マサチューセッツ、米国のナノテクノロジー: 市場レポート

導入

Have we missed you? Are you a company, organisation or research group operating in this region and feel you warrant inclusion on this page? Also please feel free to help us keep this page up to date with the latest news or research from your organisation or suggest general edits. Shoot through an email and one of our editorial team will get back to you.

マサチューセッツは米国の北東部分にあります。 それに 6,587,536 人の人口があり、 27,336 の km の全域をカバーします2

マサチューセッツに」経済貢献する主要なセクターは人間工学、ヘルスケア、財政、高等教育および観光事業です。 ミニコンピューター、電子工学およびハイテクノロジーは州の経済成長を助ける主セクターです。 2010 年に、マサチューセッツ」一人につき国内総生産は $58,108 でした。

米国と世界の技術の研究のための一流大学のいくつかはナノテクノロジーの研究の最前線の領域を置くマサチューセッツに置かれます。 ここ数年間では、またマサチューセッツの nanomanufacturing 企業およびニューイングランドの残りに巨大な成長がずっとあります。

マサチューセッツの研究所と企業間の多くの共同のプロジェクトはこの成長から寄与し、また燃料を供給しますそれに、生成しました純粋な nanoscience の研究と商業 nano 高められた製品間のスペースの巨大な技術的進歩を。

ナノテクノロジーの組織

マサチューセッツにナノテクノロジーを促進すること、またナノテクノロジーの将来の見通しを探索することに努力している多くの組織があります。 マサチューセッツの主ナノテクノロジー関連の組織への短い紹介は下記のように与えられます:

Nano 設計された合成の宇宙航空構造 (NECST) の借款団 - NECST は MIT の航空学及び宇宙航行学の部にあります。 この借款団の焦点はハイブリッドアーキテクチャを形作るために慣習的な高度の合成物と結合されるカーボン nanotubes の戦略的な使用によって高度の宇宙航空材料/構造のパフォーマンスを改善することです。

マサチューセッツ技術移転の中心 - MTTC は開始を含むマサチューセッツ会社の成長を、助けるために研究所とマサチューセッツ会社間の技術の転送を促進し、加速します。 それはまた地方および州全体の経済開発優先順位をサポートします。

InterNano - それは nanomanufacturing コミュニティのための情報資源の中心です。 アプリケーション、装置、ナノテクノロジーの商業開発や市場向きアプリケーションを促進する度量衡学および材料の前進をカバーするリソース。 それは米国の nanomanufacturing 強さを進めるために (NNN)協力する学者、政府および企業パートナーの同盟の Nanomanufacturing 各国用のネットワークのイニシアチブです。

ナノテクノロジーの会社

ナノテクノロジーは多数の無数の企業のアプリケーションをカバーする広大で、多目的なフィールドです。 これらの多様なセクターに食料調達するマサチューセッツの主要なナノテクノロジーの会社は全部に短い導入と共に次リストされています:

Nyacol のナノテクノロジー、株式会社 - Nyacol Inc. は Ashland、 MA の 1969 年に創設されました。 1999 年の 10 月で Nyacol の Nano 技術と名前を変更され。 それらは専門にされた無機コロイドを製造するためのいろいろ専有 nano 粒子の技術を開発しました。  彼らは炎に役立っている世界のコロイドアンチモンの五酸化物の一流の製造者 - ずっと抑制プラスチックおよび織物の市場です。 何年にもわたって、 nano 粒子化学は Nyacol が錫および亜鉛の無水ケイ酸、アルミナ、ジルコニア、 ceria、 yttria および酸化物を含む無機材料の範囲に、提供する製品を多様化させることを可能にしました。

Nano 実験室 - NanoLab は 2000 年 1 月に創設されました。 会社は Waltham、マサチューセッツで本部に置かれ、カーボン nanotubes の製造業者および nanoscale 装置の開発者として作動します。

Nantero - Nantero は次世代の半導体デバイスの開発のためのカーボン nanotubes を使用してナノテクノロジーの会社です。 これらの装置はメモリ、論理および他の半導体製品を含んでいます。 メモリのフィールドでは、 Nantero は NRAM™の高密度不揮発性ランダムアクセス・メモリを開発しました。

10 オングストローム - 10 オングストロームは R & D の市場に革新的なシステムおよび装置を持って来ることに専用されている新しい会社です。 彼らは販売を提供し、高度の器械使用のために整備します。 彼らは絶えず変化したナノテクノロジーフィールドの顧客そして製造業者両方を使用に於いての私達の役割を楽しみます。

A123Systems - A123 Systems、 Inc. (NASDAQ: AONE は) 高い発電およびエネルギー密度、長い生命および優秀な安全パフォーマンス提供するエネルギー蓄積システムおよび高度の Nanophosphate® のリチウム鉄の隣酸塩電池発達させ、製造します。 会社のゲーム変更の技術は顧客が交通機関、電気格子、コマーシャルおよび政府市場のための革新的な製品を商業化することを可能にします。 2001 年に創設されて、 A123 専有 Nanophosphate の技術は最初に MIT で開発される新しい nanoscale 材料で構築されます。

Aldlab Nanotech - Aldlab は乾燥した、ベテランの有機性化学者、 nanomaterials の専門家、生物学者および物理学者から成り立ちます。 Aldlab は専門の化学薬品、正確にエンジン nanomaterials、また理性的な設計されていた生物 nano 材料の理性的なデザインそして費用有効製造の各国指導者であることを計画します。

Aphios - Aphios は導きま、健康の維持のための人間工学およびナノテクノロジーの薬剤配達プラットホームおよび高められた治療上の製品緑成長の方法を、ある特定の癌の病気の防止および処置、アルツハイマー病のような感染症および (CNS)中枢神経系の無秩序を可能にします。

ケンブリッジ Nanotech - 2003 年に、ケンブリッジ NanoTech は世界の一番の ALD の研究グループの 1 つを直接育てました創設された: ハーバード大学のゴードンの実験室。 研究開発のために出荷される何百ものシステムによってケンブリッジ NanoTech は学術および産業施設へ世界的に一流 ALD の製造者です。 原子層の沈殿は (ALD)通常からの特別な特性を、電気のような、抗菌性拡張するいろいろ極めて薄いフィルム、紫外線妨害、反射防止および耐久性との異常に毎日の製品を持って行きます。

高度の Diamond Solutions Inc. - ボストン、マサチューセッツで基づく非公開会社はあります。 DLC/無定形のダイヤモンドの熱電 /photovoltaic の製品および nanodiamond の人間工学の製品を含むいろいろ産業ダイヤモンドの製品の研究及び開発のリーダー。 それらは無定形のダイヤモンドの nanostructures を使用して熱電子の太陽電池の開発と関連しているいくつかの革新的なプロジェクトで現在実行されます。

Graphene のスーパーマーケット - Graphene のスーパーマーケットの目的は graphene のコミュニティに実験室の供給を提供することです。 Graphene のスーパーマーケットの哲学は良質品、容易なショッピング、追跡する容易な順序および速い配達を提供することです。

Hyperion の触媒作用インターナショナル - カーボン nanotube の開発および商業化の各国指導者はあります。 Hyperion の触媒作用の旗艦の技術は伝導性の育つ蒸気 - 複数の囲まれたカーボン nanotube です。 これらの管は貿易によって指名される FIBRIL™の nanotubes です

NanoC - フラーレン、 nanotubes および化学派生物を含む nanostructured カーボン材料の世界のリーダーはです。 Nano C でコアは NanoC 創設者および MIT の名誉教授、ジャック B. ハワード MIT で発明するエネルギーおよび環境的に効率的な燃焼ベースの加工技術です。 NanoC NanoC C60、 C70、 C84 およびフラーレンの黒を含む良質の fullerenic 材料の効率的な生産のリーダーの可能にした高度 II-G の技術の排他的な開発者そして所有者はです。

3D Matrix、 Inc. - 3D マトリックス、株式会社、東京、日本の完全に所有された子会社はあります。 3D マトリックスのグループは臨床応用および生命科学の研究の使用の商品名 PuraMatrix™の下でペプチッド生体材料の系列を開発し、製造します。

ナノテクノロジーの教育

マサチューセッツはナノテクノロジーの研究そして教育機会を提供するいくつかの世界一流大学にホームです。 マサチューセッツおよびナノテクノロジーのさまざまな面のそれらによって提供される学術のコースまたは研究の機会の大学そして学術機関のリストは次与えられます。

マサチューセッツ工科大学 (MIT) はケンブリッジ、マサチューセッツにある私用研究大学です。 それは次の研究および教育施設を促進します:

  • 機械工学 - 提供の部門マイクロおよび nano スケールの新しい工学知識そして製品を作成する研究計画のマイクロおよび Nanoengineering。 研究は 3 つの広い領域即ち、理論的な基礎 (科学) 研究、アプリケーション研究、およびツールの研究の可能にをカバーします。 
  • スペースナノテクノロジーの実験室 - SNL は天体物理学およびスペース研究 (MKI) のための MIT Kavli の協会にあります。 それらは主に nanofabrication のフィールドを、ナノメーター正確さの X 線の光学製造、アセンブリおよび度量衡学、超高度の解像度の石版印刷、 nanometrology および nano 正確さの回折格子の製造カバーします。 実験室は世界の最先端の耳障りな模造のツール、 3 ナノメーター以下よくの精密がある Nanoruler を発達させました。
  • NanoMechanical の技術の実験室 - それは物質科学および工学の部門の最新式の実験室です。 それは Nanoindentation、 Nanoscale の磁気記録を含むいろいろな研究オプションを媒体、 Nanoscale の可塑性等提供します。
  • 兵士のナノテクノロジーのための協会 - ISN は MIT、軍隊および先発の兵士の保護および残存可能性の機能を助けるフィールド技術および新しい発見にかかわる企業パートナーから成っているチームです。 ISN はまた軍隊の科学者の指導の下で軍隊の研究所で行ないの夏の研究に MIT 学生に機会を提供します。
  • 蟹座のナノテクノロジーの卓越性のための MIT ハーバード中心 - MIT、ハーバード大学、ハーバード衛生学校、マサチューセッツ総合病院および Brigham および女性の病院の中の共同の努力はあります。

ハーバード大学は米国の最も古い高等教育機関で、 2011 年に 375th 記念日を祝いました。 それは次の研究および教育施設を促進します:

  • Nanomedicine および生体材料の実験室 - ハーバード衛生学校の部分はあります。 新しい nanomaterials およびナノテクノロジーの研究の焦点ヘルスケアの改善を援助する高度の薬剤の投射手段開発するため。
  • Nanoscale システムのための中心 - nanoscale のコンポーネントが大型および複雑な相互作用のシステムに統合されますどのようににか中心の科学的な焦点はあります。
  • Nanoscale 科学および工学中心 (NSEC) - NSEC は nanoscale のサイズの新しい電子および磁気装置を組み立て、動作を理解することで働きます (を含む量現象)。 研究、教育および公共のアウトリーチの近い統合は中心で学生および研究者のトレーニングを Nanoscience のリーダーであるように励まし、促進するように採用されます
  • ハーバード拡張学校 - 5 つの大学院のナノテクノロジーのコースのハーバードでナノテクノロジーの証明書を手に入れる機会を提供します。 学生はオンラインおよびキャンパス内のコースを選択できます。
  • ハーバード Nanopore グループ - それは Nanopores と精査の分子にかかわる研究グループです。

マサチューセッツの大学は 5 キャンパスの公立大学システムです。 それは次の研究および教育施設を促進します:

  • MassNanoTech の協会 - MassNanoTech は nanoscale 材料、装置およびシステムの研究所の調整の研究で、企業、前進ナノテクノロジーの商業化と協力し、学生を教育し、アウトリーチ活動促進します。 それはアムハーストのキャンパスに置かれます
  • W.M. Keck Nanostructures の実験室 - 材料の研究科学および工学中心 (MRSEC) およびポリマー研究のためのシルヴィオ O. Conte National の中心の部分はアムハーストのキャンパスにあります。 この実験室は物質的な性格描写装置へのアクセスを、テクニカルサポート、トレーニングおよび相談提供し、原子力の顕微鏡検査、可変的な角度 Spectrocopic Elliposmetry および光学顕微鏡検査の領域 (AFM)でユーザーのための (VASE)サービス提供の範囲を行います。
  • Nanomanufacturing は集中します - ローエルのキャンパスに置かれます。  中心は工学、科学、健康、管理および人間性を含む訓練の広い範囲からの能力の共同、です。 それらは研究の機会、産業パートナーシップおよび新製品の製造に必要な労働力の開発を提供します。
  • 食糧生物物理学およびナノテクノロジーの実験室 - FBNL は electrospinning および限外濾過のような技術を使用して食糧生物高分子物質からの nanoparticles そして nanofibers の形成そして準備にかかわります。 FBNL は bioactives のための nanoscalar カプセル封入システム、送達機構および antimicrobials を開発します
  • 化学 (アムハーストのキャンパス) の Deparment は - この部門内の研究の機会 nano 材料および化学のツールキットを開発することおよび機能 nanostructures を生成し、調査するために加えることを覆います。

北東大学生物 Nano ロボット工学 - チームはさまざまな医学および nanotechnological アプリケーションのための情報処理機能をもった生物 nano センサーそして nanodevices の開発で働きます。

ボストン大学の光学性格描写および Nanophotonics の実験室 - それは電気およびコンピューター工学の部門の部分です。 それは nanoscale でソリッドステートおよび生物的現象の調査に高度の光学性格描写の技術を開発し、適用することに焦点を合わせます。

最近の進展

マサチューセッツ州は米国のナノテクノロジーの研究そして技術開発の指導的地位を保持します。 環境保護局はクリーンエアーおよび水の有毒な、危険物の安全な管理を保障するために責任がある州の機関、固体および有害排出物のリサイクル、および有害排出物のサイトの時機を得た一掃でおよびこぼれます。 それらは領域の研究所と共にナノテクノロジーの安全使用の保障に重く、かかわりました。

MIT の科学者は最近癌の遺伝子をことを止めるために nanoparticles が RNA のフラグメントを derlivering によってマウスの腫瘍を縮めることができることを検出してしまいました。 これらの RNA のキャリアはまた研究者が繁殖するべきマウスの新しい世代を待たないでマウスの遺伝子の表現を変えるのに目標とされた RNA の使用によって大いにより速いレートで潜在的な薬剤ターゲットを、選別することを可能にします。

2012 年 10 月では、 MIT の postdoc カサリン Mirica はグラファイトがカーボン nanotubes の圧縮された粉と代わりになる鉛筆の芯の新型を設計しました。 これは規則的な機械鉛筆によって使用することができカーボン nanotube センサーがあらゆるペーパー表面に単に引かれるようにします。

同じ月では、別に主に研究見つけることは Brigham および女性の病院 (BWH) で研究者がアセンブルされた自己を作成したところで、ほぼ赤外線ライトに敏感である多機能の金の nanorods アップしました。 これらの nanorods は選択式に外部一条の光線に応じて薬剤を解放する癌細胞に間とりわけ目標とされる化学療法の薬剤を、渡すことができま薬剤の反腫瘍の効力を高めるために同時に熱を作成します。

 

Date Added: Nov 20, 2012 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 12:29

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit