生物学からの Piezoresponse 力の顕微鏡検査を使用して電子工学へのイメージ投射材料 (PFM)および NT-MDT からの NTEGRA の器械

カバーされるトピック

背景
導入
リチウムニオブ酸塩の六角形の領域
Multiferroic の Manganite の Ferroelectric 領域パターン
装置

背景

NT-MDT Co. はナノメーターのスケール次元で置く可能なタスクを解決すること適した器械を持つ供給の研究者にナノテクノロジーのフィールドのすべての集められた経験そして知識を適用する目的との 1991 年に確立されました。 会社 NT-MDT は Zelenograd - ロシアのマイクロエレクトロニクスの中心で創設されました。 製品開発は MEMS の技術の組合せ、現代ソフトウェアの力、ハイエンドマイクロエレクトロニックコンポーネントの使用および精密機械部品に基づいています。 営利事業 NT-MDT Co. が 1993 年からあるように。

導入

生物基づいた細胞膜そして蛋白質からの ferroelectric および圧電気の電子材料へのシステムの多くの材料の電気機械のカップリングの動作は Piezoresponse 力の顕微鏡検査によってすばらしい細部で今分析することができます (PFM)。

この映像技術は新しい電子デバイスの開発の特別な関心 ferroelectric 領域の切換えに基づく例えばそれら - コンピュータ・メモリのような領域の未来の開発のための大きい潜在性のシステムです。

PFM はプローブの先端に適用される交互になる電圧の接触モードで動作するスキャン力の顕微鏡を使用します (図 1) を見て下さい。 この技術は ~0.1 pm/V. の驚くほどの感度とともに ~10-20 だけ nm の高い側面解像度があるので特に魅力的です。

図 1. Piezoresponse 力の顕微鏡としてスキャン力のプローブの操作の図式的なセットアップ。 見ることを望んだら完全なアニメーションは、このページを訪問します

この技術を使用して ferroelectric 領域のイメージ投射は従って ferroelectric 動作が圧電気を意味する、材料の圧電気の応答をマップすることは ferroelectric ドメイン構造の直接画像を提供しますという事実が可能な原因であり。

リチウムニオブ酸塩の六角形の領域

図 2。 画像はリチウムニオブ酸塩の六角形のドメイン構造 - 普通 poling 室温の電界によって作り出される構造を説明します。 リチウムニオブ酸塩は波のガイドおよび変調器のようなテレコミュニケーションそして光学装置の使用のための重要な材料です。

C. Gawith の光電子工学の研究所のサザンプトン大学が与えたサンプルは親切でした。 T. Jungk、 A. Hoffmann、 E. Soergel のボンの大学の画像礼儀。

Multiferroic の Manganite の Ferroelectric 領域パターン

図 3。 画像は PFM を使用して z カットの ferroelectric 単結晶の磨かれた表面から作り出されました。 画像の不規則な性質は任意フィールドによって ferroelectric 順序を壊すことを説明します。

サイズ 50 x AFM ヘッドが付いている NTEGRA の Solaris システムを使用して作り出される 50 を µm スキャンして下さい。 先生が M. Fiebig 与えたサンプルは親切でした。 、 T. Jungk 画像礼儀の先生 F. ヨハン、先生 A. Hoffmann、先生 E. Soergel のボン、ドイツの大学先生

装置

典型的な PFM セットアップは DCP11 プローブが付いている NTEGRA のオーラの画像記録を利用します。

図 4. プローブの NanoLaboratory NTEGRA のオーラは制御環境および低い真空の状態の調査のために意図されています。

図 5. DCP 11 のプローブ。 左映像 - ダイヤモンドのコーティングとの先端。 先端の典型的な湾曲の半径: 70 nm。 右の映像: チップ高さ: 10 - 15 µm。

ソース: NT-MDT Co。

このソースのより多くの情報のために NT-MDT Co. を訪問して下さい

Date Added: Feb 9, 2010 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 01:31

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit