Nanoparticle の追跡の分析を使用して蛋白質のカウント、サイジングおよび視覚化の集合

AZoNano 著

カバーされるトピック

導入
イメージ投射蛋白質の総計
蛋白質の総計のサイズの範囲のカバー
潜水艦 30 の nm の総計
30 - 1000 nm の範囲

導入

蛋白質の集合の状態を特徴付けることは優先する重要性を製品の安定性および効力を理解することを試みるときもちます。 生物活動および免疫原性の缶の点では両方製品品質は、蛋白質の集合の状態によって、非常に影響を及ぼされます。 蛋白質の集合は製造工程 (細胞培養、浄化および公式) のすべてのステップに発生、それ故に、集合の状態の決定によって、プロセスの修正/最適化を達成することができます。

nanoscale の粒子を可能にする解析システムを追跡する新しいレーザーベースの nanoparticle は蛋白質のような今使用できます集約します、高解像の粒度分布のプロフィールが得ることができるリアルタイムの液体で直接そしてそれぞれ視覚化するためにそして数えられて。 技術はダイナミックな光散乱のような nanoparticle の分析の既存の方法に魅力的な選択枝か補数、 DLS (別名光子の相関関係の分光学、 PCS) 表す速く、強く、正確な低価格または電子顕微鏡検査です (EM)。

イメージ投射蛋白質の総計

NanoSight の器械は 30 nm1000 nm の範囲で蛋白質の集合に一義的な洞察力を提供します。

図 1。 典型的な画像は NanoSight の技術によって作り出しました。 画像はユーザーが直ちに彼らのサンプルについてのある特定の機能を認識することを可能にします。

図 1. で示されているサンプルから作り出される図 2. 粒度分布 (番号分布)。

蛋白質の総計のサイズの範囲のカバー

従来いくつかの技術が蛋白質および蛋白質の集合を特徴付けるのに使用されていました。 多くの場合分離技術が分けられたサンプルで行われてそれ以上の分析が蛋白質そして蛋白質の総計を、区別するのに使用されています。

解析技法:

分離技術:

  • サイズの排除クロマトグラフィー (SEC)
  • フィールド流れ分別 (FFF)
  • 毛管電気泳動。 (セリウム)
  • 分析的な Ultracentrifugation (AUC)

潜水艦 30 の nm の総計

それは共通 SEC を DLS、モールまたは紫外線分光学と組み合わせられて見つけるためにです。 サイズの排除クロマトグラフィーが総計から蛋白質の単量体を分けるのに使用することができます。 例えば DLS を使用してそれに続く分析は、浄化された一部分のための正確なサイズ/分子量の分析を作り出すことができます。 SEC のコラムの排除限界の上で分離がないし、それ故に解析システム DLS のようななりますより少なくうってつけにかさ張ります。 モールの分析は非分別されたサンプルのより大きい総計の効果を減らすのを助けることができますが、技術は解釈を必要とします。

30 - 1000 nm の範囲

NanoSight の技術は 30 - 1000 nm のサイズの範囲内の蛋白質の総計が粒子によ粒子の基礎のブラウン運動の追跡によってそれぞれ視覚化され、大きさで分類されてします。 粒子によ粒子の分析は高リゾリューション番号分布が生成されるようにします。 この領域は蛋白質の単量体の高い濃度および頻繁にシグナルを支配する大きく、明るい総計の低い数字を用いる DLS によって頻繁に不完全に役立ちます。

分別が補佐官 DLS の分析への FFF とのような行うことができる間頻繁に FFF に必要となる希薄はこのルートの好ましくない人をそれ以上の集合のための潜在性が原因ですることができます。 なお、これらの 「中型の」総計の希薄は頻繁に DLS のための感度の限界の下でそれらを取ります。 Nanosight の技術は頻繁に 30-1000 の nm 蛋白質の総計が頻繁にこの技術のための最適集中範囲の内で落ちると同時に希薄を必要としません。

NanoSight の技術 (蛋白質の総計のための 30 nm) の断ち切られた限界は SEC の排除限界の上の SEC/DLS か SEC/UV を補足するためにうってつけであることを意味します。 NanoSight の技術の上限は慣習的な単一の粒子のイメージ投射/不明瞭化の技術が適当になるポイントを表します。

総計の前の分離無しで、 DLS は普通図 3. で示されている集約されたサンプルのための二頂結果を生みます。 一次ピークは二次ピークはライトの重要な強度を分散させる非常に大きい総計によって形作られるが、多数の単量体粒子から形作られて。 不完全に解決する DLS の分析は一次単量体粒子として存在にもかかわらずこれらのポイントと少数のより大きい総計間の粒子がシグナルを支配しないことを示します。

図 3. 画像は重く集約された蛋白質のサンプルを示す Nanosight LM10-HS の器械によって作り出しました。

粒子が技術の検出限界の下で、 30 nm の上の、技術落ちるので NanoSight の技術が一次単量体サイズを測定してない間一義的に集約された粒子の高解像番号分布を形作る蛋白質の総計の粒子によ粒子の分析を、提供します。

図 4。 集約された蛋白質のサンプルの内で含まれているかもしれない粒度の分布の表示。

この情報は NanoSight によって提供される材料から供給され、見直され、そして適応させて。

より多くの情報のために NanoSight を訪問して下さい。

Date Added: Dec 22, 2009 | Updated: Mar 7, 2013

Last Update: 7. March 2013 09:28

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit