Nanocrystals - QDI の CRAIC の技術からの 2010 年のマイクロ・スペクトル光度計を使用して Nanocrystals の蛍光性 Microspectroscopy

トピックのリスト

背景
Nanocrystals はである何
Quantum の点のアプリケーション
Quantum の点の紫外線目に見える Microspectroscopy
結果
結論

背景

CRAIC の技術は微視的分析のための紫外線目に見えるNIR 範囲の科学器械の開発者を導く世界です。 これらは助けるように設計されている QDI シリーズ紫外線目に見えるNIR マイクロ・スペクトル光度計の器械を非有害測定顕微鏡のサンプルの光学的性質含んでいます。 CRAIC の UVM シリーズ顕微鏡は紫外線、目に見える NIR の範囲をカバーし、目に見える範囲を越えるミクロ以下の解像度とずっと分析するのを助けます。 CRAIC の技術にまた顕微鏡のサンプルの非破壊的な分析のための CTR シリーズラマン microspectrometer があります。 そして CRAIC が得意気に無比のサービスとサポートが付いている私達の microspectrometer および顕微鏡の製品を支持することを忘れないで下さい。

Nanocrystals はである何

また Quantum と呼出される Nanocrystals は、非常に強い蛍光放出を表わす無機水晶点を打ちましたり、です。 これらの材料は 1 からの直径の 50 ナノメーターへの半導体そして範囲として考慮されます。 一義的な光学特性は成っている材料に加えてサイズが原因です。 Quantum の拘束は小型の直接結果で、離散エネルギー準位の原因となります。 したがって、サイズを変更することは吸収され、出されたライトの波長を含む光学的性質を変えます。 さらに、これらの半導体の nanocrystals は非常に耐久です。

Quantum の点のアプリケーション

耐久性および光学 tunability のような機能のために、量の点のための多くの使用があります。 それらはずっと幾年もの間生物的および医学研究の蛍光マーカーとして支柱です。 したがって、それらは通常ポリスチレンのビードに組み込まれ、解決に混合され、そして次に生物系に組み込まれます。 追加使用はこれらの nanocrystals が反偽造材料としてそして反対諜報活動のために使用される自国の保安に 「量塵」のとして使用されたときありました。 また高性能の発光ダイオード (LED) を発達させるのに量の点が使用されているエキサイティングな作業があります。 それらがとても小さいので、量の点 LEDs はあらゆる形式で可能性としては製造され、表面に塗ることができますこれらの。

Quantum の点の紫外線目に見える Microspectroscopy

Quantum の点は CrystalPlex (ピッツバーグ、 PA) から得られ、ポリスチレンのビードでおよそ 2 ミクロン埋め込まれました。 ポリスチレンのビードは水様 PBS の解決で分散しました。 サンプルは microspectral 分析のためにスライドガラスに解決の低下を置くことによって準備されました。 他の準備は必要となりませんでした。

使用された器械は CRAIC の技術からの QDI 2010™の紫外線目に見えるNIR マイクロ・スペクトル光度計、 Altadena、カリフォルニアでした。 図 1. を見て下さい。 器械は microspectroscopy 伝達および蛍光性のために設定されました。 この器械は 200 に 1000 nm のスペクトル領域を備え、ミクロ以下の試し領域に量の点の蛍光性を検出できます。

サンプルスペクトルは 1.5x1.5 ミクロン試し領域の個々のビードから得られました。 各ビードは 365 nm で興奮し、 400 から 900 nm まで放出は観察されました。 各ケースでは、 5 本のスペクトルは平均されました。 各々のフルレンジスペクトルは 2 秒の統合時間と得られました。 後処理か滑らかになることはここに示されているデータの何れかに適用されませんでした。

図 1. QDI 2010™のマイクロ・スペクトル光度計

結果

個々のビードは見つけられ、 365 nm および蛍光性の放出でそれから刺激されて観察されました。 3 つのタイプのビードがありました。 第 1 はブランクポリスチレンのビードであり、ポリマービードの背景の蛍光性自体の量を示すためにこれは測定されました。 第 2 そして第 3 ビードは nanocrystals と付き、明るく異なった波長でかなり蛍光を発しました。 左の映像はタグが付いていないビード、中心であり右の画像は 2 つの付けられたビードです。 右端の映像の中心の黒い正方形はマイクロ・スペクトル光度計の入口の開口で、 2x2 ミクロンです。

同一の条件の下で取られるすべての 3 つのサンプルからのスペクトルは次あります。 緑トレースはタグが付いていないポリスチレンのビードで、左端の映像と対応します。 見ることができるようにこのビードに相当 autofluorescence があります。 中心の画像は 581 nm で放出の最大値がある赤いトレースに対応します。 相当ポリマー放出はまたあります。 青いトレースは右映像に対応します。 それに放出最大 527 nm があります。

結論

このペーパーの目的は生物的マーカー広く使われた個々の量の点のビードを分析するのに蛍光性 Microspectroscopy がどのように使用することができるか示すことです。 このタイプの器械使用が容易にこれらのビードと多重ビードからの放出を必要であれば検出できることをスペクトルおよび画像は示します。 Microspectroscopy は生体内で使用され、生体外でそしてそのようなマーカーと技術を生物的変更を追跡するのに結合することによって、使用することができます。

ソース: 「CRAIC の技術による Nanocrystals の Microfluorometry」。

このソースのより多くの情報のために CRAIC の技術を訪問して下さい

Date Added: Sep 11, 2009 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 23:20

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit