科学 Horiba 著からの NanoLog を使用してカーボン Nanotubes からの蛍光性スペクトル

カバーされるトピック

背景
単一の壁カーボン Nanotubes (SWNTs) からの蛍光性スペクトルを - 実験プロセスの記述記録します
この実験から現れた結果
結論

背景

炭素原子の巻き上げられた単一シートから成っている単一壁カーボン nanotubes (SWNTs) は多くの関心を最近引いてしまいました。 SWNTs は IR 領域で出ると知られ直径および他の構造特性を特徴付けるのに放出が使用することができます。 NanoLog™ (図 1) の科学 HORIBA からのモジュラー spectrofluorometer を見て下さい SWNT の放出の効率的な分光分析のためのほぼ IR 探知器そして TRIAX の分光計によって設計されています。 使用できるほぼ IR 探知器は両方液体N -2冷却された交響曲の一連の InGaAs のアレイ -- を含んでいます (完全なスペクトルを急速に取ることができる、また単一要素の InGaAs の経済的な探知器を見て下さい図 2)。 これらの探知器は長波長に任意選択検出との 800-1700 nm からの光子に敏感、です。 さらに、余分感度およびタイム解決する測定のために、ほぼ IR に敏感な光電子増倍管管は探知器として使用されるかもしれません。

科学 HORIBA からの図 1. NanoLog™の spectrofluorometer。

図 2. 交響曲の InGaAs のアレイ、 NanoLog™の標準探知器。

単一の壁カーボン Nanotubes (SWNTs) からの蛍光性スペクトルを - 実験プロセスの記述記録します

高圧力 CO SWNTs からの蛍光性スペクトルは放出のための二重耳障りな刺激モノクロメーター (600 grooves/mm は 1000 nm で、燃えました) および TRIAX の放出分光写真器 (1200 nm で燃える 150 grooves/mm) を組み込む NanoLog™を使用して (水様の 1% ナトリウム dodecyl 硫酸塩で) 記録されました。 Nanotubes の」検出するためには蛍光性は放出スキャンごとの 2 つの s の統合時間と、交響曲シリーズほぼ IR InGaAs の CCD アレイ (512 のピクセル ×2 1" [2.54 cm]、冷却される液体N)、使用されました。 スリット幅は刺激および放出両方の 4 つの mm でした。 ステップサイズは各スキャンのためのポイントの間の 2 nm でした。 刺激は 620-815 nm からスキャンされました; 放出は 1080-1356 nm からスキャンされました。 Photoluminescence の強度は (シグナル - 暗いカウント) /reference として測定されました。 データの総獲得の時間は約 10 Min. でした。

この実験から現れた結果

3D 刺激放出マトリックススキャン (興味ショーの全体のほぼ IR 分光領域の図 3) を SWNT の混合物の蛍光性の特性の概要見て下さい。 各種の chirality はによって与えられます (nm) は調整します。 HORIBA 科学的な Nanosizer TM のソフトウエアパッケージによって提供される図 3 および 4 (下記参照) で分光ピークのシミュレーションそしてアサインメントは示されます。 図 3 では、上部の平らなプロットは模倣されたスペクトルからの白い等高線を含んでいます。 ピークのアサインメントは図 4 で示されています; nanotubes の圧延の直径そして chiral 角度は放出ピークの波長と関連しています。

図 3. SWNTs の混合物の放出刺激マトリックススキャンは NanoLog™と記録しました。 各種の Chirality はように示されます (nm)。 「立方体」の上面の陰刻は Nanosizer™のソフトウェアによって行われる同じマトリックスのシミュレーションからあります。

図 4. 分析は、 SWNTs の混合物の Nanosizer™による chiral マップのフォーマットで、各種の図 3. Chirality の NanoLog™と示されますように記録しました (nm)。 円の直径そしてカラーは図 3. のピーク強度と関連しています。

結論

ほぼ IR スペクトルは - マトリックスを含んでスキャンします Nanosizer TM のソフトウェアが付いている NanoLog™の spectrofluorometer を使用して - 単一壁カーボン nanotubes からの…容易に、それぞれ記録され、分析されます。 NanoLog™は未来の nanostructures、量の点および物質科学と関連している多数の研究に有用です。   

注: 参照の完全セットは原書を示すことによって見つけることができます。

ソース: 科学 Horiba。

このソースのより多くの情報のために科学 Horiba を訪問して下さい。

Date Added: Aug 16, 2005 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 04:08

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit