There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

Nanobiomedicine およびナノテクノロジーの Functionalized PMMA の派生物のアプリケーション

Iraida Loinaz の生体材料の単位、新しい材料部CIDETEC-IK4 のヘッド先生
対応する著者: iloinaz@cidetec.es

PMMA は狭い分子分布を用いる異なった重合技術によって非常に制御可能な方法で、総合することができる容易に functionalizable です非水溶性ポリマーであり。 これらの利点の間で、このポリマーは非常に安定しま、扱い易いです。

CIDETEC (電気化学の技術のための中心) は代表団が産業部門に両方役立つことである非営利基礎として 1997 で電気化学に一般に関連していましたおよび管理および社会、応用研究のフィールドである中心的活動作成されました。

新しい材料部それは nanobiomedicine およびナノテクノロジーのアプリケーションの PMMA の派生物のデザインそして統合の努力になされました。

科学研究 (CSIC) のためのより高い中心およびバークレー (米国) の大学との最近の共同では、 CIDETEC カーボン nanotubes の functionalization で加えられた DNA の可能な突然変異を検出できる機密性が高い電気化学センサーの開発のための PMMA の派生物を設計しました。 センサーは単一の nanotube のトランジスターで成っていました。

概念実証として、 DNA のプローブは nanotubes の表面に固定しました。 PMMA の派生物はカーボン nanotube の表面のリンクするために単純な方法の DNA のプローブを用いられました。

ポリマーコーティングは疎水性ポリマーバックボーンを搭載する相互作用による nanotube の表面で効率的に吸着されました。 それは強いアミド連結を通して DNA のプローブに安定した結合を提供しました。 ある程度の止め釘の鎖と非特定の相互作用を避けることを総合しました。

またデオキシリボ核酸と呼出される DNA は、遺伝情報を伝え、 1 匹の生成からの次に渡すセルの中の分子です。

最後に、ポリマー鎖で現在の heteroatoms はトランジスター特性を改善した料金転送を提供します。 これらの共同効果はすべてそれらを修正する必要性なしで単一カーボン nanotube の表面の DNA の相互作用を検出することを割り当てました。

迫った年では、 nanobiosensors は他のタイプの分子を検出でき、私達は遺伝の病気を調査するのにそれらを使用できます。

別のアプリケーションでは、 CIDETEC はまた単一分子の重合体の nanoparticles の統合のための PMMA の派生物を設計しました。

高分子急速な通信連絡で出版された作業では任意 PMMA の三量体は総合され、非常に小さい (<10 nm) functionalizable nanoparticles を形作るように設計されていました。 三量体は少量のアジ化物と functionalized PMMA の単量体を含んでいるバックボーンおよび alquine で成っていました。

重合体の nanoparticles の AFM の画像。

これら二つの基は Sharpless によって記述されている非常に効率的な化学反応によって形式のリングに銅の存在で一緒に反応します。 この種類の反作用はクリックの反作用として知られているそれらの例です。

十分な反作用は、強制同じ重合体の鎖のそれらの基間の分子内クリック反作用調節します。 この方法は共有に安定させた単一分子の nanoparticles の原因となります。

方法はアミノ酸の層の第 2 クリックの反作用の nanoparticles を飾るために用いられました。

方法の多様性はこれらの nanoparticles に薬剤配達のキャリアとして設計されているか、またはイメージ投射エージェントとして適用されるべきよい候補者を作ります。

この領域の進歩はより安全な薬およびより精密な診断方法を提供する nanomedicine の新しい開発の原因となります。

、版権 AZoNano.com Iraida Loinaz (CIDETEC) 先生

Date Added: Sep 22, 2009 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 23:20

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit