吸光度 Microspectroscopy の Biocrystalline の文書の性格描写

AZoNano エディターによって

目録

導入
実験
結果
結論
Craic の技術について

導入

紫外線 microspectroscopy 個々の水晶のそしてまた成長する水晶の品質管理のための光学的性質の調査で使用されます。 microspectroscopy 紫外線目に見える範囲は個々の蛋白質の結晶解析のための主技術です。 現在、蛋白質の水晶は制御された薬剤配達で、構造生物学および薬剤デザインおよび bioseparations 使用されます。

、 biocrystalline 材料を修飾し、分析することは速く、容易で非破壊的な方法、 Craic の技術の設置のために 20/20 の PV のマイクロ・スペクトル光度計を提供します。

実験

この実験シリーズでは、 4 つのサンプルは microspectroscopy 吸光度を使用して調査されました。 サンプル 1、 2、 3、および 4 は DNA の水晶、 flavoprotein の水晶、解決の Co の塩水晶、および DNA 蛋白質の水晶、それぞれから成り立ちました。 20/20 の PV は実験のこの範囲の伝送そして蛍光性のために設定されました。 使用された目的は 15x Schwarzchild のタイプ全体の紫外線、目に見えるおよび NIR 領域を渡る非常に長い作動距離そして分光整合性があるので、でした。

各サンプルから、解決の 200 µl はよい紫外線伝達特性を表わす共演者 96 の井戸の版に取られ、置かれました。 水晶の位置は識別され、システムはコーラーの照明を使用して最適化されました。 水晶のスペクトルを得る前の各水晶の側面への参照は逃げました。 従って、健康な版、解決および器械の分光特性は除去されます。 最終的なスペクトルは水晶だけです。

結果

4 つのサンプルの吸光度スペクトルは測定されました (図 1) を見て下さい。 サンプル 1、 2、 3、および 4 はように DNA の水晶、 flavoprotein、解決および DNA/protein の水晶の塩の水晶、それぞれ分類されました。 塩のすべてのスペクトルは但し例外としては 286 nm で吸光度のピークを表わしました。 DNA の水晶は高い光学濃度を明記する非常に強いピークを表わしました。 また、これは DNA の水晶のための唯一のピークでした。

サンプルの吸光度スペクトルの図 1. オーバーレイ 1-4。

flavoprotein は最初の検査の間に 354、 414、 442 および 446 nm の波長でピークを表わしました。 ただし、繰り返された検査の間に、 flavoprotein スペクトルは変更を示しました (図 2) を見て下さい。 DNA/protein の水晶のスペクトルは 352 nm でピークを示しました。

flavoprotein の酸素への短く、長期露出の水晶吸光度スペクトルの図 2. オーバーレイ。

水晶のそれぞれの画像はまた得られました (図 3) を見て下さい。 黒い正方形は 15x15 µm だったマイクロ・スペクトル光度計の入口の開口を明記します。

図 3. 水晶画像。 右回りに左上から: 分解し始めた後 DNA の水晶、 flavoprotein の水晶解決の塩の水晶、および DNA/protein の水晶。

結論

DNA の水晶、 flavoprotein の水晶、塩の水晶および DNA/protein の水晶の紫外線目に見える吸光度スペクトルは 20/20 の PV のマイクロ・スペクトル光度計を使用して得られました。 すべてのスペクトルは容易に区別でき、光学濃度はまた対等でした。 さらに、 flavoprotein スペクトルの変更はまた 20/20 の PV を使用して監視されました。

Craic の技術について

CRAIC Technologies™は紫外線目に見えるNIR 微視的分析のための優秀な器械の一流の開発者です。 sub-micron から何百ものミクロンまで及ぶサンプル機能のスペクトルそして画像は分析することができます。 CRAIC の技術の製品は紫外線および NIR の顕微鏡、紫外線目に見えるNIR マイクロ・スペクトル光度計、器械ラマン顕微鏡のスケール、 microspectrometers、オートメーションの解決、追跡可能な標準および多くの薄膜の厚さそして比色定量を測定するために含んでいます。 専門にされたシステムは vitrinite の石炭の分析、蛋白質の水晶の、法廷および半導体の度量衡学を含むいくつかのフィールドのために開発されました。

この情報は CRAIC の技術によって提供される材料から供給され、見直され、そして適応させて。

このソースのより多くの情報のために、 CRAIC の技術を訪問して下さい

Date Added: Jun 3, 2011 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 07:02

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit