There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

ナノテクノロジー作業保健及び安全性管理をサポートする保健及び安全性標準の開発

先生によってハワード Morris

ハワード Morris、ナノテクノロジー OHS のプログラム・マネージャ、安全な作業オーストラリア先生
対応する著者: Howard.Morris@SafeWorkAustralia.gov.au

導入

ナノテクノロジーは巨大な利点のための潜在性を持って来ますが、また新しい nanomaterials の健康に対する影響についての限られた知識がある使用と関連付けられるある危険があります。 従って労働者はこれらの nanomaterials への最も大きい露出があり、不利な人間の健康および安全効果のための最も大きい危険に耐えるかもしれません。 有効な保健及び安全性標準の開発そしてアプリケーションは nanomaterials を使用している人々の保健及び安全性の保護を助けます。

多くの異なったタイプの下記によって開発されるそれらを含む安全衛生基準があります:

  • 経済協力開発機構のような国際機構、 (OECD) および国際標準化機構 (ISO)。
  • 統制機関 - 例は各国用の仕事場の延焼基準表 (安全な作業オーストラリア 2010 年1 ) のような標準および指定、および必須になるラベルです、および安全データ用紙のためのそれらを含む業務規定、規則で採用されたとき。
  • 標準オーストラリアのような各国用の標準設定ボディおよび英国工業規格の施設 (BSI) - 製造された nanomaterials (BSI 2007 年) の金庫の処理および処分への例えば BSI の A ガイド。
  • 企業連合。

この記事は標準および関連2 文書がナノテクノロジーの組織による有能な保健及び安全性管理をどのようにサポートできるか検査しましたり問題を標準の開発そして使用と関連付けられたと考慮し、今後の作業の潜在的な焦点を識別します。 オーストラリア特定の情報がこれらの問題を説明するのに使用されています。

1 別名職業暴露限度か仕事場の暴露限度

2 この記事の為に、規則のような器械は標準であると考慮されます - 達成される必要がある標準をセットします

3 現在、オーストラリアの OHS の化学規則は仕事場の危険な物質 (NOHSC 1994 年) の制御のための各国用のモデル規則および危ない商品 (NOHSC 2001 年) の記憶そして処理のための各国用の標準に基づいています。 これらは各国用のモデル立法の開発の一部として危険な化学薬品の規則として包含のために現在修正されて、結合されています。

4 ある組織は定義のサイズの範囲が拡張であること、地球オーストラリア (FOEA 2010 年) の例えば友人を提案しました。

5 NIOSH (2005 年) は 40 時間作業週の間に良い3 TiO のための 1.52 mg/m および ultrafine3 TiO のための 0.12 mg/m の暴露限度を、と同時に 10 時間まで/日タイム重くされた平均集中 (TWA) 推薦しました。

有能な保健及び安全性管理

ナノテクノロジーの組織は実施によってナノテクノロジーを使用のための有効な標準的技法の労働者の保健及び安全性および維持を保護できます。 ただし、これらの方法は科学的に健全、有効である実際に必要があります。

有能な保健及び安全性管理を達成するためにきちんと整うどんな必要性か。

図 1 で図式的に示されている考察のための緊要地域は次のとおりです:

  • 適切な規則、すなわちされる必要があるものが定義します
  • 説明することを持っています有用な、信頼できる情報保健及び安全性を効果的に管理する方法を
  • 組織のための外部サポート
  • 作業保健及び安全性を効果的に管理する内部リソース
  • 標準的技法の有効性の確認。
図 1: 有能な保健及び安全性管理

ナノテクノロジーのための国際規格の開発

技術仕様を含むナノテクノロジーのために、国際的な保健及び安全性標準および関連文書、技術的なレポートおよび指導材料 ISO のナノテクノロジーの技術委員会 (TC 229) のワークグループ 3 と製造された Nanomaterials (WPMN) のための OECD の作業班を通って成長しています。

ISO TC 229 のワークグループ 3 のための焦点領域は図 2 で示され、これらはワークグループのための道路地図の基礎を形作ります。 特定のワークグループ 3 のプロジェクトは表 1 で示され、 ISO は 2008 年にナノテクノロジーに関連した職業設定の保健及び安全性の方法の技術的なレポートを出版しました (ISO 2008 年)。

図 2: ISO TC229 のワークグループ 3 の焦点領域

表 1: ISO TC229 のワークグループ 3 のプロジェクト

プロジェクトグループ プロジェクト 主要国
1 出版されるナノテクノロジー ISO/TR の 12885:2008 に関連した職業設定の健康及び安全方法 (2008 年) 米国
2 nanomaterial のサンプルのための内毒素テスト 日本
3 吸入毒性のテストのための Nanomaterials の生成 韓国
4 吸入毒性のテストのための nanomaterials の性格描写 韓国
5 毒物学の査定のための物理化学的なパラメータ 米国
6 製造された nanomaterials の金庫の処理及び処分へのガイド イギリス
7 Nanomaterials のリスク評価プロセス 米国
8 制御バンディングのアプローチに基づく職業リスク管理 フランス
9 製造された nanomaterials のために安全 (SDS)データ用紙を準備すること 韓国
10 nanomaterial の特定の毒性スクリーニングのための金の nanoparticles の表面の性格描写: FT-IR 方法 韓国

製造された Nanomaterials (WPMN) プログラムのための OECD の作業班の細部は表 2 にあり、このプログラムの下の作業のいくつかのレポートは出版されました (OECD 2010 年)。 形式的な連絡は ISO TC229 と OECD WPMN の間にワークプログラム間の一貫性を保障するために確立されました。

これらの標準サポート作業保健及び安全性管理:

  • ナノテクノロジーの規則のサポート、
  • 直接へ指導文書を通した情報を、例えば、提供することはナノテクノロジーの組織をサポートします。

表 2: OECD WPMN プログラム

プロジェクト
EHS の研究活動を知らせ、分析する製造された Nanomaterials の OECD のデータベース
代表的な一組の製造された Nanomaterials の安全テスト: 「テストするための後援プログラム製造された Nanomaterials」を
製造された Nanomaterials およびテスト指針
自発的なスキームおよび規定するプログラムの協同
リスク・アセスメントの協同
Nanotoxicology に於いての代替方式の役割
露出の測定および露出の軽減
ナノテクノロジーの環境的に持続可能な利用の協同

ナノテクノロジーの規則

ナノテクノロジーの規則はされる必要がある何がはっきり義務のホールダーのために定義する必要があります。 このセクションはカバーします:

  • オーストラリアの規則への現在のアプローチ。
  • nanomaterials の規則に影響を与える問題。
  • 進歩するためにオーストラリアで取られる処置これらの問題。
  • 規則に採用されるか、または規則によって参照される主文書 - 従って規定するか必須の標準になります。

ナノテクノロジーの規則に関する問題は下の図 3 で要約されます。

図 3: ナノテクノロジーの規則

オーストラリアのナノテクノロジーの規則へのアプローチ

オーストラリアの作業保健及び安全性の法律上の義務はそれを必要とします (DIISR 2009 年):

  • 製造業者は意図されているように使用されれば適度に実用向き、物質が安全であるために製造される限りではことを保障します、
  • 製造者は意図されているように使用されれば安全でであって下さい適度に実用向き、物質が研究所および仕事場に供給した限りではことを保障します、
  • 雇用者は安全である、提供し、維持します労働環境を
  • 労働者は彼らの自身の保健及び安全性を保護する作業保健及び安全性の条件におよびしている作業によって影響されるかもしれない他の人の that 続きます。

危険な物質および危ない商品のための化学規則を含む作業保健及び安全性立法の下の汎用義務は、 nanomaterials およびナノテクノロジーのために果たされる必要があります3。 設計された nanomaterials は現在の働きの保健及び安全性規定するフレームワークの下で調整され続けるかもしれません。 ただしサポート有効な承諾作業に設計された nanomaterials の有効な規則を、例えば保障するために、いくつかの問題は調整装置によって扱われる必要があります。

オーストラリアの各国用の産業化学薬品の通告および査定スキームは (NICNAS)最近作業保健及び安全性の規則に貢献するオーストラリア (NICNAS 2009 年) の産業 nanomaterials の規定する改良のための提案を開発してしまいました。

現在ほとんどの nanomaterials のための限られた危険だけおよび危険情報があります。 情報の欠乏があるところで、設計された nanomaterials を扱うとき予防アプローチの使用は危険な特性の証拠が生成されるまで、保証されます。 これは、労働者の露出のための潜在性があるところに、 nanomaterials を使用する組織が実用向きべきである最も高い管理水準を実用向き使用しである、低い露出を減らすように解読されるかもしれません。 これは適度に実用向きである限定され、危険および危険の健全な理解に基づいているもののを提供に立法の現在の条件と異なります。

ナノテクノロジーの規則に影響を与える問題

Nanomaterials の定義

ISO はナノテクノロジーの働く定義を次のように開発しました: サイズ関連の特性か現象が現れることができる nanoscale で問題を制御し、利用する科学的知見のアプリケーション。 Nanoscale はおよそ 1nm からの示すノートとの 100nm (ISO 2008a4 ) へのサイズの範囲と大型意志からの普通外挿ではない特性はこのサイズの範囲で、専ら、表わされるがことを、定義されました。 そのような特性のためにサイズの限界はおおよそと考慮されます。 この追加されたノートは作業保健及び安全性管理視点から極めて重要です。

作業保健及び安全性管理の基礎は材料と関連付けられる危険が不変なら粒子が 80 nm であるか、または 120 nm が (すなわち nanoscale の範囲の中でそしての外で) 作業保健及び安全性の視点から幾分関係がないかどうか材料と関連付けられる危険をおよびこうして管理しています。 ポーランドは等 (2008 年) マウスの体腔の mesothelial ライニングをに露出するそれを示しました; (a) は束を分散させ、長く、中間長さの一重項は 85 nm の中間の直径が付いているカーボン nanotubes を複数の囲み、 (b) 165 nm の中間の直径が付いている複数の囲まれたカーボン nanotubes の長い束そしてロープはアスベストスそっくり、病原性のある動作で、いずれの場合も起因しました。

概要問題

ナノテクノロジーの規則に影響を与える汎用問題は下記のものを含んでいます:

  • フレームワーク内の細部をカバーナノテクノロジーに適切に追加します
  • 設計された nanomaterials の危険な特性の理解の改善
  • 成長のナノテクノロジー作業保健及び安全性の測定の機能
  • 仕事場制御の有効性の理解の改善、
  • 整合性を国際的に保障します。

進歩するオーストラリアプログラムこれらの問題

これらの問題進歩するためには、安全な作業オーストラリアはナノテクノロジー OHS プログラム (安全な作業オーストラリア 2010a) を実行して、プログラム (表 3) をサポートするためにナノテクノロジー作業保健及び安全性の研究計画の重要な番号は依託されました。

表 3: 安全な作業オーストラリアのナノテクノロジー OHS プログラムの下で依託されるプロジェクト

プロジェクト
研究者
設計された nanomaterials のための仕事場制御の有効性
Rmit大学 (、 11 月 09 日出版される)
設計された nanomaterials と関連付けられる毒物学および健康に対する影響
Toxikos の Pty 株式会社 (、 11 月 09 日出版される)
設計された nanomaterials のために分類する物質的な安全 (MSDS)データ用紙及び仕事場の検討
Toxikos の Pty 株式会社
物理化学的な (安全) 危険の検討
Toxikos の Pty 株式会社
潜在的な危険を減らす取り替え/修正のための機会の検討
Rmit大学
レーザ・プリンタの放出の検査
および仕事場の健康及び安全クイーンズランドクイーンズランド工科大学
グループベースの延焼基準表の可能性および設計された nanomaterials のための制御バンディングのアプリケーション
モナシュ大学
仕事場の設定のカーボン nanotubes の検出
CSIRO
カーボン nanotubes の耐久性及び生物持続への実験研究
職業薬の CSIRO、イギリスの協会、およびエジンバラ大学
異なったタイプの設計された nanomaterials のための測定技術の査定及び仕事場の設定の露出の測定
および仕事場の健康及び安全クイーンズランドクイーンズランド工科大学
仕事場の設定の設計された nanomaterials への露出の査定。
Flinders パートナー

規則に採用されるか、または規則によって参照される主文書 - 従って規定するか必須の標準になります

法的地位の各国用の標準そして業務規定に関して nanomaterials を適切にカバーすることを確認するために、これらの内の細部は検査されています。 これらの器械が適切に現状をどのようにカバーできるかです検討中の特定の問題は新しい設計された nanomaterials と関連付けられる危険および危険についての不確実性のレベルと。

安全な作業オーストラリアはオーストラリア (安全な作業オーストラリア 2009a) のためのモデル作業保健及び安全性の法律の開発の作業をサポートするいくつかの規定する規定文書 (安全な作業オーストラリア 2009 年) のための nanomaterials を覆う起草情報です。 これらは下記のものを含んでいます:

  • 安全データ用紙の準備のための草案の各国用の業務規定 (SDS)。 セクション 5.9 は nanomaterials をカバーするために新しい余分物理化学的なパラメータを含んでいます。
  • 危険な化学薬品の分類のための草案のオーストラリアの規準。 セクション 1.5 はとりわけ設計された nanomaterials の分類をカバーします。

これらの原稿は一般意見プロセスによってあり、現在受け取られる注釈に基づいて見直され、そして修正されています。

安全データ用紙およびラベル

製造された Nanomaterials のために安全データ用紙を準備することの ISO TC229 の (SDS)ワークグループ 3 のプロジェクトは規定する標準が非規定する国際規格および関連文書の開発によってどのようにのサポートすることができるかよい例です。 このプロジェクトは直接規則をサポートします。 プロジェクト現在配布されているドキュメント (例えばオーストラリアの MSDS のための各国用の業務規定) の存在を認め、何をの助言をおよび化学薬品 (GHS) の分類は nanomaterials のために分類の全体的に調和させていたシステムの安全データ用紙の 16 のセクションのそれぞれに、すなわち置けばいいのかとりわけ書式作成します、開発しています。

分類は心配の全体的にもとの問題です。 労働組合 (ACTU 2009 年) のオーストラリア議会によって仕事場の使用のための nanomaterials の必須の分類のためのいくつかの呼出し、例えばずっと行います。 物質的のの特定の危険な特性がラベルで識別されることを、必要とします仕事場の化学薬品の分類のための現在の働きの保健及び安全性の立法条件は材料の形式に関係なく。 従ってこの情報は危険な特性がある nanomaterials を含んでいる nanomaterials か製品に提供されなければなりません。 ただし、このシステムは使用できる危険情報に頼ります。 予防情報が不確かな危険の nanomaterials に提供されるべきであるものをの問題は残ります。 それ以上の重要な問題は GHS の整合性を維持しています。

延焼基準表

延焼基準表は規則をサポートする重要な職業衛生学の標準です。 新しくない nanomaterials のための少数の延焼基準表があります、カーボンブラックおよび腹を立てられた無水ケイ酸の nanoscale の例えばいくつかの形式に、およびこれらの物質に 3mg/m および 2mg/m のオーストラリアの各国用の延焼基準表が3 それぞれあります3 (安全な作業オーストラリア 2010 年)。 米国 NIOSH はそれぞれ 1.5mg/m そして 0.1 mg/m の良く、 ultrafine2 TiO のための3 暴露限度を (3 NIOSH 2005 年5 ) 提案し、比較のため、 TiO のためのオーストラリアの各国用の延焼基準表は 10mg/m2 (安全な作業3 オーストラリア 2010 年) です。

製造された nanomaterials (BSI (BSI) 2007 年) の金庫の処理および処分へのガイドの英国工業規格の施設はノートが付いている製造された (BELs) nanomaterials のグループのための基準の露出レベルを、それ提案しました:

適度に用心深いレベルを提供するように 「これらは意図され、各ケースで nanoparticle 形式の危険の潜在性がという大きい粒子形式より大きい仮定に基づいています。 この仮定はいずれの場合も有効ではないです。 これらの基準のレベルが現在の暴露限度に関連しているが、厳格に開発されませんでした。 むしろ、それらは実用的な指導が安全な仕事場の暴露限度であるとただ水平になり」。仮定されるべきではないと同時に意図されています

提案されたベルは次のとおりです:

  • 繊維状の nanomaterials - 0.01 fibres/ml。
  • 発癌性、 mutagenic、 asthmagenic または生殖毒素 (CMAR) として - 0.1x 仕事場の暴露限度の第一次製品 (WEL)分類される Nanomaterials。
  • 不溶解性の nanomaterials - 0.066 x WEL の第一次製品。
  • 溶ける nanomaterials - 0.5 x WEL の第一次製品。

材料のベル定量化、グループ化およびベルの潜在的なアプリケーションについての討論の (例えば繊維状の nanomaterials を測定する方法で) 間、延焼基準表の考察のための起点を与えます。 nanomaterials をグループ化することは使用される設計された nanomaterials の拡大番号がある nanomaterial によ nanomaterial の基礎のよりもむしろ標準を定義するための最も実用的なアプローチであるかもしれません。 グループ化は制御バンディングのアプローチの使用の促進でまた有効です。 これらのベルは安全な作業オーストラリアによって依託されるプロジェクトで現在検査されています。

それ注意される設計された nanomaterials の毒物学そして保健上の危険の最近の検討では (2009 年を等引きました):

「証拠」は適切なテストによって他では示されて予防デフォルトすべての biopersistent CNTs、か病原性のあるファイバー次元の CNTs の総計が、潜在的な fibrogenic および中皮腫の危険を示すこととして考慮できるので結論の原因となります

requlatory 条件を明白にするために与えられて可能性としては吸入露出からカーボン nanotubes への深刻で不利な健康に対する影響があるかもしれ、こうして必須の標準を知らせるために、安全な作業オーストラリアは NICNAS を分類のためのカーボン nanotubes の保健上の危険の査定を引き受けるように依託しました。 さらにカーボン nanotubes の金庫の処理および処分のための指導を開発するように、カーボン nanotubes を扱う規則 (CSIRO)および組織をサポートするためにオーストラリア連邦の科学的な産業研究構成は依託されました。

ナノテクノロジーの保健及び安全性情報

このセクションでは労働者の保健及び安全性を保護する、方法の情報は非規定する (非必須の) 標準の著しい貢献を含んで、検査されます。

組織の必要性

ナノテクノロジーの組織はさまざまな形式、大きい会社内の大学、小さいコマーシャルの心配および単位内の研究所を含んでいます。 これらの組織の情報ニーズは異なっています、従って例えばサポート作業保健及び安全性へ内部リソースを変えることが原因でおよび標準の開発は必要性の範囲を反映するべきです。

保健及び安全性情報のもと

図 4. で示されているように非規定するナノテクノロジーの保健及び安全性情報の多くの異なったもとが、各国用および国際規格を含んで、あります。 最近のオーストラリアのナノテクノロジーのコミュニティ態度および意識の調査 (DIISR 2010 年) はの新しい開発で人々へ情報を科学技術およびほとんどの人々提供することのインターネットの重要性に助言しましたそれらにします Google の検索を注意しました。

成長する情報量は使用できていますついています:

  • Nanomaterial の危険、特に保健上の危険。 安全上の問題に関して少し情報量がありますが、 nanopowders の火および爆発の特性のイギリスの保健及び安全性の実験室 (HSL) によるレポートは最近出版されました (HSE 2010 年)。
  • 仕事場の放出および露出を防ぎ、制御する方法
  • 仕事場の nanomaterials の放出そして露出の測定
  • リスク管理のアプローチ。
図 4: ナノテクノロジーの健康及び安全情報

標準的技法の有効性の確認

標準的技法の有効性を確認することは標準の包含のために露出および放出の、方法の開発の間の例えば、そして実行されたとき仕事場の測定を必要とします。 測定の標準の開発は下記です。 潜在的な露出がある一方、健康監視の使用は適切かもしれません。

、例えばカドミウムおよび鉛 (NOHSC 1995 年) のための nano サイズの特定性なしで物質のために定義されてところナノテクノロジーのために、健康監視の方法がまだ使用できないどんなに、以外。 可能性としては設計された nanoparticles -- にさらされる労働者のための健康監視は職業安全衛生 (NIOSH 2009 年) のための Schulte 等 (2008 年) および米国の各国用の協会によって考慮されました。 このトピックは Nanomaterials および労働者の健康の 2010 年 7 月以内に迫った会議で更に検査されます: 医学監視、露出の登録および米国 NIOSH によって配列される疫学的な研究。

ナノテクノロジー OHS の測定の標準の開発

いくつかの調査は測定によって今慣習的な職業衛生学制御が (例えばプロセス機構およびローカル排気換気) 製造された nanomaterials (ジャクソン等 2009 年) への吸入露出を防ぐのを助けることができることを示してしまいました。

ただし、 nanomaterial の放出および露出の測定はサポート作業保健及び安全性管理で重大です。 標準の開発に関連して、基礎は米国 NIOSH によって開発される Nanoparticle の放出 (NEAT)評定手法 (Methner 等 2010 年) によって提供されるかもしれません。 これは基づいています:

  • nanoparticles の浮遊粒子状物質測定し (CPC)これらの粒子が nanoscale の粒子 (OPC)であるかどうか明記する凝縮の粒子のカウンターおよび光学粒子のカウンターの同時使用、またはより大きい粒子、例えば総計および集塊の個数濃度を、
  • 質量濃度の測定および粒子の性格描写 (構成、形) のためのフィルターベースの空気サンプリング。

このプロシージャは 2009 年に OECD WPMN によって出版される nanomaterial の放出の最初の査定の指導の基礎です (OECD 2009 年)。 安全な作業オーストラリアは 2 つのプロジェクトを設計された nanomaterials の範囲の OECD WPMN プロシージャの使用を認可するように依託しました。

ナノテクノロジーのための制御バンディングの使用

危険、測定および制御の情報が生成されている間、組織は露出を効果的に制御しなければなりません。 限られた危険および危険の入手可能な情報を利用して制御バンディングのアプローチは考慮するべきリスク管理のアプローチです。 いくつかの方法が制御バンディングが使用することができるあります例えば:

  • 組織は Nanotool (Paik 等 2008 年、 Zalk 等 2009 年) にバンドを付ける制御を使用してまたは制御バンディングの評価を、例えば引き受けることができます
  • 専門家は例えば計算します製造された nanomaterials (BSI 2007 年) の金庫の処理および処分への BSI ガイドの 3 つを制御バンディングに基づいて指導を開発できます。 組織は材料/プロセス/タスクのために専門家が開発する右の制御指導シートを選択する慣習的なリスク・アセスメントプロセスの一部としてそれからこの指導を使用できます。

(上で論議される) 最も適したアプローチはナノテクノロジー構成の性質によって決まります。 ISO TC 229 のワークグループ 3 のプロジェクト 8 (表 1) は制御バンディングのアプローチに基づいて職業リスク管理を検査して、異なったアプローチがバンディングを制御すると考慮しています。

ナノテクノロジーの組織のための外部サポート

外部サポートは調整装置、規定代理店、企業連合、職業衛生士または連合 (図 5) のようないくつかの組織によって、提供されるかもしれません。 しかしこのサポートを提供できるために開発は提供するために必要です:

  • nanomaterials の放出および露出の測定のための標準、
  • プロセスの制御のための細目によって認可される指導。
図 5: 外部サポート

概要

この記事はナノテクノロジーのための保健及び安全性標準の開発が労働者かの保健及び安全性の保護を助力で重大どのようにであるか検査しました。 国際の範囲、国民および他の標準および関連文書はナノテクノロジーのための作業保健及び安全性管理をサポートするために目標とされた研究によって得られる情報を使用して今開発されています。 この作業は下記のものを含んでいます:

  • ナノテクノロジーを適切にカバーするために細部を作業保健及び安全性規定するフレームワークに追加します
  • 新しい設計された nanomaterials の危険な特性へのサポートの毒物学の研究
  • ナノテクノロジー作業保健及び安全性の測定のための成長の標準、
  • 有効な仕事場制御で指導を組織をサポートするために提供すること。

確認応答

著者は先生および Vladimir Murashov 彼らの検討のための先生のジョン Miles 貢献を認め、この記事についてコメントします。


参照

ACTU (2009 年)。 ファクトシート。 - 連合がなぜかかわっているかナノテクノロジーか。 労働組合のオーストラリア議会。 http://www.actu.org.au/Images/Dynamic/attachments/6494/actu_factsheet_ohs_-nanotech_090409.pdf
BSI (2007 年)。 ナノテクノロジー - パート2: 製造された nanoparticles の金庫の処理および処分へのガイド。 BSI PD 6699-2: 2007 年。 ISBN 978-0-580-60832-2。
DIISR (2009 年)。 ファクトシート - 仕事場のナノテクノロジー。 革新のオーストラリアの政府、部門、企業、科学及び研究。 http://www.innovation.gov.au/Industry/Nanotechnology/Documents/Nanotechnology_OHS_Fact_Sheet.pdf
DIISR (2010 年)。 ナノテクノロジーについて保持されるオーストラリアのコミュニティ態度 - 傾向 2005 年に 2009 年。 市場の態度によるレポートは革新、企業、科学および研究の部門のための Pty 株式会社、整備します。 http://www.innovation.gov.au/Industry/Nanotechnology/Documents/Nanotechnology_Public_Attitudes_2009.pdf
R (2009 年) を引きました。 設計された Nanomaterials: 毒物学および保健上の危険の検討。 安全な作業オーストラリアのための Toxikos の Pty 株式会社によるレポート。
FOEA (2010 年)。 産業 Nanomaterials の規定する改良のための提案の NICNAS の規定する相談への地球のオーストラリアの服従の友人。 http://nano.foe.org.au/sites/default/files/FoEA%20submission%20to%20NICNAS%20regulatory%20consultation%20Feb%202010.pdf
HSE (2010 年)。 nanopowders の火および爆発の特性。 HASEX のためのイギリスの保健及び安全性の実験室によるレポート。 RR782. http://www.hse.gov.uk/research/rrpdf/rr782.pdf
ISO (2008 年)。 ナノテクノロジー、 ISO/TR の 12885:2008 に関連した職業設定の健康及び安全方法。
ISO (2008a)。 ナノテクノロジー - 専門用語、 ISO/TS の 27687:2008
ジャクソン N、 Lopata A、ニレ T およびライト P (2009 年)。 設計された Nanomaterials: 露出を防ぐ仕事場制御の有効性の証拠。 安全な作業オーストラリアのための Rmit大学によるレポート。
Methner M、 Hodson L および Geraci C (2010 年)。 「設計された Nanomaterials への潜在的な (NEAT)吸入露出 - パート A の識別そして測定のための Nanoparticle 放出評定手法」の。 職業および環境の衛生学、 7 のジャーナル: 3、 127 - 132。
NICNAS (2009 年)。 産業 nanomaterials の規定する改良のための提案。 各国用の産業化学薬品の通告および査定スキーム。 http://www.nicnas.gov.au/Current_Issues/Nanotechnology/Consultation%20Papers/NICNAS_Nano_PUBLIC_DISCUSSION_PAPER_PDF.pdf
NIOSH (2005 年)。 応急情報の報告: 二酸化チタン http://www.cdc.gov/niosh/review/public/TiO2/pdfs/TIO2Draft.pdf への職業露出のための保健上の危険そして勧告の評価
NIOSH (2009 年)。 応急情報の報告 60: 労働者可能性としてはの露出された設計された Nanoparticles 医学のスクリーニングそして危険の監視のための暫時指導。 DHHS (NIOSH) 書第 2009-116。
NOHSC (1994 年)。 仕事場の危険な物質 [NOHSC の制御のための各国用のモデル規則: 1005(1994)]
NOHSC (1995 年)。 健康監視 [NOHSC のための指針: 7039(1995)]
NOHSC (2001 年)。 危ない商品 [NOHSC の記憶そして処理のための各国用の標準: 1015(2001)]
OECD (2009 年)。 ソースの識別および仕事場の空艇製造された Nanomaterials のリリースのための放出査定: 既存の指導、製造された Nanomaterials (WPMN) のための OECD の作業班のコンパイル。 第 11 - ENV/JM/MONO (2009 年) 16
http://www.oecd.org/document/53/0,3343,en_2649_37015404_37760309_1_1_1_1,00.html
OECD (2010 年)。 製造された Nanomaterials の安全のシリーズの出版物。 製造された Nanomaterials (WPMN) のための OECD の作業班。 http://www.oecd.org/document/53/0,3343,en_2649_37015404_37760309_1_1_1_1,00.html
Paik SY、 Zalk DM、および Swuste P (2008 年)。 危険レベルの査定のための試験制御バンディングのツールのアプリケーションおよび Nanoparticle の露出の制御。 Ann. Occup。 Hyg。、 52(6): 419-428。
ポーランド CA、 Duffin R、 Kinloch I、 Maynard A、ウォーレス WAH、 Seaton A、石造り V、ブラウン S、 MacNee W. および Donaldson K (2008 年)。 マウスの腹部キャビティにもたらされるカーボン nanotubes はパイロット・スタディでアスベストスそっくりの病原を示します。 性質のナノテクノロジー。 3: 423-428。
安全な作業オーストラリア (2009 年)。 仕事場の化学薬品規定するフレームワークへの提案された修正。 http://www.safeworkaustralia.gov.au/swa/HealthSafety/HazardousSubstances/Proposed+Revisions.htm
安全な作業オーストラリア (2010 年)。 危険な物質の情報システム (HSIS)。 http://hsis.ascc.gov.au/SearchES.aspx
安全な作業オーストラリア (2010a)。 ナノテクノロジー OHS プログラム。 http://www.safeworkaustralia.gov.au/swa/HealthSafety/EmergingIssues/Nanotechnology/
Schulte PA、マス D、 Zumwalde RD、 Kuempel E、 Geraci の CL、 Castranova V、 Mundt DJ、 Mundt の KA 及び Halperin 私達 (2008 年)。 可能性としては露出された労働者の労働衛生の監視のためのオプションは Nanoparticles を設計しました: 科学の状態。 職業及び環境の薬 50(5) のジャーナル: 517-526。
Zalk DM、 Paik SY および Swuste P (2009 年)。 Nanotool にバンドを付ける制御の評価: nanoparticle の露出を制御するための質的なリスク・アセスメント方法。 Nanoparticle の研究、 11(7) 1685-1704 のジャーナル。

、版権 AZoNano.com ハワード Morris (安全な作業オーストラリア) 先生

Date Added: Aug 11, 2010 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 04:20

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit