CRAIC の技術からの装置を使用して蛋白質の水晶の紫外線目に見える Microspectroscopy

トピックのリスト

背景
蛋白質の水晶の紫外線目に見える Microspectroscopy

背景

CRAIC の技術は微視的分析のための紫外線目に見えるNIR 範囲の科学器械の開発者を導く世界です。 これらは助けるように設計されている QDI シリーズ紫外線目に見えるNIR マイクロ・スペクトル光度計の器械を非有害測定顕微鏡のサンプルの光学的性質含んでいます。 CRAIC の UVM シリーズ顕微鏡は紫外線、目に見える NIR の範囲をカバーし、目に見える範囲を越えるミクロ以下の解像度とずっと分析するのを助けます。 CRAIC の技術にまた顕微鏡のサンプルの非破壊的な分析のための CTR シリーズラマン microspectrometer があります。 そして CRAIC が得意気に無比のサービスとサポートが付いている私達の microspectrometer および顕微鏡の製品を支持することを忘れないで下さい。

蛋白質の水晶の紫外線目に見える Microspectroscopy

microspectroscopy 紫外線目に見える範囲は個々の蛋白質の水晶の分析のための重要な技術です。  現在、蛋白質の水晶は構造生物学のために使用され、デザイン、制御された薬剤配達および bioseparations に薬剤を入れます。  したがって育つと同時に、紫外線 microspectroscopy 個々の水晶の光学的性質の両方の調査のために、また水晶の品質管理のために使用されます。

個々の蛋白質の水晶の紫外線目に見える microspectra の例は次あります。  さらに、蛍光性の発光スペクトルはまた同じ水晶の測定されました。  すべての測定は QDI 2010™の紫外線目に見えるNIR 範囲のマイクロ・スペクトル光度計によってなされました。  水晶は水晶毛管管で育ち、スペクトルは毛管管の水晶の間、まだ取られます。    

QDI 2010™の紫外線目に見えるマイクロ・スペクトル光度計によって取られる図 1. 蛋白質の水晶の吸光度スペクトル


QDI 2010™ MSP の図 2. 得られる結晶形式の 2 つの蛋白質の吸光度スペクトル

図 3. QDI 2010™のマイクロ・スペクトル光度計によって取られる 365 nm の刺激と得られる結晶形式の 2 つの蛋白質の蛍光性の発光スペクトル

一次著者: ポール・マーティン先生
ソース: CRAIC の技術による蛋白質の水晶の紫外線目に見える Microspectroscopy。
このソースのより多くの情報のために CRAIC の技術を訪問して下さい

Date Added: Apr 28, 2008 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 18:00

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit