特殊機構 - Nanosurf フェニックス火星の代表団の一部として火星の生命を捜す原子力の顕微鏡が付いているスペースのナノテクノロジー

 

アップデート

9 月 22 日 - NASA のフェニックス火星の Lander のロボティックアームが今日石をわきすすめることができれば、フェニックスのチームの科学者は下にあるものが見ることを望みます。

ロボティックアームのためのコマンドを開発するエンジニアは lander の北側面の石を転置することを試みるように計画を準備しました。 この石は、大体 VHS のビデオテープのサイズそして形、非公式に指名されます 「頭のない」。

「私達は私達が試みるまで私達がそれの下の表面へ最小の妨害の石を移動することであることを」、 「知りません考えによってが言った Ashitey Trebi Ollennu、 NASA のジェット推進の実験室、パサデナ、カリフォルニアのロボット工学エンジニアをこれをしてもいいかどうか。 それを押すどうしてもスコップを」。入れないようにそれの下でそれを持ち上げる十分を得なければなり、

第 16 2008 年 9 月 - NASA はフェニックス火星の Lander の顕微鏡検査、電気化学および伝導性の検光子のぬれた化学実験室に別のサンプルを渡しました (MECA)。

配達は 2008 年 5 月 25 日上陸した代表団の SOL 107 (107th 火星日) だった 2008 年 9 月 12 日にになされました。

ぬれた化学実験室はプロセスの一部として地球からの水溶液と土の溶ける栄養素そして他の化学薬品を識別するために火星の土を混合します。 この土の予備の分析はアルカリである、過塩素酸塩、ナトリウム、マグネシウム、塩化物およびカリウムのような塩そして他の化学薬品で構成されてことを確認し。 このデータはその同じ位置からの前の結果を、言いました NASA のジェット推進の実験室、パサデナ、カリフォルニアの MECA のための鉛の科学者のミハエル Hecht を認可します。

数日中には、フェニックスのチームはまた別の土分析の器械の 8 つの単一使用のオーブンの最終的な 4 つを、上昇温暖気流および展開させたガス分析器、または TEGA 満たします。 チームの作戦は火星の夏の終わりによるフェニックスの太陽電池パネルの低下によって作り出される力の前にできるだけ多くのサンプルを渡すことです。

第 11 2008 年 9 月 - NASA のフェニックス火星の Lander が近づくのでそれの端は北極明白のを渡って今週踊っている何人かのつむじ風によって火星の冬それをフリーズする時生命、 Lander beffeted です。

これらの塵打ち上げる旋風は領域で期待されましたが、どれも先に検出されてしまいませんでした。

フェニックスの表面のステレオのトナーのカメラは lander の 104th 火星日の正午時間の間に 9 月 8 日に西部および南西地平線の 29 の画像を、撮りました。 画像が地球に送信された後翌日、フェニックス科学のチームはつむじ風にすぐに気づきました。

「それはちょうど常態と処理して私達が」、立ったほど目に見えるつむじ風を持つ驚きでしたテキサス A&M 大学、 College Station、ステレオのカメラのための鉛の科学者のマーク Lemmon を言いました。 「私達が方法が、私達追加処理をおよびしたカップルを見たら見つけられてあります画像の 12 につむじ風が」。

フェニックスのチームはこれらの渦巻く風からの宇宙船へのあらゆる損傷を心配していません。 「火星の薄い大気と、私達が風によってが手段のデザインで十分できる範囲にあるつむじ風から」、経験するかもしれない風ロードエド Sedivy、 Lockheed Martin の宇宙システムの会社、宇宙船を作ったデンバーのフェニックスのプログラム・マネージャを言いました。 「Lander を除いて非常に堅く一度配置した位置に受けとられる太陽光線を集めるためのアンテナ、なりました張力構造に」。は

第 29 2008 年 8 月 - 90日間の主任務を完了する NASA のフェニックス火星の Lander は、科学のコレクションの作業を続けています。 科学および工学チームは火星の調査の少なくとも別の月に順方向に見ています。

代表団が 9 月 30 日によって操作を続けること宇宙船の十分な力および実験容量、 7 月 31 日に発表される NASA が原因で。 lander が科学データを集めることを終われば代表団のチームは測定および観察の分析を続けます。

「私達は私の野生の夢を越えて成功して、できていなかった秘密についての火星からのまだ学習ではないです」、ピータースミス、チューソンアリゾナ州立大学からのフェニックスの主任調査官を言いました。

火星の北の平野の私達の土地で氷の特性そして歴史を理解するために 「私達はまだ働いています。 太陽が地平線の下で浸り始める間、私達にまだ私達の観察および実験を続ける力があります。 そして私達はこれから数週間の火星の天候の漸進的な変更を見ることを望んでいます」と彼は言いました。

重大な質問の間でフェニックス科学のチームは火星の北部地域が住めるゾーンだったかもしれないかどうかです答えることを試みています。

フェニックスは既に水氷の存在を、断固とした土です土のアルカリのおよび識別されたマグネシウム、ナトリウム、カリウム、塩化物および過塩素酸塩確認してしまいました。 化学分析はより多くのサンプルがくんくんかぎ、味がすることができるようにフェニックスのロボティックアームが手を差し伸べる一方で続きます。

第 26 2008 年 8 月 - 分析のためにつかまれる堀から火星の土の次のサンプルは他のどの堀 NASA もフェニックス火星の Lander が掘ったより深い約 3 倍来ています。

火曜日で、 8 月 26 日、宇宙船は最初に主任務として計画された 90 の火星日 (か 「ソル」を) 終え、代表団の拡張に 9 月によって 7 月以内に NASA によって発表されるように、続きます。 フェニックスは 5 月 25 日に上陸しました。

「」 NASA のジェット推進の実験室、パサデナ、カリフォルニアのフェニックスのプロジェクトの飼い葉桶バリー Goldstein を言ったか私達はとして私達が最初に代表団の実物大であると期待したものが近づきますどれだけうまくと代表団が行っているか私達はすべて感動します。

SOL 90 のためのフェニックスの主タスクは深いです 「石造りスープ」、約 18 センチメートルの、または 7 インチと呼出される堀の底からの土のサンプルをすくうこと。 より遅い SOL で、 lander のロボティックアームはぬれた化学実験室の第 3 セルにサンプルからの土を振りかけます。 フェニックスの顕微鏡検査のこのデッキ取付けられた実験室、一部分、電気化学および伝導性の検光子は (MECA)、前に 4 つの土テストのセルの 2 つを使用してしまいました。

「最初の 2 つのセルで私達は表面および氷インターフェイスからのサンプルを分析し、結果は類似している見ます。 セル 3 のための私達の目的は異ならないかもしれない何かを見るのに」言いました JPL のミハエル Hecht、 MECA のための鉛の科学者を探険のセルとしてそれを使用することです。 「石造りスープの懇願この深い領域が」。は異なった種類の材料を集め、集中するかもしれないことです

第 22 2008 年 8 月 - NASA のフェニックス火星の Lander は地上の表面と表面下の氷った層間の中間深さからの土のサンプルをすくいました。 サンプルは宇宙船の実験室のオーブンにそれ渡されました。

フェニックスのロボティックアームは堅い、氷った地下の層の上の地面そして約 1 センチメートル (0.4 インチ) の表面の下で深さからすくわれた緩い土約 3 センチメートル (1.2 インチ) の約 4 分の 1 本から 2 分の 1 本のティースプーンから 「焼跡稼働した 3." と指名された堀からサンプル、ダビングされた 「焼き付ける石炭を」、サンプル成っていました集めました。

フェニックス早い木曜日からアームが熱 lander のセル 7 のドアを通してそのサンプルのいくつかを渡したことそして展開させたガス分析器 (TEGA) 確認しました届いたデータは、そして十分な材料がスクリーンを通り、ほぼセルの小さいオーブンを満たすために漏斗をおろすことを。 TEGA を近くオーブン持つそして低温 (35 の摂氏温度、または 95 の華氏温度) にサンプルを熱し始めるフェニックスチームによって準備されるコマンド木曜日。

低温の暖房の目的はサンプルの氷を捜すことです。 次のステップは完全にサンプルを乾燥するために 125 の摂氏温度 (257 の華氏温度) にサンプルを熱する中間の温度プロセスです。 最後の暖房は 1000 の摂氏温度 (1832 の華氏温度) にサンプルを持って行きます。 これらの暖房の段階の間に放たれるガスは科学のチームが火星の土の特性を定めるのを助けます。

「私達は前のサンプルに類似している見るとサンプルが期待しています」アリゾナ州立大学のウィリアム Boynton、 TEGA のための鉛の科学者を言いました。 「私達が捜す事の 1 つです過塩素酸塩を表した酸素リリース」。は

第 20 2008 年 8 月 - NASA のフェニックス火星の Lander 科学者およびエンジニアは分析し、表面下の構造を凍らすために新しい材料を捜し、土を検査する宇宙船のロボティックアームを搭載する lander のまわりで領域に掘り続けています。

最近開く新しい堀はアームの到達可能なワークスペースの東の部分に 「焼跡稼働した 3" を 「不思議の国」掘る領域の堀含めます。 研究者は議論を助けるためにそのような名前を非公式に選択します。

チームは氷の層および計画に反対側に氷の上の土の約 1 センチメートル (0.4 インチ) を残すために焼跡稼働した 3 の 1 つの側面を掘っています。 火星の氷土の境界の上のカップルのあるこの中間深さはセンチメートル (0.8 インチ) 科学のチームにサンプルによってダビングされる 「焼き付ける石炭のために望まれる縦のプロフィールをであるように」フェニックスの熱のおよび展開させたガス分析器 (TEGA) に提供される次の材料意図されていて与えます。

フェニックスが上陸した北極平野全体の地面の表面は地面が膨張および収縮のサイクルを通って行く地球の永久凍土層領域のそれらのような多角形の形で模造されます。 フェニックスによって最近のおよび計画された掘ることの一部はアームの多角形間の多角形そしてたらいの中心の両方範囲内の着陸を利用します。 例えば、 「石造りスープ」堀はアームのワークスペースの西端の近くの 「食器棚」の掘削領域のたらいで、掘られました。 チームは土の特性を調査し、多角形のたらいで深く凍ることこのゾーンでできるだけ深く掘ることを計画します。

食器棚領域からのサンプルは顕微鏡検査の lander のぬれた化学実験室、一部分、電気化学および伝導性の検光子に渡されるかもしれません (MECA)。 サンプルを得るための位置はアームの熱および電気伝導率のプローブの 「上部の塩の存在のためにテストするために上部の食器棚内の氷った土に挿入された食器棚」、および使用でそれ以上に掘ることからの結果によって決まります。

第 14 2008 年 8 月 - NASA のフェニックス火星の Lander は原子力の顕微鏡を使用して火星のいたるところにある塵の単一の粒子の前代未聞の画像を、撮りました。

粒子 -- 別の世界から見られる何でもより高い拡大で示されている -- 1 マイクロメートルについての四捨五入された粒子、またはメートルの 1 の百万番目は、あります。 それはその塵の斑点マント火星です。 そのようなほこりは火星の空のピンク、規則的に惑星および農産物の火星の特有で赤い土を囲む供給の嵐を着色します。

「これは火星の粘土サイズの粒子の最初の映像であり、サイズは赤い惑星に日没で見られるカラーからの予言と一致します」、ヌーシャル、顕微鏡を作ったスイスの借款団を導くスイス連邦共和国の大学のフェニックスの共同調査官を言いました Urs Staufer。

「この画像を撮ることは地球を離れて作動した高リゾリューションの顕微鏡を必要とし、火星の塵を保持する特に設計されていた基板」トムパイクの帝国大学ロンドンからのフェニックス科学のチーム・メンバーを言いました。 「私達はそれがこれ」。画像の粒子に技術的に非常に挑戦的小さいであることを行っていたことを常に確認しました

第 10 2008 年 8 月 - 土曜日の NASA のフェニックス火星の Lander の実験室のオーブンの上のスクリーンの振動は分析を始めるためにオーブンに十分な土を得ることに成功しました。 コマンドは lander の上昇温暖気流のために送られ、堀からの土のサンプルの分析を始める展開ガスの検光子は呼出しました 「バラ色の赤」。を

第 8 2008 年 8 月 - フェニックス火星の代表団の科学者は NASA のフェニックスの Lander のぬれた化学実験室によって分析された土で検出された過塩素酸塩の塩の進行中の調査に関して進行中の研究で今日話しました。

「過塩素酸塩を見つけることは生命の間よくない、また、悪くないですが、私達に」、言いました顕微鏡検査のための NASA のジェット推進の実験室、パサデナ、カリフォルニア、鉛の科学者、電気化学および伝導性の検光子、ぬれた化学実験室を含んでいる器械のミハエル Hecht を (MECA)私達が火星の生命についてどのように考えるか再査定させます。

確認されたら、結果は異なったタイプの過塩素酸塩の塩に事が火星に取り組む方法に関係するかもしれない興味深い特性がありますのでエキサイティング、 Hecht 言いましたです、 「 -- そしてそれは」大きいです 「 -- 土の私達の 2 本のティースプーンからの結果はです火星すべての代表、または惑星の少なくとも重要な部分」。

フェニックスのチームは別の lander の器械、上昇温暖気流および土を熱し、走り去られるガスを分析する展開ガスの検光子 (TEGA) と見つけることを点検したいと思いました持っていました。 しかしその TEGA の実験として進行中の先週は、推測的なニュースレポート浮上しまありまチームを抑えていました火星の habitability に関して主要な見つけることを要求します。

「フェニックスのプロジェクト言いましたピータースミス、チューソンアリゾナ州立大学のフェニックスの主任調査官を研究述べていることの珍しいステップ」を踏むことにしました科学者がデータ収集段階の半分まで約だけあり、まだデータ解析を完了するか、または必要な実習指導を行う時間をあられているとき。 科学者はまだ多重仮説を検査している土が過塩素酸塩を含んでいるという証拠がある段階にです。

「私達は」スミス追加しました火星の北の平野の住める環境を捜しているフェニックスの代表団の極度な興味のために処置で公共科学を示すことにしました。 「今、私達は過塩素酸塩を見つけることが火星の可能な生命のよいニュース悪い」。であるかどうか知りません

第 4 2008 年 8 月 - 科学者は土地の土壌化学および鉱物学を理解するために NASA のフェニックス火星の Lander の科学の器械に前に渡される土のサンプル数週からの結果を分析しています。

最後の月の中では、 2 つのサンプルは宇宙船の顕微鏡検査、電気化学および伝導性の検光子のぬれた化学実験室によって分析されました、または土の要素の 1 つを提案する MECA は過塩素酸塩、非常に酸化の物質であるかもしれません。 フェニックスのチームは上昇温暖気流および展開ガスの検光子からの補足のまた過塩素酸塩を検出することができる結果、またはずっと TEGA を待っています。 TEGA はサンプルの物質から解放される蒸気を 「くんくんかぎなさい」検光子および一連のオーブンです。

NASA は、 11 の AM PDT (2 P.m. EDT) で、これらの最近の科学の作業を論議するために火曜日、 8 月 5 日の媒体のテレコンファレンスを開きます。

第 3 2008 年 8 月 - ずっとインターネットはフェニックス火星の Lander の MECA の組で保持される Nanosurf からの原子力の顕微鏡を含む器械が、火星の生命を見つけた投機で充満しています。 投機は Lander が糞便の形式のただことができるサンプルを見つけたこといっぱいです。 関連するどうかして動物またはプラントのカーボン混合物の見つけることはもっと多分あります。 NASA がうわさを否定したが何かを見つけました。 MECA のチームは証拠が火星の水の存在を証明している大統領に示されたところにホワイトハウス報告から先週不在でした。 その当時彼らは MECA のチームは論議するべき調査結果がなかったが、ことを言いました - 今あります。

第 31 2008 年 7 月 - すべての前の証拠は確かに火星に全く水があることを方法 NASA の科学者がちょうど確認したが、こと指しました。 熱分析は水が火星にあることを証明し、 - 「氷主導の地勢」であるために隔離されたパッチ、火星の表面の画像でよりもむしろ景色を示しなさいこと科学者はまたコメントしました。

「私達に水があります」、アリゾナ州立大学、上昇温暖気流および展開ガスの検光子のための鉛の科学者、または TEGA のウィリアム Boynton を言いました。 「私達は火星のオデュッセイアの人工衛星によって観察とフェニックスによって先月観察される消失の固まりのこの水氷については証拠を前に見たありますことが火星水が」。触れられ時、味わわれた最初にこれはあります

誘惑の結果今のところおよびよい体調の宇宙船によって、 NASA はまた代表団のための操作上の資金調達が 9 月 30 日によって伸びることを発表しました。 5月末頃の月末 3 かのの元の主な代表団。 代表団の拡張は 5 週に主な代表団の 90 日を追加します。

2008 年 7 月第 27 から 29 日 - フェニックス火星の lander のスコップに問題がずっと分析のための器械使用にサンプルを正確に渡すことをあっています。 土と混合される氷がそれにそれスコップに粘着性がある起因をサンプルを注ぐ難しさ作っていることをようです。 NASA エンジニアはこの問題を克服するために異なった技術の範囲を試みています。

第 25 2008 年 7 月 - NASA のフェニックス火星の Lander は土がフリーズされた水を含むかもしれない堅い表面下の層から分析されるべきサンプルを集めるために準備するために浅い堀の底を処理しました。

第 23 2008 年 7 月 - フェニックス早い火曜日は代表団の最も長い作業シフトを終えました。 lander は 33 時間目がさめているとどまりま、ロボティックアームによって石目やすりをかけ、摩擦が含まれていたタスクを NASA の火星の下検分の人工衛星で同時観察を用いる調整の大気の観察に加えて完了します。

「私達は石目やすりの次の使用のために TEGA に渡されるべきサンプルを得るのためである今計画していること私達の石目やすりをかけるテスト昨日十分な信任が」は NASA のジェット推進の実験室のフェニックスのプロジェクトマネージャーを言ったバリー Goldstein 私達を、パサデナ、カリフォルニア TEGA ですフェニックスの上昇温暖気流および展開ガスの検光子、小さいオーブンのサンプルを熱し、暖房によって走り去られる蒸気を調査するのに質量分析計を使用する器械与えました。

2008 年 7 月 20 日 - NASA は火星の 3D 画像を解放しました。 一組の赤青いガラスを必要とし、画像はここにあります。

2008 年 7 月 18 日 - 生命は火星にありましたか。 火星からの最初の AFM の画像の火星のマスコット Surfi を示す Nanosurf からの映像はここにあります。

2008 年 7 月 17 日 - 火星のずっと Lander の MECA の単位の AFM と多くの作業がここ一週間でではないです。 地球で科学的なチームはデータの莫大な量と衝撃されて、予備の調査結果の提示を準備しています。

火星で Lander が NASA からのコマンドを無視したりおよび部分的にそれ自身を締めた劇的な時がありました。 掘ることは火星で Lander は危険に考えたこと NASA が manouvre のためのコマンドを送ったときに続いていました。 ソフトウェアで構築されてロボットアームがたくさんの力を使用し、自身の手首を壊しましたコマンドの傷を識別しました。 従って Lander は自動的に損傷を防ぐためにロボットアームをシャットダウンしました。

2008 年 7 月 10 日 - NASA のフェニックス火星の Lander は最終的に Nanosurf からの内蔵原子力の顕微鏡を使用しました。 はじめてフォークそっくりのプローブが付いている Atomictouched の火星の土およびそれらの接触によって微粒子の形を検査する顕微鏡を使用して始められて。

火星からの最初の原子力の顕微鏡の画像

これは完全にケイ素のスライバから microfabricated ばねの端に鋭い先端とのそれの感知によってスイス人作られた顕微鏡粒子の表面の画像を、構築します。 センサーは情報を提供する表面の輪郭に続くことの上下に乗ります

顕微鏡検査端末のサンプル提示の車輪の基板への原子力の顕微鏡の先端の最初の接触は確認テストとして役立ちました。 顕微鏡によって基板が土の粒子を点検のために設定されている保持するのに使用されます。 顕微鏡の最初イメージ投射は水曜日を始め、溝がある基板の口径測定の画像を作り出しました。 「それはとまつげのこの画像適合の全体の領域考えるときちょうどすばらしいです。 私はエキサイティングな事に来るために順方向に見ています」と Hecht は言いました。

過去の 2 日のこれらの開発によって顕微鏡検査のすべての機能を、電気化学および伝導性の検光子、または MECA の器械の組使用するために、宇宙船は置きました。 研究者は MECA のぬれた化学実験室によってテストされる土の第 2 サンプルからのデータを今週分析し始めました。

その間、フェニックスのチームは最もよい方法が lander の上昇温暖気流およびサンプルを熱し、それらからの蒸気を識別する展開ガスの検光子を使用して分析するために火星の氷のサンプルを集めることができるあるように確認しています。 研究者は浅い堀の非公式に呼出された 「雪の白で覆いを取られる堅い材料のパッチを離れて取り除くのに使用していますフェニックスのロボティックアームを」。 彼らは凍結する水で豊富であると期待される堅い材料のビットをゆるめるのにアームのスコップの背部のモーターを備えられた石目やすりを使用し始めることを近日中に計画します。

2008 年 7 月 8 日 - NASA のフェニックス火星の Lander は宇宙船のぬれた化学実験室によって分析渡すのにロボティックアームを確認された日曜の夜のフェニックスから届いたデータのための土の第 2 サンプルを使用しました。

このサンプルのテストからの結果は前にぬれた化学実験室によって 2 週分析された最初の火星の土からの結果と近日中に比較されます。 その実験室はフェニックスの顕微鏡検査、電気化学および伝導性の検光子の部分です。

今日の lander のスケジュールの主要な作業は氷った材料のサンプルを擦り、ロボティックアームの端にスコップに得るために方法をテストしています。 プロセスの前後および最中の写真撮影はこの方法の評価を可能にします。 テストがうまくいけば、科学のチームはフェニックスの焼およびスニファの器械、上昇温暖気流および展開ガスの検光子に渡されるべき次のサンプルを集めるためにこの方法を使用するために計画します。

2008 年 7 月 3 日 - 次のサンプルは NASA のフェニックス火星の Lander の上昇温暖気流に渡し、展開ガスの検光子 (TEGA) は氷が豊富、問題期待されますですが。 短絡が器械で検出された後 TEGA を査定するためにアセンブルされるエンジニアおよび科学者のチームはオーブンが再度使用されるとき別の短絡が発生できることを結論を出しました。 「発生する別の短絡の確率を査定する方法がないので私達は多分私達の」、持続させなさいように最も保守的なアプローチを取って、 TEGA に次のサンプルを扱っていますピータースミス、フェニックスの主任調査官を言いました。

2008 年 7 月 1 日 - NASA のフェニックス火星の Lander は 「雪白い」の堀を拡大し、土曜日、日 6 月 28 日、第 33 火星、または代表団の SOL に氷った土の小さい山を、擦りました。 科学者は scrapings が lander の分析的な器械にとって理想的であると言います。 フェニックスの全面的な目的はあります: 水をまくために表面下の土の下でフリーズされて掘り、触れ、検査し、蒸発させ、そして土にくんくんかぎ、そして火星の水の歴史を検出するために凍らし火星の北極土が生命をサポートできる定めそして北極の見通しからの火星の天候をかどうか調査して下さい。

2008 年 6 月 26 日 - その週の始めに行なわれるぬれた化学実験が有望な結果を提供したことをフェニックス火星の Lander の科学的なチームは報告します。 テストは火星の泥が栄養素の範囲を含み、 8 から 9. の pH とアルカリだったことを示しました。 火星の生命を隠すための完全な組合せ。

2008 年 6 月 24 日 - NASA のフェニックス火星の Lander はロボティックアームのわずかに今日位置を変え、ぬれた化学実験室に火星の土を渡すために今安定します。 配達および分析は明日発生するために定められます。 experiements はツールの MECA の組でされ、塩、酸味および他の特性のための土のテストを含んでいます。

2008 年 6 月 21 日 - 土のサンプルは分析のための光学顕微鏡に渡されました。 より多くの土は準備ができたロボティックアームのスコップに MECA にそれを渡す科学者がフェニックス火星の Lander にコマンドを与えることができるように残ります。 現時点で Nanosurf 原子力の顕微鏡は火星ではじめて使用されるかもしれません。

2008 年 6 月 19 日 - フェニックス火星の Lander が火星の水氷を見つけたことを NASA の科学者は信じます。 TEGA で検査された氷を含まないとサンプルが見つけられたが火星からのイメージ投射は氷が火星の表面の下でちょうどあることを示します。 6 月 15 日に掘ることは明るい白の、さいの目に切ります大きさで分類された目的を覆いを取りました。 塩は材料がであるかもしれませんものの最初の possibilites の 1 つでした。 それらの明るく白い目的は今消え、 NASA の科学者は確信します今蒸発してしまった氷の固まりだったことを。

2008 年 6 月 18 日 - 科学者はある無批判の科学的なデータを失った後フェニックス火星の lander のフラッシュ・メモリのあるテストを実行しました。 「宇宙船健全、十分に commandable ですが、私達がこのイベントの根本的原因を理解するまで私達は」、は言いましたバリー Goldstein NASA のジェット推進の実験室のフェニックスのプロジェクトマネージャーを用心深く進んでいます。

2008 年 6 月 17 日 - NASA のフェニックス火星の Lander は代表団の科学者がずっと科学のために維持している 「国立公園」領域と内の多角形の表面機能からの土の最初スコップを取る 「不思議の国」早い火曜日呼出された領域で掘り始めました。

lander のロボティックアームは 5 月 25 日に上陸したフェニックスの宇宙船の後で日 6 月 17 日、第 22 火星に 「雪白」と、か SOL、呼出された新しいテスト堀を作成しました。 火曜日の発掘の間に、アームはフェニックスが火星の土に掘った最初の堀で前に露出した堅く白い材料に、多分凍ります達しませんでした。

2008 年 6 月 16 日 - NASA のフェニックス火星の Lander のオーブンの 1 つは前に火星の表面の下で検出された白い材料についての詳細を学ぶためにロボティックアームは土により深い掘ったが週末にわたる火星の土の最初サンプルを焼き続けました。

「オーブンとてもよく働いて、私達の期待に応えます」、は、チューソンアリゾナ州立大学のフェニックスの共同調査官を言いましたビル Boynton。 Boynton はフェニックスのための上昇温暖気流そして展開ガスの検光子 (TEGA) を、またはオーブンの器械を、導きます。

2008 年 6 月 13 日 - NASA のフェニックス火星の Lander からの新しい観察は火星の土の見られる最も拡大された眺めを提供しま最も小さい目に見えるスケールで一緒に群生している粒子を示します。

「ずっとそれは私達は火星に顕微鏡を送る考えがあり、私達がずっと決して見られていない解像度を今火星の土を見ている私が絶対に gobsmacked ので 11 年」、以上です帝国大学ロンドンのトムパイクを言いました。 彼は lander の顕微鏡検査、電気化学および伝導性の検光子に取り組んでいるフェニックスの共同調査官です。

サンプルはあるより大きく、黒い、ガラス状の粒子、またより小さい赤味がかった物を含んでいます。 「私達は土の歴史を見るかもしれません」パイクを言いました。 「火山ガラスの元の粒子が鉄の高い濃度の小粒子に」。風化したようです

2008 年 6 月 12 日 - 宇宙船のロボティック顕微鏡端末のサンプル車輪に NASA のフェニックス火星の Lander によって振りかけられたいくらかの火星の土水曜日、画像は早い木曜日を確認しました受け取りました。

「それは軽いダスティングのように見え、ちょうどそれは私達はほしいと思ったかものがです。 ロボティックアームチームはすばらしいジョブをしました」、 NASA のジェット推進の実験室、パサデナ、カリフォルニアのミハエル Hecht を言いました。 彼はフェニックスの顕微鏡検査、電気化学および伝導性の検光子の器械のための (MECA)鉛の科学者です。

フェニックスの顕微鏡検査の主要部分を、電気化学および伝導性の検光子、または MECA の器械の組含んでいるボックスに土のサンプルの入れをすくって下さい

2008 年 6 月 11 日 - NASA のフェニックス火星の Lander は火星の土で最初オーブンを満たしました。
「私達にオーブンが十分にあります」とビル Boynton、チューソンアリゾナ州立大学のフェニックスの共同調査官は、今日言いました。 「オーブンを満たすために 10 秒かかりました。 移動される地面」。 Boynton はフェニックスのための上昇温暖気流そして展開ガスの検光子の器械を、または TEGA を、導きます。 器械は土を水のような揮発原料を、査定するために焼き、くんくんかぐ 8 つの別々の小さいオーブンを備えています。

2008 年 6 月 10 日 - 顕微鏡、顕微鏡検査、電気化学および伝導性の検光子を含んでいる、または MECA 置かれたことを器械の組の表面に粉体の成功した、小さい層をことを方法を振りかけることは証明します。

「これはよいニュースです」、セントルイス、ロボティックアームのための鉛の科学者のワシントン州大学の光線 Arvidson を言いました。 粒子を一緒にセメントで接合するために行動している彼はフェニックスのサイトおよびあるより早い土地の火星の土の群生の傾向がより粗い間のギャップで満ちる非常に粉体から来ると砂サイズの粒子、多分原料とともに言いました。 未来の土のサンプルは配達前にスコップの刃によってそれらを切り刻み、擦ることによって準備されるかもしれません。

MECA の上で振りかけられる粉体

第 8 2008 年 6 月 - テストされるフェニックスの器械へのサンプルを揺すり、振りかけるための方法。 これらの方法は Nanosurf からの AFM を収容する MECA の単位にサンプルを振りかけることの試験を含めます。

第 7 2008 年 6 月 - Lander は上昇温暖気流および展開ガスの検光子に土、または TEGA を入れるように試みます。 サンプルのどれも分析のためのオーブン区域を入力しません

第 6 2008 年 6 月 - Lander の光学顕微鏡は火星の表面の撮られる高リゾリューションの画像を戻します。 画像は塵自体に着陸の間に lander 吹くです。

この画像は着陸によって蹴られる塵 -- にさらされた後 3 ミリメートル (0.12 インチ) の直径のシリコーンターゲットを示します。 それは火星で得られる塵および砂の高リゾリューションの画像です。 信用: アリゾナの NASA/JPL-Caltech/University

第 5 2008 年 6 月 - ロボットアームスコップで正常に完了するテスト。 NASA が火星の人工衛星に出入してコマンドリレーとの問題を修正する間、自動的にそれのまわりで領域を撮影し続ける Lander。 固定されて lander はテストのための器械に土を船上に入れます。

第 3 2008 年 6 月 - ロボットアームは lander 内の instuments の中の土のサンプルを置くために準備するためにテストの土をすくいます

第 29 2008 年 5 月 - フェニックスの lander は火星の表面から画像を戻して、ロボティックアームを使用するために準備しています

第 25 2008 年 5 月 - フェニックスの Lander は火星の artic 領域の表面に正常にそして安全に着きました

NASA、 JPL の配置されるパラシュートとのフェニックスの着陸の火星の人工衛星から取られる画像アリゾナ州立大学

ビデオ

AZoNano のビデオセクションに原子力の顕微鏡検査およびフェニックス火星の代表団と関連付けられるビデオの増加する選択があります

このビデオはフェニックス火星の代表団の最初の日に撮られる画像のいくつかの概要です

次ビデオは NASA からフェニックス火星の代表団の概要です

火星のポッドキャストへの Nanosurf の代表団

このインタビューでは、 Birkby が nanotech について Nanosurf の Ola Modinger に話す AZoNano のイアンは宇宙旅行の物語に会います。 Ola は Nanosurf が 10 か月の旅行に続くプロジェクトの火星のプロジェクトそして現状のために設計したどのようにそれらが太陽系を渡る非常に敏感な器械を送れたこと AFM についての私達に告げ。 ポッドキャストはここに使用できます。

代表団の概要

フェニックス火星の代表団の lander はそれを装置の非常に重要な pice 続けていきます。 フル機能装備の原子力の顕微鏡。 Nanosurf からの AFM は火星の表面の構成を調査する代表団の重要部分で、火星がずっと lifeforms を隠しているかどうか決定の重要な役割を担うために本当らしいです。 AFM はずっと火星のダビングされた FAMARS または 「最初 AFM」です。

図 1. フェニックス火星の代表団の lander

Nanosurf AFM はフェニックスの代表団に実際に強く接続し、それは名前です。 フェニックスとして知られていた神話上創造物はそれの灰からの ressurect 自体にできましたです前の化身。 フェニックスの代表団はそう火星の 2 つの不成功な代表団のまわりで部分的に構築されるので指名されます。 火星の北極の Lander および火星の検査官の 2001 年の Lander。 火星の北極の Lander が火星で早く着いたときに - 12 月 1999 日すべての通信連絡は失われなく、決して回復。 lander が見つけられると期待されたあらゆる残骸 revealled 領域でイメージ投射を、持っています。 第 2 代表団は、火星の検査官の 2001 年の Lander 管理上の決定として、退役しました。 幸いにも科学のために、火星の検査官の 2001 年の Lander からの装置は保護記憶に入り、これおよび前の代表団からの装置はフェニックス火星の代表団のために採用されるか、または再製されました。

nanoSurf からの図 2. FAMARS 原子力の顕微鏡

火星の検査官の 2001 年の Lander からの退役させた装置の中で MECA (顕微鏡検査、電気化学および伝導性の検光子) として知られていた器械はありました。 MECA は Nanosurf、 IMT Neuchâtel および IFP バーゼルから成っているジェット推進の実験室および借款団によって構築されました。 未来の人間の開発のために危険および適合性の査定のために火星の土をテストすることを設計します。 Nanosurf からの FAMARS 原子力の顕微鏡は MECA の内に含まれています。 AFM は火星で見つけられると期待される土の表面および氷の穀物の非常に詳しい画像の提供と任せられます。

リンク

NASA フェニックスの代表団の情報のために次のリンクで見てみて下さい:

ソース: AZoNano.com、 Nanosurf および NASA

Date Added: Jun 6, 2008 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 21:06

Comments
  1. iqra ali iqra ali Islamic Republic of Pakistan says:

    what is the role of AFM in mars summation??

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of AZoNano.com.
Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit