Nanomechanical のテスト - 温度の物質的な特性の変化

AZoNano エディターによって

目録

導入
有利な NanoTest
NanoTest の有利で熱い段階
NanoTest の有利で冷たい段階
Nanotest の高温段階
     高速回転のための PVD のコーティングの摩耗の予言
     Ti6Al4V のクリープの緊張
Nanotest の風邪の段階
     - 30°C に塗る DLC の Nano スクラッチテスト
結論
マイクロ材料について

導入

材料の特性は温度の変更との重要な変化を示します。 高温アプリケーションで使用される必要があるコーティングか特徴付けるか、または成長材料テスト条件がサービス状態で見つけられるそれらの状態を試み、まねるべきである間。

有利な NanoTest

マイクロ材料からの NanoTest 有利なシステムは単一の器械に複数の nanomechanical テスト技術を結合します。 それはまた意味する 750°C まで温度で航空宇宙産業を渡る機体そして航空電子工学のような高温および高性能の材料そしてコンポーネントを特徴付けることをますます使用していることを動作できます。

NanoTest の有利で熱い段階

有利な NanoTest の熱い段階は次の操作が 750°C. のまわりでの温度で行われるようにします。 操作は下記のようにリストされています:

  • Nanoindentation
  • Nano スクラッチおよび摩耗
  • Nano 影響および疲労

NanoTest の有利で冷たい段階

有利な NanoTest の冷たい段階は次の操作が -30°C. に温度で行なわれるようにします。 操作は下記のようにリストされています:

  • Nanoindentation
  • Nano スクラッチおよび摩耗

Nanotest の高温段階

有利な NanoTest の水平搭載デザインは高温で精密な、信頼できるテストのために重大です。 構成は図 1. で示されています。

有利な Nanotest の高温段階の図 1. 設計図。

熱い段階の機能は下記のものを含んでいますあります:

  • 水平搭載 - 熱はプローブの左側に置かれるローディングヘッドか深さの測定センサーに流れません。
  • 等温の接触 - 熱流を刻み目の間に保障するサンプルおよびプローブの別の暖房は起こりません。
  • 非常に集中させた暖房は器械の安定性を保障します
  • - そこの高温を測定することが重要な熱ドリフトのし、刻み目のクリープテストのようなより長い持続期間を行うことは可能にテストするなる間、時間依存の測定。
  • 非包囲されたガス - 有利な NanoTest の温度調整された環境または清浄になる区域は周囲の空気の選択を提供し、非常にサンプルの酸化を減らします。

高速回転のための PVD のコーティングの摩耗の予言

図 2 は PVD のコーティングおよび強く tribological 状態の範囲の摩耗に影響を及ぼす硬度/係数の比率の高温刻み目を示します。 PVD のコーティングの Nanoindentation は TiAlN が室温のより低い硬度値を持っていることにもかかわらず高速回転の TiCN になぜ優っているか示します。

PVD TiAlN および PVD TiCN のための図 2. 高温硬度/係数の比率。

Ti6Al4V のクリープの緊張

Ti6Al4V のクリープの緊張が 25 ⁰でより 650ºC でかなり高い C こと、そして高速切断操作でことを図 3 は、耐久性示し、上塗を施してある切削工具の寿命は高温機械特性に強く関連します。

図 3. 25°C および 650°C. の Ti6Al4V のクリープ緊張の動作。

Nanotest の風邪の段階

NanoTest の冷たい段階はサンプルおよび圧子両方の段階のペルティアー 3 つの冷却の段階を使用しま、等温の接触をテストの間に保障します。 環境機構が試験区域を囲む包囲された条件を監察するのに使用されています。

- 30°C に塗る DLC の Nano スクラッチテスト

温度の変更とのコーティングの特性の重要な変化があります。 左側に図はプラスチック損傷重大な障害を示さない室温で作成されるスクラッチトラックを示します。 権利の図はスクラッチトラックに沿う障害を表示する -30º で遂行される同じスクラッチを示します。 各画像で右から左へ動作するスクラッチ。

図 4. Nano diamiond のスクラッチテストは室温と -30°C ( (top)底) でカーボンコーティングを好みます。

結論

有利な NanoTest は高温で、また低温で操作が可能で、 nanoindentation、 nano スクラッチおよび摩耗のような操作を行うことができます。 Nano 影響および疲労は高温でだけ行われます。 PVD のコーティングの摩耗の予言、また Ti6Al4V のクリープの緊張は器械を使用して断固としたである場合もあります。

マイクロ材料について

1988 のマイクロ材料に絶えず 3 世界の一級品の原因となっていて私達の開拓のアプローチが革新の最前線に、確立されました:

  • 腐食性の摩耗、靭性および接触の疲労のための最初の商業 nanoscale の影響のテスター。
  • 750°C. まで温度に達することができる最初の商業高温 nanoindentation の段階。
  • 最初の液体のセル、液体で十分に浸るサンプルのテストを許可します。

マイクロ材料は革新的で、多目的な nanomechanical テスト器械使用を提供し、アプリケーションの開発に顧客および市場条件に応じて答えます。 私達のユーザーとの私達の関係があるように、私達の装置の保全、信頼性および正確さは優先します。

この情報はマイクロ材料によって提供される材料から供給され、見直され、そして適応させて。

このソースのより多くの情報のために、マイクロ材料を訪問して下さい

Date Added: Jul 2, 2011 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 09:28

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit