カールツァイス著材料分析のライトそして電子顕微鏡のための 「シャトルおよび発見」の - 相関関係な統合

カバーされるトピック

導入
材料
装置
アプリケーション
結果

導入

Austempered の延性がある鉄は (ADI)強さ、耐久性および靭性 - 燃焼機関およびギヤボックスのコンポーネントの使用のための選択の ADI に材料を作る特性によって勝ります。 これは安全面がまた全く機能面に加えて含まれることを意味します。 従って、 ADI の生産プロセスの変更は材料特性に関して監視される必要があり、組織的に最適化されなければなりません。 構造および沈殿物のマイクロおよび nanoscopic 分析のために、科学者は普通ライトおよび電子顕微鏡を両方使用します。 今までしかしサンプルをまたは逆にライトから電子顕微鏡への転送するとき興味の領域を確かに移す可能性がずっとありません。 「シャトル及び発見」 - 材料分析の相関関係な顕微鏡検査のためのインターフェイスは使いやすい解決を提供しま、これら二つの補足の技術のシームレス統合をはじめて許可します。

材料

DIN EN 1564 に従う EN-GJS-1200-2。 Austempered の延性がある鉄は (ADI)ふしの鋳鉄の熱処理 (いわゆる austempering) によって異なったプロセス間で得ることができる鉄ベースの材料の系列です。 ADI は優秀な強さ、耐久性および靭性のために有名です。 min. Min. 2% のひびの 1200 の MPa そして延長の最終的な引張強さは高力アルミ合金 (単位重量ごとに) また更に鋼鉄に対等なパフォーマンスを提供する費用有効解決で起因します。

装置

現在の調査は AsB® の探知器が装備されているモーターを備えられた段階、 SUPRA™ 40VP フィールド放出 SEM (FE-SEM) AsB® の SUPRA™ 55VP FE-SEM および Bruker Quantax のツァイス Axio Imager.M1 の光学顕微鏡で 200 の EDS の探知器行われました。

一般に、相関関係な作業の流れを可能にするために、次のポイントは達成されるべきです:

  • 対応する土台フレームを持つ Axio のトナー、 Axio の観測者およびステレオの発見グループのデジタルカメラそしてモーターを備えられた段階が装備されている光学顕微鏡
  • EVO®シグマSUPRA™の走査型電子顕微鏡、相関関係な顕微鏡検査のための SEM のアダプターを持つそして MERLIN® グループ、
  • 相関関係なホールダー、
  • ソフトウェアコンパティビリティの条件。

アプリケーション

tribological 性格描写をサポートして主要な調査タスクは厳密な記述、材料の微細構造の元素分析を含んで、でした。 しかしこれだけは (堅い) 沈殿物が精密な再配置の場合にはだけ光学顕微鏡の検査の後で走査型電子顕微鏡の組織的 (SEM)調査を可能にしたので相関関係な顕微鏡検査の助けによって可能ありました。 さらに、タスクは後方散乱の電子探知器 (例えば AsB®) との SEM の沈殿物だけを検出することは可能だったという事実によってより複雑になりました。

図 1. およそ 400 の拡大を用いる ADI のサンプルの光学顕微鏡の画像: 1。 1 つは沈殿物との ROI を見ることができます。

図 2. 図 1. のと同じ領域の SE の画像。 SE との同じ領域を移す問題は明白になります。

沈殿物の化学成分の識別は EDS によってだけ可能です。 従って、興味の領域の厳密な再配置は (ROI)大きい重要性を - 時間のかかる検索を避けるため - もちます。 「シャトル及び発見」 - カールツァイスからの相関関係な顕微鏡検査の解決はこれらのアプリケ−ション使用要件を丁度達成し、ライトおよび電子顕微鏡両方の高い拡大でのそれに続く EDS に SEM を作る metallographic サンプルの ROI のミクロン精密な再配置をルーチン (Figs.1-4) の問題可能にします。

図 3. 図 1.The の微細構造のと同じ領域の BSE の画像ははっきり SE の画像と比較して目に見えます。

図 4. EDS と得られる Mo、 Fe および P のマッピングと重複する図 1 のと同じ領域の SE の画像。

結果

マトリックスはベイナイト (実際は ausferrite)、グラファイトの小節と保たれたオーステナイトの個々の領域から基本的に成っています。 沈殿物はこれらの領域で見つけられました。 「シャトル及び発見」の助けによる SEM の沈殿物の再配置が Mo、 Fe、 P および C. のために EDS と、領域スキャンされた後。 この実験の EDS の空間分解能は限られている近隣の要素の厳密な位置についての情報を提供するためです。 それにもかかわらず、 EDS のマッピングは Mo、 P および C がそれぞれ鉄のリン化物およびモリブデンの炭化物の存在を確認する同じ領域にあることを示しました。 耐久性はそのような堅い沈殿物を通って靭性が減る一方増加します。

注: Mo (La) ライン (2.29 keV) および S (Ka) ライン (2.31 keV) は干渉します。 30 の kV の加速電圧および長い分析時間は Mo を解決するために必要となります。

ソース: シャトルが付いている Austempered の延性がある鉄 「の (ADI) 「微細構造の調査及び発見」カールツァイス著材料分析の相関関係な顕微鏡検査のためのインターフェイス」

このソースのより多くの情報のために、カールツァイスを訪問して下さい。

Date Added: Apr 29, 2010 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 01:31

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit