機械工具細工の堅いコーティングを最適化する Nanomechanical のテストを使用して

AZoNano エディターによって

目録

導入
堅いコーティングのためのテスト
有利な NanoTest
     Nanomechanical のテスト
     炭化物ツールの生命
結論
マイクロ材料について

導入

急速で、厳密なテストを使用してコーティングを最適化することは可能です。 高速で機械化により切断プロセスに使用するツールの圧力の高レベルを引き起こします。 コーティングの微細構造は行い続けるようにかのように材料を確かめるように硬度および靭性の正しいコンビネーションを得るために最適化されます。 けれどもそれらが作用する条件の広い範囲はこれに非常に複雑な条件をします。

堅いコーティングのためのテスト

堅い達成するコーティングが必要がある構築される機能、酸化抵抗のような作業率、熱安定性および熱い硬度の必要性に基づく。 次のステップは摩耗、摩擦、酸化、熱循環および付着力の相互作用のような要因に対してコーティングをテストすることです。 マクロスケールのテスト環境のすべてのこれらの要因そして条件のためのテストを持っていることは不可能です。 しかしそれは有利な NanoTest と可能になります。

有利な NanoTest

マイクロ材料からの NanoTest 有利なシステムは単一の器械に複数の nanomechanical テスト技術を結合します。 それはまた意味する 750°C まで温度で航空宇宙産業を渡る機体そして航空電子工学のような高温および高性能の材料そしてコンポーネントを特徴付けることをますます使用していることを動作できます。

マイクロ材料から有利な NanoTest

Nanomechanical のテスト

Nanomechanical のテストは有利な NanoTest と可能で、あらゆる面で重要な要因の査定を熱い硬度、可塑性および疲労ひびの抵抗のような特に 3 つの主要な連結された要因可能にします。 時間の節約はおよび材料は巨大で、新しいツールをすぐにそして競争的に設計し、製造することをエンジニアが可能にします。

炭化物ツールの生命

厳しい機械接触のアプリケーションのための靭性そして硬度を両方持っていることは重要です。 超硬合金のパーセントのつなぎおよび炭化物の結晶粒度への非常にわずかな変更はツールの生命の徹底的な影響があることができます。 疲労パフォーマンスは高性能の押すことのような非常に付アプリケーションの下の表面下の機械特性によって、制御されます。 異なった超硬合金の機械特性を定めるのにそれ故に microindentation が使用されています。

図は刻み目の総合エネルギーへのプラスチックエネルギーの比率である可塑性指標が刻み目ロードとどのように変更するか示します。 microindentation データと摩耗のレート間に優秀な相関関係があります。 摩耗テストおよびより高い摩耗のレートで欠けることの可塑性の結果を下げて下さい。

可塑性指標

結論

堅いコーティングの最適化は有利な NanoTest の広範囲の nanomechanical テストを使用して可能です。

マイクロ材料について

1988 のマイクロ材料に絶えず 3 世界の一級品の原因となっていて私達の開拓のアプローチが革新の最前線に、確立されました:

  • 腐食性の摩耗、靭性および接触の疲労のための最初の商業 nanoscale の影響のテスター。
  • 750°C. まで温度に達することができる最初の商業高温 nanoindentation の段階。
  • 最初の液体のセル、液体で十分に浸るサンプルのテストを許可します。

マイクロ材料は革新的で、多目的な nanomechanical テスト器械使用を提供し、アプリケーションの開発に顧客および市場条件に応じて答えます。 私達のユーザーとの私達の関係があるように、私達の装置の保全、信頼性および正確さは優先します。

この情報はマイクロ材料によって提供される材料から供給され、見直され、そして適応させて。

このソースのより多くの情報のために、マイクロ材料を訪問して下さい

Date Added: Jul 5, 2011 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 09:28

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit