことによって生きている問題の処理のための潜在性を開発します。

Microfluidics が家畜の育成でどのように使用されるか

Microfluidics は物理的に精液および卵をソートするために繁殖している家畜で使用されています。 このフィールドのリーダーは XY、産み分けのための男性および女性の精液を分離するのに流れ cytometry と呼出される microfluidic 技術を使用しているコロラド州 (米国) の Inc. です。 X-Y 正常に性選ばれた馬、牛、ヒツジおよびブタを繁殖させ、商業繁殖動物に今技術を提供します。 新しい microfluidic システムを開発した Nanotech 起動の Arryx の MatRyx を、使用します小さいレーザーのトラクターのビームトラップの個々の精液が重量それらをソートする nanotechnique を呼出し。 MatRyx は牧畜の商業化のための毎秒および目標およそ 3,000 精液をソートできます。 「この方法酪農業者は牛があり、ビーフの農夫は」、説明します Arryx の CEO ルイス Gruber をより多くの肉を食べる雄牛があることができます。 彼の目的は簡単な 1 ボタンの性の選別機を作り出すことです。

Microfluidic 装置が Biomimetics でどのように使用されるかもしれませんか

Matthew の荷車引き、動物科学の教授イリノイ大学に精液および卵しかソートしないが、ありましたりまた自然な再生の動きをまね、生じる胚を扱う方法で一緒に持って来ます microfluidic 装置を発達させることで、行った 1 つが更にそれらを。 先生に従って Wheeler、そのような技術は胚の大量生産を安く、速く信頼できるさせ。 彼および彼の同僚はこの技術を商業化しスピン・オフ会社、 Vitaelle を、始めました。

ソース: 農場の `: 食糧および農業の Nano スケールの技術」、等のグループのレポート、 2004 年 11 月の影響。

このソースのより多くの情報のために等のグループを訪問して下さい。

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit