Nanotube 装置は ' シグナル - 新技術 -- を高めるのに確率的共鳴」を使用します

それは逆説的なようである、研究者南カリフォルニア大学のチームは騒音が追加されるときだけ働くシグナルの探知器を構築しました。

装置はカーボン nanotubes からなされるトランジスターの小説の種類を使用します。 、主任調査官は Bart Kosko 電気工学の USC 部の教授シグナルを増幅する結果が重要 nanotubes のための電子アプリケーションの開発と 「確率的共鳴のためのアプリケーションの開発の両方」、騒音の直感に反する使用であることをアメリカ化学会の Nano 文字の 12 月問題で報告される一連の実験が言うことを主張します。

確率的共鳴検出の基本的アイデアは、 Kosko を、ある特定の振幅より多くのシグナルにだけ - 答え、また更に期待されるシグナルの振幅の下のこのしきい値をセットしなさい厳密なしきい値効果と装置を作成することです言います。

補助的なしきい値形式では、 「静かな、無騒音の環境で」、科学者を言いました、 「探知器はシグナルを受け取りません。「しかし騒音の適当な量があれば、シグナルは探知器を誘発する騒音の上にあったように、浮遊物」。

先に現象のための数学基礎を述べる定理を出版した Kosko は新しいペーパーで報告される新しいカーボン nanotube の探知器となされる実験が彼の予言を確認すると言います。

カーボン nanotubes はグラファイトから成っている微細な管鉛筆の芯のカーボン親友の形式です。 グラファイトの炭素原子は六角形の格子のような金網またはミツバチの巣の二次元シートか格子に自然に彼ら自身を組織します。 現代製造の技術は超薄い管にそのようなシートを人間の毛髪 - 直径の 2 ナノメーター以下より小さい転送できます 100,000 倍。

そのような管をねじることは半導体に、コンダクターから、徹底的に電子特性を変更できます。 主要な興味の中心は今フラットパネルディスプレイの使用です。

実験は 2 ナノメーターおよび長く行うために設定された電気工学の部門の Chongwu Zhou が、また作成した 3,000-5000 ナノメーター直径で半導体の nanotubes をように電気信号を検出する簡単なトランジスターセット使用しました。

、しかし検出される、シグナルはこの重大な最小値よりずっと低く慎重に、無声条件で、全然シグナルが受け取られなかったのは、セットされたからです。

しかし実験者が複数の予備手段によって生成された騒音 - 任意電気作業 - を追加したときにシグナルは通り抜けました。 たくさんの追加された騒音はそれを一掃しました。 しかし適当なレベルで前に検出不可能なシグナルは通り抜けます。

Kosko は先に主義の実例を作成してしまいました。 「各ピクセル別のしきい値の単位として機能しますまたはニューロン (か nanotube のトランジスター)」はと彼は言いました。

「私達は始め、大量の画像の構造を棒に振ることによって次にそこにから追加します騒音を」。

騒音は断片的な映像を認識可能に突然させます。

Kosko はずっと確率的共鳴効果を調査しています -- 騒音がある状況では別の方法で隠されたパターンをどのように引き出すことができるか -- 幾年もの間、生物学でほとんどできている作業で構築します。 研究者は、蝸牛なセンサーのカエルの耳の例えば、任意ブラウン動きの刺激が感度を高めることを検出しました。

Kosko は確率的共鳴現象の高められた意識が通信連絡のデザイナーを、頻繁にかすかなシグナルのアレイに頼る特に現代スペクトラム拡散装置を含んで助けることができることを信じます。

「Nano 装置デザイナー特定のシグナルにそれぞれ合わせ、 nanotubes を次にストロンチウム効果を利用するために配置します番号 - 異なったノートに調整される幾分同様な管器官 - の缶詰になります」はと彼は言いました。

2003 年 12 月th 17 日掲示される

Date Added: Jan 16, 2004 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 12. June 2013 08:12

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit