保護所の研究からの新しい iDrive 片持梁ホールダーは液体のイメージ投射柔らかいサンプルのための楽な調整を可能にします

カバーされるトピック

背景
iDrive キット
iDrive プローブは専ら使用できる直通の保護所の研究です
顧客のアップグレード

背景

iDrive 液体のイメージ投射柔らかいサンプルのための特に設計されていた片持梁ホールダーはです。 それは機械カップリングによる多数のピークの除去によって流動イメージ投射を簡素化し従って、液体の片持梁の自動調整を許可します。 それは MFP-3D AFMs のために専ら使用できます。

磁気的に磁界 (図 1) の前で片持梁足を通して小さい流れを動かすことによって片持梁を作動させる iDrive 使用特許を取られた技術。 それが振動するのに piezo 使用しないので液体の片持梁を調整するとき片持梁の、機械カップリングおよび多重ピークは除去されます (図 2)。

図: 1. ローレンツ力を示す片持梁の図式的な図表は片持梁に出ました。

図 2 の片持梁は piezo 主導の AC モード (上) のと iDrive AC モード (底) の液体で調整しました。 ユーザーが容易に彼らの片持梁を調整できる単一のピークに気づいて下さい。 赤: Undriven の熱動き。 黒: 運転された動き。

iDrive 他の磁気作動の技術とは違って重要な費用を追加し、貴重な実験室スペースを消費できるサンプルホールダーおよび余分コントローラを必要としません。 それはまた望ましくない片持梁に曲がることをもたらし、有害性がある金属イオン -- にサンプル解決をさらし、解決または酸化の腐食による磁気感度を一定時間にわたり失うことができる磁気的に上塗を施してある片持梁を必要としません。 iDrive 液体の簡単自動調子、敏感なサンプルの、特に柔らかい生物的およびポリマーサンプルの流動および非破壊的なイメージ投射の Q 制御のアプリケーションを許可します。 iDrive また上および底からのサンプルへの光学アクセスを可能にします。

iDrive アクセサリは片持梁ホールダーおよび iDrive 互換性のあるプローブを含んでいます。 ホールダーは iDrive AC モードかソフトウェアで容易に切替可能である標準 piezo 主導の AC モードで作動させることができます。 それは閉じる流動セルおよび BioHeater を含む MFP-3D のアクセサリと互換性があります。

iDrive キット

項目
専有 iDrive 片持梁ホールダー 1
PEEK™のバネクリップねじ 3
ステンレス鋼のバネクリップねじ 2
細長かったスクリュードライバー 1
フィリップスのスクリュードライバー 1
ARiDrive プローブ 105

iDrive プローブは専ら使用できる直通の保護所の研究です

モデル # ARiDrive
先端/レバー材料 罪。 全体 4 つのレバーしかし 2 つの短い片持梁 (各側面の 1) は iDrive 互換性がありますただ。
レバーの形 三角
レバーの厚さ 0.4£gm
レバーの幅 13.4 (100µm)
27.9µm (200µm)
レバーの長さ 100µm (iDrive 互換性がある)
200µm
ばねの定数 (N/nm) 0.09 (100µm) 0.02 (200µm)
共鳴 freq。 空気 (kHz) 32 (100µm) 10 (200µm)
先端の形 4 味方されたピラミッド
チップ高さ 3µm
先端の半径 <40nm
先端の角度 <35° の前部
<35° の側面
コーティング チップ側の 40nm Au
反射の側面の 50nm Au
/価格設定包装 210 - $5,730
70 - $2,465
35 - $1,450
10 - $500

顧客のアップグレード

より古い MFP-3D システムは iDrive コンパティビリティのためにコントローラに小さいハードウェアの改装を必要とします。 これは iDrive キットを与えられます。 アップグレードの細部については、コンパティビリティアップグレードを必要とする多重コントローラがあれば価格引用語句によっては、または、保護所の研究が接触します

ソース: 保護所の研究

このソースのより多くの情報のために保護所の研究を訪問して下さい

Date Added: May 8, 2008 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 18:00

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit