CONFOCHECK - Bruker の光学によって水溶液の蛋白質の分析のために発達する専用フーリエ変換の赤外線 (FT-IR) 分光計

カバーされるトピック

Bruker の光学について
赤外線蛋白質の分析
赤外線蛋白質の分析の利点
アプリケーション

Bruker の光学について

Bruker の光学、 Bruker Corporation (NASDAQ の部分: BRKR はさまざまな企業およびアプリケーションのための赤外線およびラマン分光計の近くに) フーリエ変換の赤外線の一流の製造業者そして世界的な製造者、です。

Bruker は 1974 年に FT-IR の分光学のフィールドを入力しました。 evacuable 光学の、高リゾリューションおよび自動範囲の変更との研究 FT-IR の早い器械によってセットされる新しい標準。 それ以来、製品種目はずっと例外的な性能特性の分析的なおよび研究アプリケーションのために適した器械によって絶えず拡大しています。

現在、 Bruker の光学はさまざまな市場およびアプリケーションのための FT-IR、 NIR、ラマンTD-NMR、 TeraHertz の分光計およびイメージ投射分光写真器を提供します。 Bruker の光学にヨーロッパ、北全体の Ettlingen で R & D がおよび工業中心地が、ドイツおよび森林、米国、テクニカルサポートの中心および営業所および南アメリカおよびアジアあります。

赤外線蛋白質の分析

赤外線分光学で分子振動は化学結合によって赤外放射の特定の吸収が測定された原因行います。 蛋白質分子のペプチド結合内の振動を伸ばす C=O に割り当てられるアミド I バンドの形そして頻度は調査された蛋白質の構造のために非常に独特です。 この単一バンドから蛋白質の二次構造の要素 (アルファ螺旋形、ベータシート) の存在そして相対的なパーセントは断固としたである場合もあり、 conformational 変更は高い感度と検出されます。 温度か pH 変更、配位子の結合、突然変異等によって誘導されたら構造のどの変化でもそれにもかかわらずアミド I 領域の特定の吸収性の変更によって反映されます。

IR がランベルトビールの法律の規則に従うので、蛋白質スペクトルは集中の分析のために利用することができます。 のない秒の中ではそして、約 0.1 mg/ml 純粋な解決からからの >100 mg/ml に非常に広い範囲の蛋白質の集中は汚れる生物か免疫化学薬品直接定めることができます。

ただし、 IR 蛋白質スペクトルの情報量はアミド I バンドに限定されません。 さまざまなアミノ酸の側鎖はまた変えられた一次シーケンスと環境条件 (pH の塩、配位子) の変化の下で、または突然変異体蛋白質で監視され、直接比較することができます。

赤外線蛋白質の分析の利点

赤外線蛋白質の分析の利点はあらゆるバッファ状態に水様媒体の蛋白質を調査する使い易さそして比較的安価な機能です。 従って、 IR 技術は薬剤の開発の間に公式の最適化、安定性の調査および蛋白質の薬品の QC のための製薬産業の強力な解析法、例えばです。

蛋白質の研究の隔離集団の構造効果で間、薬剤へ不良部分か、または基板および抑制剤との相互作用は続かれます。 なお、総計または原繊維のような multimeric 構造の形成はリアルタイムの赤外線分光学 (IR) によって、監察することができます。

これらの調査が水溶性蛋白質に重点を置かれる制限されないべき、また膜のバインドされた蛋白質で行うことができますことが。

CONFOCHECK は水溶液の蛋白質の分析のためのデマンドが高い条件を達成するために開発された専用フーリエ変換の赤外線 (FT-IR) 分光計システムです。 その特定の概念はユーザーフレンドリーのソフトウェアインターフェイスによって制御される高いサンプルスループットとの速いデータ収集を促進します。

アプリケーション

CONFOCHECK のためのアプリケーションは次のとおりです:

  • 蛋白質の原動力 (温度によって誘導される conformational 変更)
  • 蛋白質の定量化 (0.03 mg/ml からまでの > 水溶液の 100mg/ml)
  • 二次構造の決定
  • 蛋白質の集合、沈殿物および結晶化の間の conformational 変更のモニタリング
  • すべての種類の水様のサンプルの溶質の定量化

ソース Bruker の光学

このソースのより多くの情報のために Bruker の光学を訪問して下さい

Date Added: May 11, 2010 | Updated: Sep 20, 2013

Last Update: 20. September 2013 09:29

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit