より速く、より小さいトランジスター - 新技術のためのカーボン Nanotubes を育てる Motorola の実験室

Motorola の実験室の科学者はトランジスターより小さくおよびより速くおよび超高感度化学/生物的探知器を (CNTs)させることができるカーボン nanotubes の成長の制御を改善する方法を研究しています。

CNTs は前に 12 年だけ検出された分子カーボンの比較的新しい形式を表します。 各 nanotube はグラファイトの巻き上げられたシートから成っている 1つ以上の継ぎ目が無い同心シリンダーによって形作られます。 テンペで、 Motorola の実験室のアリゾナ機能、ルースチャン研究者、 Islamshah Amlani、ジョン Tresek、およびラリー Nagahara は単一囲まれたカーボン nanotubes として知られているカテゴリに焦点を合わせています。 名前が意味すると同時に、これらは炭素原子の単一シリンダーだけから成り、各 nanotube に 1-5 ナノメーターか人間の毛髪の直径約 1 1 万分の 1 の小さい直径があります。

早い研究は CNTs に非常に有望な機械および電気特性があることを示します。 CNTs を調査している科学者はわずか重量で鋼鉄より強い多く 100 倍でもいいことを報告しました。 他の調査は半導体の変化は小さいおよび速くケイ素となされるより慣習的な物ことができるトランジスターに可能性としては使用するが CNTs の金属変化に現在の運送機能が銅のそれかける以上 100 あることを示しました。

CNT ベースの装置技術と関連付けられる基板の特定の特性が付いている nanotubes の配置の制御に技術的な挑戦の 1 つはあります。 Motorola の実験室のチームは慣習的な半導体の加工の技巧と互換性がある (CVD)非常に平行方法の基板で前もって決定された位置で個々の単一の囲まれたカーボン nanotubes を置くことができる化学気相堆積を使用して技術を開発しました。 なお、チームはこれらの nanotubes のほぼ 90% が実際のところ半導体であることが分りました。 そのような結果は CNTs を使用して超小さいトランジスターの成長のアレイで重要な一歩前進を提供します。 この作業の細部は Nano 文字 (2003 年のボリューム 3、 731-735) の Motorola の実験室の研究者によって出版され、また 2003 年の電子工学材料の会議で示されました。

「CNTs ナノテクノロジーとして知られている緊急時の科学技術領域の非常に重要な役割を担うことができます」は Motorola の実験室で Nanoelectronics の研究活動を導く光線 Tsui を言いました。 「ナノメーターの政体および非常に高い長さに直径の比率、 CNTs の直径といくつかのアプリケーションの異常なパフォーマンスを実現するのに開発されてできる一義的な特性を持って下さい。 タイプの制御および CNTs の位置の高度をこの技術を進めることで重大持っていることはです」と Tsui は付け加えました。 進められたトランジスターの単一囲まれたカーボン nanotubes に基づいて超高感度の化学薬品/生物的センサーを発達させるために研究に加えて、 Motorola の実験室はまたアリゾナ州立大学で研究者と協力しています団結します。 Motorola の実験室の他のグループは高明るさのフラットパネルディスプレイのための CNTs の使用を研究しています。

更に成長を改善するために CVD の技術のために、 Motorola の実験室団結します新しい電子回折の技術によって原子解像度イメージ投射を開発するためにアーバナ平原でイリノイ大学から教授 Jian 分 Zuo によって導かれる研究者とまた協力して制御して下さい。 結果は科学 (2003 年のボリューム 300、 1419-1421) で、また応用物理の文字 (2003 年のボリューム 82、 2703-2705) で現われたペーパーで論議されました。 従ってこの技術を使うと、研究者は構造特性の非常に正確な情報に終って 0.1 ナノメーターに解像度を使うと今 CNTs 3 を、大きさに関して見ることができます。 これは CNTs の成長プロセスの監視し、最適化を助けるように強力なツールを提供します。

2003 年 10 月st 21 日掲示される

Date Added: Nov 6, 2003 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 11. June 2013 20:57

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit