金属 Nanoparticles - 新技術が付いている Argonne の研究者の境界ライト

光工学に光ファイバ通信連絡および光学データ記憶を私達に与える私達の日常生活の途方もない影響がありました。 ただし、 nanoscale のレベルの処理ライトは nanoscale のレベルがそう非常に小さいので - ライトの波長より少しにより 10 分の 1 の非常に困難な仕事である場合もあります。

Argonne の国立研究所の研究者は nanoscale で光学回路およびスイッチのような顕微鏡サイズの装置にドアを開く金属の nanoparticles の珍しい光学的性質の使用によって理解し、処理ライトの方の大またを作っています。

銀の非常に小さい球のような nanoparticles に、金属をかぶせれば金は表面に、多くの光エネルギーを集中できます。 表面の近くで制限される光エネルギーはほぼフィールドとして通常のライトが遠視野ように知られている一方、知られています。 多くの科学者はほぼフィールドライトを処理する方法を理解によって小さい次元で現在可能であるよりそれを新しい光学装置ずっと構築できます信じます。 ほぼフィールド動作、物理化学 B の使用された強力な高解像イメージ投射およびライトがどのように金属の nanoparticles によって集中し、分散するか詳しく述べるために模倣の技術のジャーナルの 12 月 25 日の版で出版される共同実験および理論的な調査を特徴付けるため。

現在の技術は、高速コンピュータおよびインターネットのルーターのような作用するためにワイヤーを貫流する電子に、重く頼ります。 ただし、より高いデータ転送速度およびより小さいサイズのための常に増加する要求と、電気回路の複雑さは維持不能になります。 実験チームリーダーギャリー Wiederrecht に従って、この挑戦は光子 (ライトの単位) と電子を取り替えることによって光子の波状の文字がある特定のシステム内の熱そして摩擦のような障害を減らすので克服することができます。 「簡潔に言えば、光子は電子」、より速く移動します Wiederrecht を言いました。 「それらはです利用されるためにちょうど待っている非常に能率的な電力源」。

「実験および理論的なアプローチを使用して、私達は金属の nanoparticles の表面が付いているライトの相互作用を観察できました。 私達はこの調査が nanoscale 次元で精密のライトを処理できる光学技術の作成の」鉛の理論家のスティーブンの説明された灰色原因となることを望みます。

ほぼフィールドの広範囲の理解を得るためには、 Argonne の研究者は光学顕微鏡検査をスキャンするほぼフィールドとして知られていた高度の技術の映像技術を使用しました。 25 ナノメータープリズムに小さい直径が付いている nanoparticles は、置かれ、サンプルの表面の近くで置かれた nanoscale のプローブによって光学顕微鏡検査をスキャンするほぼフィールドと探索可能だったほぼフィールドを形作るレーザー光線と照らされました。 光学分散の実験は金属の nanoparticles の隔離された金属の nanoparticles そしてアレイで行われました。 電子ビームリソグラフィが均一に互いからの 100 ナノメーター以内の nanoparticles を置くのに使用されました。 特別な実験セットアップを使用して、チームは明示的に金属の nanoparticle のアレイの三次元地形にほぼフィールド輝度をマップできました。

実験結果はほぼフィールドの文字に関するいくつかの貴重な調査結果をもたらしました。 研究者は隔離された nanoparticle がプリズム表面からの 20 程度の角度でライトを分散させることが分りました。 なお、研究者は nanoparticles のアレイが大いにより小さい角度でライトを分散させることが、光学チップのような二次元装置でほぼフィールド光子を使用するための有望な結果分りました。 すべての調査結果は計算および理論的な方法を使用して認可され、ライトを導くのにほぼフィールドがどのようにに関して使用することができるか一緒に、特定の情報を提供します。

2003 年 12 月th 29 日掲示される

Date Added: Jan 7, 2004 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 12. June 2013 08:11

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit