Nanoparticle の追跡の分析を使用して液体の中断のウイルスそしてバクテリオファージの視覚化、サイジングおよびカウント

AZoNano 著

カバーされるトピック

導入
ワクチン接種の生産/開発
ウイルスのクリアランスの調査
ウイルスの浄化
バクテリオファージベースの MRSA の保護 - バクテリオファージ療法
測定パラメータ
ウイルスのタイプ

導入

ウイルスおよびウイルスの総計のような nanoscale の粒子が高解像の粒度分布のプロフィールが得ることができるリアルタイムの液体で直接そしてそれぞれ視覚化するためにする解析システムを追跡する新しいレーザーベースの nanoparticle は今使用できます。

技術はダイナミックな光散乱のような nanoparticle の分析の既存の方法に魅力的な選択枝か補数表す速く、強く、正確な低価格 (DLS)光子の相関関係の分光学または (PCS)電子顕微鏡検査です (EM)。

同時によってそして直接個々の粒子の拡散係数を測定して、分析ソフトウェアの組を追跡する (NTA)専用 Nanoparticle は一義的にユーザーが自動的にサンプルのウイルスそして総計を数え、大きさで分類することを可能にします。 結果はように個々の粒子のカウントに対するサイズ表示されます (またはサイズのグラフ対相対的な明るさ)。 この粒子によ粒子のアプローチは中間の粒度分布データだけを生成する他の粒子の解析システムに固有限定を克服します。

NanoSight の器械によって作り出される図 1. 典型的なウイルスの画像。

図 2. 粒度の 3D プロット対相対的な粒子の強度対粒子カウント。

ワクチン接種の生産/開発

ウイルスのワクチン接種の準備は馬小屋ですとそして実行中の要素の知られていた割合を含むと (認可される) 証明されなければなりません。 NanoSight は製品の純度および集中の即時および直接推定を可能にします。

同様に、ウイルスの準備の総計の形成のある程度そしてレートは NanoSight を使用して単に推定することができま改善された製品の製造工程を開発し、製品の保存性を最適化することを製造業者を許可します。

NanoSight が準備のすべての粒子が視覚化され、大きさで分類されるようにするので nanoparticle の内容についての追加情報は慣習的な生物 TCid50 またはプラクの試金によって使用できてであって下さいより短い時間に使用できるようにされます。

例えば、 (NanoSight が大きさで分類する両方カウントことができる) の存在はより大きい粒子細胞培養プロセスからの非ウイルスの細胞残屑か多くの個々の virions を含んでいるウイルスの粒子の総計を表すことができ。 いずれにしても、そのような総計/汚染物は製造業者、 NanoSight システムとすぐに識別することができる 1 に可能な問題を表します。

ウイルスのクリアランスの調査

ウイルスのクリアランスは (アプリケーションによるさまざまなタイプ) のウイルスの高い力価のスパイクと (認可される) 試金されます。 これらがそれからクリアランスのステップとして修飾される必要があるプロセスステップに挑戦するのに使用されています。

データは高い力価で最初に準備され、使用の前にスパイクとして保存されなければならない純粋な、非集約されたウイルスのスパイク材料と得られなければなりません。 NanoSight は理想的に記憶の前後に集合の状態を両方確立するために置かれます。

ウイルスの浄化

NanoSight の機能は急速にウイルスの準備が汚染物か総計を確立し含んでいる、そのような物のレベルの量を示せます非常に貴重が最適化へウイルスの準備のための浄化のプロトコルに興味を起こさせられる開発者を処理すると証明しました程度を。

例えば効果的にすべての汚染か集約された材料 (赤線) を取除いたかどれが、図 3 は部分的に浄化されたウイルスの準備 (陰刻) と正常に効率的な浄化のプロトコルによって渡される同じサンプルの違いを示します。 縦の軸線が粒子の集中 (ウイルス particles/ml) を表すことに注目して下さい。

 

図 3. は (赤) 最終的な浄化のステップの前に (白) そしての後でウイルスの準備の粒度分布のプロットをオーバーレイをしました。

バクテリオファージベースの MRSA の保護 - バクテリオファージ療法

NTA を使用してウイルスの粒子の検出そしてカウントは Strathclyde の薬学および生物医学科学 (IPBS) の協会の大学で研究者に必要な情報を提供しています。 このチームは MRSA を戦うために自然発生する細菌を用いるように方法を開発します。

MRSA (か Methicillin の抵抗力がある黄色ブドウ球菌) および可能性としてはひどく扱うことを困難にするほとんどの抗生物質への抵抗を開発した細菌の黄色ブドウ球菌の変化です。 「Superbug」が洗剤と殺すことができる間魅力的な選択枝の経路を指定するために洗浄力がある希薄およびアプリケーションは頻繁に矛盾し、非効果的で、バクテリオファージを作ります。

それはバクテリオファージ文化、 IPBS の名誉上の講演者を特徴付けることに NanoSight が先生によってマイク Mattey チーム鉛の内で用いられることあります。 危険度が高い細菌の侵入のサイト (縫合線、器械および傷) を保護する乾燥コートとして配置のバクテリオファージ前に文化は性格描写を必要とし、集中は査定する必要があります。 NanoSight はチームがリアルタイムの、低料金でウイルス文化を急速に見、大きさで分類しことを可能にします。

「ウイルスの人口の性格描写 20 nm の集合の査定を必要とします - 1,000 nm の範囲」は先生を言います Mattey。 「NanoSight は他の方法をそして大いに低価格で可能ではない速く、容易で量的なサンプル性格描写を提供します。 さらに、 NanoSight の技術はカウントの結果を」。サポートする粒子の人口の安心の眺めを提供します

測定パラメータ

  • サンプル前処理は最小で希薄だけ 10 - 1 ml7 あたり 1010 に必要とします。

  • 正確で、再生可能な分析は 30 第 2 分析から得ることができます。 サイズ分布は番号分布であり、それ故にサンプル集中は得ることができます。

  • リアルタイムのビデオクリップは質的そして量的に続かれるべき集合または分解のような時間依存現象を可能にします。 そのようなプロセスのサイズおよび集中両方の変更は計算することができます。

  • 測定可能な最小の探索可能なサイズは粒子のタイプによって決まりますほとんどのウイルスおよびバクテリオファージのタイプは見られ、大きさで分類され、数えることができます。 技術のための絶対限界は 10 nm ですが、非常に retractile 材料のためだけに可能です。

  • 技術は口径測定を必要としない絶対的存在です。

ウイルスのタイプ

ウイルスのタイプの広い範囲は正常に今までに分析され、下記のものを含んでいます:

  • アデノウィルス
  • サイトメガロウイルス (MCMV)
  • ブタの papillomavirus
  • Lambda のバクテリオファージ
  • 鳥インフルエンザの興奮剤 (TMV)
  • ネズミ科の白血病のウイルス (MULV)
  • 日本脳炎ウイルス (JEV)
  • Cyanovirus
  • 単純ヘルペス
  • インフルエンザ
  • Baculovirus
  • M13
  • M14

この情報は NanoSight によって提供される材料から供給され、見直され、そして適応させて。

より多くの情報のために NanoSight を訪問して下さい。

Date Added: Dec 22, 2009 | Updated: Mar 7, 2013

Last Update: 7. March 2013 07:47

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit