不揮発性金属の朝日ガラス (MND)開発される Nano 点のメモリ - 新技術

Koyanagi が、工学の大学院導く、朝日ガラス Co.、株式会社および研究グループ東北大学の教授は Metal Nano の点のメモリと指名される新しい不揮発性メモリの開発に、 (MND)成功しました。 MND のメモリは朝日ガラス Co. 開発される陶磁器の技術に基づいて MND のフィルムの沈殿技術を使用してなされます。 MND のフィルムは絶縁のマトリックスで埋め込まれる非常に密な金属の nanodots で構成されます。 MND のメモリは既存のフラッシュ・メモリを近い将来に取り替えると期待されます。

高密度および高性能の不揮発性メモリへの要求は急速に移動式情報装置の市場が近年拡大してしまったと同時に育ちました、従って多くの種類の不揮発性メモリは提案され、調査されました。 フラッシュ・メモリは高密度、低い製造原価および安定した操作のために不揮発性メモリの等最も広く利用されている、そうなったものです。 ただし、フラッシュ・メモリのセルのサイズの縮小はトンネルを掘る酸化物の厚さが優秀な料金の保留船舶および持久力を保つ必要性によるセルのサイズと縮小することができないのでますます困難になりました。 この問題を、メモリセルの新型は解決するためには、ケイ素の nanodot のメモリおよび MONOS のメモリのような、提案されました。 ただし、これらのメモリに料金の保留船舶のサイトの十分に高密度がありません、従ってメモリ Windows の大きさそして均等性は十分ではないです。 Koyanagi 教授は新しい不揮発性メモリに適用するために朝日ガラス Co. 開発された MND のフィルムに注意を払い、試験装置の朝日ガラスエンジニアと働きました。 試験装置の製造は東北大学の投機ビジネス実験室で遂行されました。

2004 年 12 月th 24 日掲示される

Date Added: Feb 23, 2004 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 12. June 2013 13:11

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit