Buy a new FL3-22 spectrofluorometer and get a DeltaTime TCSPC upgrade for half price

There are 2 related live offers.

DeltaTime TCSPC Half Price | Horiba - DeltaTime - 20% Off | See All
Related Offers

Quantum の点の Photoluminescence の分光学 - 科学 Horiba 著製造者データ

カバーされるトピック

背景
CdSeTe 合金にされた Quantum の点 - 実験プロセスの記述 -- を総合します
この実験から現れた結果
吸収および Photoluminescence の分光学を使用して Quantum の合金にされた点の調査
吸収および Photoluminescence の分光学と検査された場合 Quantum の点の動作の説明
結論

背景

量の点の光学的性質に (QDs)レーザー光線の biosensing、 biolabeling、メモリデバイスそしてもと光電子工学で潜在的なアプリケーションがあります。 Spex 多目的な FluoroMax の spectrofluorometer によって監察されるようにおよび構成所有するために例えば、合金にされた CdSeTe QDs は大きさで分類するために関連する photoluminescence スペクトルの非線形変更を® ここに®示されています。 QDs の放出波長は可視ライトが突き通ることができるより生きた組織により深いイメージ投射のために有用かもしれない 850 nm 高い場合もあります。

CdSeTe 合金にされた Quantum の点 - 実験プロセスの記述 -- を総合します

三n octylphosphine 酸化物および hexadecylamine の CdO、 Se の純粋な打撃および Te の粉からの合金にされた CdSeTe QDs (2.7-8.6 nm の直径) を総合する為の手順は物理化学の ` ジャーナルに」あります (100、 8927-8939、 1996 年)。 nanoparticles は沈殿物および遠心分離によって浄化されましたり、そして室温で保存されました。 吸収スペクトルは島津の分光光度計 (スリット = 1.0 nm) で監視されました。 吸収の手始めおよびバンドギャップエネルギーを見つけるための Fendler 等方法は吸収データと使用されました。 Photoluminescence スペクトルは Spex FluoroMax の spectrofluorometer を使用して® ®記録されました。 発光スペクトルは 2.0 nm の 475 nm およびスリット幅の刺激波長と行われました。 すべてのスペクトルは探知器の波長依存した応答を修正されました。

この実験から現れた結果

層にされた解決 (次 CCL の4 QDs; 包囲されたの下で、上で) 水をまけば紫外線は有機性層に三 n octyl ホスフィンの酸化物が塗られる図 1. QDs で mercaptoacetic 酸が塗られるそれらは水様の層にあるが、残ります示されています。

(a) 包囲されたおよび (b) 紫外照明の下で三 n octyl ホスフィンの酸化物 (三) および mercaptoacetic 酸 (mer) が塗られる図 1. QDs。 上位層は水です; より低い層は CCL です4

吸収および Photoluminescence の分光学を使用して Quantum の合金にされた点の調査

合金にされた QDs の範囲は吸収および photoluminescence の分光学によって検査されました (図 2 を、次見て下さい)。 バルク合金のための比較文学値は含まれています。 データはバンド端で蛍光性の放出と解決する電子転移を、明らかにします。 約 60% Te ですべての nanoparticle のサイズのためのバンドギャップの予想外の不況に注意して下さい。 薄膜およびバルク合金のための一般に成功した Vegard の法律は線形です:

Ealloy = xEA + (1 - x) EB

x = モル分率が、および E、A E およびB E それぞれalloy A および B の純粋な材料 A、 B および合金のためのバンドギャップであるところ。 しかし Vegard の法律はただの最初の近似であり、他の人々はバルク CdSeTe のこの 「光学ボーイング」を見つけました、従ってこの効果は量の拘束によってもっぱら引き起こされません。

図 2. 構成対 CdSeTe の nanoparticles のための吸収および放出1-xx エネルギー。 (a) CDSeTe QDs の吸収そして0.340.66 photoluminescence; (b) Te の内容と関連している吸収エネルギー手始め; (c) 放出ピーク波長対 Te の内容。

吸収および Photoluminescence の分光学と検査された場合 Quantum の点の動作の説明

観察された効果がのために起こることを Zunger 等は提案します: (a) 合金のさまざまなイオンのサイズ; (b) これらのイオンのさまざまな electronegativities; そして (c) これらのイオンの二進構造にさまざまな格子定数があります。 平衡位置へのイオン結合の弛緩は構造のローカル順序およびバンドギャップの予想以上に大規模な減少の原因となるかもしれません。

結論

粒度および構成は量の拘束を制御できます。 これらの QDs はほぼ IR のためにリビング・システムに分子イメージ投射のために有用、かもしれ、深ティッシュイメージ投射が必要である血および水ライト吸収 QDs から離れたずっと赤い蛍光性は、また順序の大きさの吸収係数を大きいより典型的な有機性染料提供します。 Spex 超高感度の® FluoroMax の® spectrofluorometer は未来の nanostructures そして物質科学と関連している多数の研究に有用です。

注: 参照の完全セットは原書を示すことによって見つけることができます。

ソース: 「科学 Horiba 著 Spex FluoroMax」の - アプリケーションノートによって監察される Quantum の点の Photoluminescence 分光学。

このソースのより多くの情報のために科学 Horiba を訪問して下さい。

Date Added: Aug 17, 2005 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 04:08

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit