カーボン Nanotubes - CRAIC の技術からの装置を使用してカーボン Nanotubes の Microspectral の分析

トピックのリスト

背景
導入
Microspectral の測定
紫外イメージ投射
結果

背景

CRAIC の技術は微視的分析のための紫外線目に見えるNIR 範囲の科学器械の開発者を導く世界です。 これらは助けるように設計されている QDI シリーズ紫外線目に見えるNIR マイクロ・スペクトル光度計の器械を非有害測定顕微鏡のサンプルの光学的性質含んでいます。 CRAIC の UVM シリーズ顕微鏡は紫外線、目に見える NIR の範囲をカバーし、目に見える範囲を越えるミクロ以下の解像度とずっと分析するのを助けます。 CRAIC の技術にまた顕微鏡のサンプルの非破壊的な分析のための CTR シリーズラマン microspectrometer があります。 そして CRAIC が得意気に無比のサービスとサポートが付いている私達の microspectrometer および顕微鏡の製品を支持することを忘れないで下さい。

導入

カーボン nanotubes は炭素原子から成っている非常に薄い空シリンダーです。 直径は長さは複数のミリメートルまである場合もあるが少数のナノメーター小さい場合もあります。 Nanotubes は、構造によって、金属または半導体のどれである場合もあります。 それらはまた非常に強い材料で、よい熱伝導度があります。 上記の特性は nano 電子および nano 機械装置の可能な使用中の興味を生成しました。 他のアプリケーションは光学、物質科学およびアーキテクチャを含んでいます。

このではアプリケーションペーパー、私達は円のガラス蓋のスリップで沈殿するカーボン nanotubes のサンプルを検査します。 特に、吸光度および反射率の microspectral 分析、また紫外波長のマイクロイメージ投射分析は調査されます。

吸光度および反射率の microspectral 分析のために、 50 のスキャンは各測定と平均されました、試し領域は 14 ミクロンによって 14 行い、スペクトル領域は 300 へ 800 nm でした。 吸光度では、参照は円のスライドガラスの空地によって得られました。 反射率のために、アルミニウムミラーは参照として使用されました。 測定はサンプルを渡る複数の位置でなされました。

イメージ投射はまた送信され、反射光で行われました。 波長の ~320 nm の下のガラス・ブロックの紫外線以来、ガラス蓋のスリップの存在は上にイメージ投射波長の選択をその締切り限定しました。 イメージ投射波長は 320 nm および 365 nm としてこうして選択されました。 イメージ投射は 100X 紫外線の可能な目的と行われました。

Microspectral の測定

次の 2 つの図はカーボン nanotube のサンプルの吸光度および反射率 microspectra を表示します、また画像は捕獲します。 各画像の中心の黒い正方形は試し領域 (14 の x 14 ミクロン) であり、各画像の視野は 480 の x 430 ミクロンです。

紫外イメージ投射

最初の 2 つの画像は下のそれぞれ 365 および 320 nm のイメージ投射波長の透過光で示されています。 参照のために、これらの画像のための視野は 84 の x 64 ミクロンです。

365 nm および 320 nm の波長の反射率画像は次残りの 2 つの画像で示されています。

結果

カーボン nanotubes からの吸光度の microspectra は波長が増加すると同時に吸光度の減少を示します。 これは透過光のサンプルの茶色カラーを表しています。 反射光では、サンプル測定の位置によって決まる 450 nm 以下波長の反射率に漸進的な増加、また波長にある可変的なピークおよび谷です。

カーボン nanotube のサンプルの紫外イメージ投射はマイクロスケールで複数の個別の特性を明らかにします。 サンプルがガラスの代りに水晶のような紫外送信材料に、取付けられたらより小さい機能を解決する、これはより短い波長でイメージ投射、およびこうして機会を可能にしよう。

一次著者: ジム Thorne 先生

ソース: CRAIC の技術によるカーボン NAnotube のサンプル分析。

このソースのより多くの情報のために CRAIC の技術を訪問して下さい

Date Added: Nov 21, 2009 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 23:20

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit