Nanomechanical のテストを使用して宇宙航空材料の最適化

カバーされるトピック

導入
     ガスタービン
     航空電子工学
有利な NanoTest
航空宇宙産業の NanoTest 有利なシステムのアプリケーション
マイクロ材料について

導入

宇宙航空アプリケーションの使用に選ばれる先端材料は粗い環境で作動する機能のために選択されました。 従って、研究者はガスタービンエンジンの環境および商業パフォーマンスを改善するために先端材料およびコーティングを開発するように努力しています。 これらの前進は減らされた燃料消費料量および放出の原因となります。

ガスタービン

これを達成する 1 つの方法は増加するタービンエントリ温度にあります。 これはそれからより効率的な断熱層のコーティングが (TBCs)増加された温度からコンポーネントを保護するように要求します従って効率および信頼性は密接に連結されます。 微細構造の最適化および最適の耐久性は改善された効率および信頼性のためのコンポーネントを設計するとき注意深い考察に運ばれなければならない特性です。

航空電子工学

航空電子工学は極度な熱循環の状態に服従します。 これらの粗い作動条件はそのようなコンポーネントの寿命に影響を与えることができます。 それらははんだの接合箇所の金属間化合段階の形成の地面そして結果で見つけられ、もろさおよび暗号漏洩の共同保全を誘導できる条件と著しく異なります。

有利な NanoTest

マイクロ材料からの NanoTest 有利なシステムは単一の器械に複数の nanomechanical テスト技術を結合します。 それはまた意味する 750°C まで温度で航空宇宙産業を渡る機体そして航空電子工学のような高温および高性能の材料そしてコンポーネントを特徴付けることをますます使用していることを動作できます。

図 1。 マイクロ材料からの NanoTest 有利なシステム

航空機の等級のチタニウムの合金で行われるクリープテストからのある典型的な結果は次の図で提供されます。

図 2. チタニウムのクリープの動作

図 2. は 25ºC および 650ºC で Ti6Al4V の合金の nanoindentation のクリープを示します。 2 つの繰り返しテストは各温度で NanoTest の再現性を示すために示されています。

750ºC のそして拡張テスト時間の高温までこの同じ技術の超合金のクリープの動作を調査することもまた可能 NanoTest の企業の一流の熱ドリフトの安定性が原因でです。

航空宇宙産業の NanoTest 有利なシステムのアプリケーション

NanoTest 有利なシステムが事を特徴付け、最適化するのにのような使用されていました:

  • PVD の断熱層のコーティング
  • 無鉛はんだ
  • ハードにカットの宇宙航空合金の機械化
  • C/C の合成物
  • ポリマー得られた陶磁器の合成物
  • 血しょう吹きかけられた TBCs
  • 超合金
  • CNT エポキシの合成物
  • チタニウムの金属マトリックス合成物
  • 堅いクロムを取り替える PVD のコーティング

マイクロ材料について

1988 のマイクロ材料に絶えず 3 世界の一級品の原因となっていて私達の開拓のアプローチが革新の最前線に、確立されました:

  • 腐食性の摩耗、靭性および接触の疲労のための最初の商業 nanoscale の影響のテスター。
  • 750°C. まで温度に達することができる最初の商業高温 nanoindentation の段階。
  • 最初の液体のセル、液体で十分に浸るサンプルのテストを許可します。

マイクロ材料は革新的で、多目的な nanomechanical テスト器械使用を提供し、アプリケーションの開発に顧客および市場条件に応じて答えます。 私達のユーザーとの私達の関係があるように、私達の装置の保全、信頼性および正確さは優先します。

この情報はマイクロ材料によって提供される材料から供給され、見直され、そして適応させて。

このソースのより多くの情報のために、マイクロ材料を訪問して下さい。

Date Added: Jun 1, 2011 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 07:02

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit