有利な NanoTest の Nanoindentation のテスト

AZoNano エディターによって

目録

導入
有利な NanoTest の運営原則
硬度および係数のマップ
ロードの側面図を描く深さは/技術の部分的荷を下します
刻み目のクリープ
広いロード及び深さの範囲
結論
マイクロ材料について

導入

NanoTest 有利なシステムは 1 つの器械にいくつかの nanomechanical テスト方法を結合します。 それは広いロード範囲上の優秀な器械の安定性を提供します。 それは 750°C まで温度で動作できます従って航空宇宙産業を渡る航空電子工学そして機体のような高温およびパフォーマンス材料およびコンポーネント特徴付けるのにますます使用することができることを意味します。 有利な NanoTest は ISO14577 および ASTM E2546-07 を含むすべての関連した国際的な nanoindentation の標準に完全に対応しています。

有利な NanoTest の運営原則

マイクロ材料から有利な NanoTest は nano スケールで材料の伸縮性があり、プラスチック特性を測定するのに電磁力および容量性深さの測定のアプリケーションを使用します。

硬度および係数のマップ

特定のサイトに焦点を合わせるかわりにワイド・エリアを渡る係数そして硬度の分布を見ることはよいです。 この方法に続くことによって、接合箇所および境界で特性の構造異常、表面処理の変化または変化のために不均等の領域を強調することは可能です。 有利な NanoTest の安定性はテストピリオドの全体の持続期間にわたる結果の優秀な再現性を保障します。 図 1 は灰色の鋳鉄でとりわけ目標とされた刻み目を示します。

図 1。 具体的には灰色の鋳鉄の目標とされた刻み目

図 2 ショーはんだの結束の金属間化合段階の硬度の分布そして剛さをマップする 15 x 25 刻み目のアレイ (1µm ピッチ)。

硬度の分布およびはんだの結束の金属間化合段階の剛さをマップする図 2. 15 x 25 刻み目のアレイ (1µm ピッチ)

ロードの側面図を描く深さは/技術の部分的荷を下します

一般に刻み目は材料の 1 深さで行なわれました。 硬度および係数がサンプルの表面の移動のそれ以上の羽毛からどのようにの変わるか調査は大きい興味のフィールドです。 ` ロードは/」 NanoTest のソフトウェアに含まれている技術の認めます単一の刻み目のサイクルのサンプルのさまざまな深さで作られるべき硬度および係数の測定を可能にするロード循環を部分的荷を下します。

より柔らかい基板の堅い無定形カーボンフィルムの深さと変わると同時に図 3 は硬度そして弾性率の急速な側面図を描くことを示します。

より柔らかい基板の図 3. 堅い無定形カーボンコーティングのための深さの機能として硬度の急流の側面図を描くこと。

図 4 は複数サイクルの刻み目のマークで屈曲ポイント (a) に基板主導のロードサポートへの転移を示します。 重要な肘は段階の変形に関連している荷を下すカーブ (b) で見られます。

屈曲ポイントに示す図 4. ロード対コーティングからの基板への特性の転移がどこに支配したか深さプロフィールの。

刻み目のクリープ

係数および硬度の信頼できる測定の提供に加えて、優秀なシステム安定性は刻み目のクリープの実験のようなより長い持続期間テストを可能にします。 これらはクリーププロセスのための圧力の説明者またはクリープの承諾のような特性を確実に得ることに活性化エネルギーそして、高温モジュールと組み合わせて使用することができます。

700s の間の PMMA のクリープの合われた実験データ間の図 5 ショーの優秀な一致はポリマーの粘弾性がある特性の決定の 100mN で保持します。

図 5. PPMA のクリープの動作。

広いロード及び深さの範囲

NanoTest の有利な提供ピーク負荷/深さセットに基づいてロードおよび深さの解像度を最適化するダイナミックな解像度システムが付いている優秀なロード及び深さの範囲。 これは範囲全体の優秀な解像度を保障します。 高い感度および低雑音の床は MEMS アプリケーションのための薄膜の正確な測定を可能にします。

図 6 はサファイア、接触に非常に小さい刻み目のためのそれを完全に伸縮性があります示します。 2mN へロードを高めるによりそれは伸縮性があプラスチックゾーンに達します。

図 6. サファイアのためのロード/深さ関係。

図 7 は石英ガラス (青い) およびサファイアの 100-500 mN のピーク負荷に 10 の刻み目を示します (赤い)。

石英ガラス (青い) およびサファイアのピーク負荷の動作への図 7. 刻み目 (赤い)。

結論

有利な NanoTest は nano スケールで材料の伸縮性があり、プラスチック特性の正確な測定を可能にします。 器械はまた安定性が高いとマップする硬度および係数を可能にします。 刻み目のクリープの実験は器械とまた可能です。 器械はまたダイナミックな解像度システムが付いている優秀なロードおよび深さの範囲を提供します。

マイクロ材料について

1988 のマイクロ材料に絶えず 3 世界の一級品の原因となっていて私達の開拓のアプローチが革新の最前線に、確立されました:

  • 腐食性の摩耗、靭性および接触の疲労のための最初の商業 nanoscale の影響のテスター。
  • 750°C. まで温度に達することができる最初の商業高温 nanoindentation の段階。
  • 最初の液体のセル、液体で十分に浸るサンプルのテストを許可します。

マイクロ材料は革新的で、多目的な nanomechanical テスト器械使用を提供し、アプリケーションの開発に顧客および市場条件に応じて答えます。 私達のユーザーとの私達の関係があるように、私達の装置の保全、信頼性および正確さは優先します。

この情報はマイクロ材料によって提供される材料から供給され、見直され、そして適応させて。

このソースのより多くの情報のために、マイクロ材料を訪問して下さい

Date Added: Jul 2, 2011 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 07:02

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit