生命科学アプリケーションのガス血しょう技術

カバーされるトピック

導入
研究開発
     Microfluidic 装置
医療機器
PVA Tepla について

導入

ガス血しょう技術は表面の修正前に表面を扱うために広く使われたプロセスです。 精清浄化および activatation の表面の除去にそれが生体内および生体外の医療機器を殺菌するために機能生体物質のそして特定の化学蒸気と共の付着を促進するのに使用することができます。

研究開発

細胞および生物分子隔離および分析の技術の開発はどれだけ速く生物科学領域の研究そして発見が進むか定めます。 免疫学的検定、細胞培養媒体、ろ過および analyte 配達装置のような製品そしてプラットホームで血しょう表面の修正が選択的な生物分子固定を可能にし、小型化による表面効果を避けるのに使用されています。

Microfluidic 装置

血しょう処置は薬剤の発見、診断、医療機器および薬剤配達で使用される最近発達した micofluidic 装置に大きい利点です。 これらの装置では、チャネルはチャネルが非常に狭いので重要性をもつ分配するおよび水和性の改良の流れようにされます。

医療機器

人体で見つけられるそれらのような生理学的な環境が付いている接触に入って来る医療機器の表面はより好ましい interactio を誘導するために修正することができます。 医療機器はガス血しょうプロセスを使用してよごれ止め、抗菌、反thrombogenic 等のような illict の応答に設計することができます。 プロセスはと同時に生体物質のタイの層機能する特定の化学を使用して表面を合わせることを含むかもしれません。

PVA Tepla について

PVA TePla は世界の一流のシステム工学の会社です。 主要な技術は表面のアクティブ化、 functionalization、コーティング、超良いクリーニングおよびエッチングのための血しょうシステムのハード金属の焼結のためのシステムのまわりにおよび結晶成長、また使用集中します。

この情報は PVA Tepla によって提供される材料から供給され、見直され、そして適応させて。

このソースのより多くの情報のために、 PVA Tepla を訪問して下さい。

Date Added: Jun 1, 2011 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 07:02

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit