プリントおよび収縮: 印刷できる電子工学のための新しい作戦か。

教授によってミシェール Khine

ミシェール Khine、生体医用工学、アーヴァインカリフォルニア大学の Dept 教授
対応する著者: mkhine@uci.edu

より慣習的なアプローチ上の印刷の電子工学の引き付ける力はプラスチック基板で大き領域および適用範囲が広い装置を安く模造する潜在性にあります。1 そのような技術は適用範囲が広い表示およびアンテナのようなアプリケーションのための重大証明できます。2,3 スクリーン印刷およびインクジェット印刷が解像度で限定される間、私達はプレストレストプラスチックシートの印刷によって印刷の解像度の固有の限界に改良する方法を提供します。 領域の 95% の減少を使うと、私達は高リゾリューションおよび高いアスペクトレシオの構造を達成してもいいです。

カリフォルニア大学、アーヴァインは簡単の提案しました、超急速な、および形状記憶高分子で nanowrinkles、また鋭く高い表面積のバイメタルの nanostructures の鋳造された nanopetals の大きい領域を、作成する強い方法からの Khine 教授。 容易、安価である大規模の模造によって私達の望ましい構造を達成するために、私達はプレストレスト形状記憶高分子シートの熱誘発の弛緩に頼ります。4-6

超急速な図 1. nanostructures のプラスチックに統合される低価格の製造工程。 Nanowrinkles は isoptropic 収縮 (a) によってシャドー・マスクによって isotropically 模造し、 nanowrinkles を割ることによって作成された (c) および nanopetals を anisotropically 縮めることによって (b) を縮めることによって、形作りました。

生じる nanostructures -- 有効な nano アンテナとしてそのサーブ -- 引き込むプレストレストポリマーシートと金属薄膜間の剛さで不適当な組み合わせのてこ入れによって自己組み立てられます。 これらの nanopetals は放出を小さい刺激ボリューム (10L) に制限し、複数の千フォールドによって近くの fluorophores の蛍光性の強度を高める-18非常に強い plasmonic 効果を表わす端で小さいホットスポットを提供します。

蛍光性の強度の 4000 フォールドの機能拡張上の 2 光子の顕微鏡検査の展示品によって刺激されるフルオレスセインの近くのこれらの nanopetals の強い表面のプラズモンの効果。 これらの nanostructures は容易にそして ultrarapidly そしてプラスチックシートに耐久性をもって統合されています作成されます。 このアプローチを使うと、私達は高い表面積の電極、また光学 waveguiding 構造を含むいろいろな構造を作ってもいいです。

収縮フィルムが付いている私達の前の仕事は 「Shrinky-Dinks」と呼出されるポリスチレンのおもちゃのアプリケーションに焦点を合わせました。7 最近、私達はポリオレフィンの収縮の薄膜が柔らかい石版印刷の高面のテンプレートのための領域の 95% の減少を表わすことを示しました。8 低価格のデジタルクラフトのカッターによって結合によって、私達はまたそれらを切るのに使用されたツールをはるかに越えて側面解像度のスムーズな表面、縦のサイドウォールおよび高いアスペクトレシオチャネルが付いている比較的均一および一貫した完全な microfluidic チャネルを達成できました。9 伝導性インクか金属と結合されたとき、私達は印刷された nano 電子工学のために有用な興味深い構造を作成してもいいです。


参照

  1. B.Y. Ahn、 E.B. Duoss、 M.J. Motala、 X. 郡野、 S.Park、 Y. Xiong、 J. Yoon、 R.G. Nuzzo、 J.A. ロジャース、 J.A. ルイスの科学 2009 年、 323,1590-1592。
  2. J. 等 A. ロジャース、 Proc。 各国用。 Acad。 Sci 2001 年、 98、 4835。
  3. R.A. Potyrailo、肛門 W.G. Morris。 Chem。、 2007 年、 79、 45。
  4. K. Sollier、 C.A. Mandon、 K.A. Heyries、 L.J. Blum および C.A. Marquette の実験室チップ 2009 年、 9、 3489-3494。
  5. M. 長く、 M.A. Sprague、 A.A. Grimes、 B.D. Rich および M. Khine、 Appl Phys Lett 2009 年、 94、
  6. C.S. 陳、 D.N. Breslauer、 J.I. ルナ、 A. Grimes、 W.C. Chin、 L.P. Leeb および M. Khine の実験室チップ 2008 年、 8、 622-624。
  7. A. 汚れ、 D.N. Breslauer、 M. Long、 J. Pegan、 L.P. リーおよび M. Khine の実験室チップ 2008 年、 8、 170-172。
  8. D. Nguyen、 D. テイラー、 K. チエン、 N. Norouzi、 J. Rasmussen、 S. Botzet、 K.H. Lehmann、 K. Halverson および M. Khine の実験室チップ 2010 年、 10 1623-1626。
  9. D. テイラー、 V. Lew、 M. Khine の実験室チップ 2010 年、 DOI、 D. Dyer: 10.1039/c0047

版権 AZoNano.com、 MANCEF.org

Date Added: Nov 25, 2010 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 04:20

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit