Posted in | Spectrophotometers

島津AA - 7000原子吸光分光光度計

島津AA - 7000原子吸光分光光度計

原子吸光分光光度計のAA - 7000シリーズは、あなたの研究室で効率的かつ快適な操作を保証する、高感度分析、柔軟なシステム構成、安全機能の数、およびコンパクトなフットプリントを提供しています。使いやすいソフトウェアと強力なASC - 7000オートサンプラーとの組み合わせでは、AA - 7000シリーズは、強化された火炎と炉の解析のためのあなたの選択です。

機能

  • ダブルビーム光学系と安定したハードウェアは優れた安定性を実現
    AA - 7000シリーズ"新開発の3次元光学系は、火炎と炉の検出の両方で最大のパフォーマンスを製造することが可能です。これは、光ビームの最適な調整とデジタルフィルタを介して、および光損失を制限する光学部品を用いることにより達成される。
  • 検出のワールドクラスの下限を達成
    光学の進歩と新たな黒鉛炉の設計は、炉の解析のための検出の改善下限を(以前の島津のモデルとの比較)を達成。この優れた分析性能は、すべてのフィールドで可能です。
  • デュアルバックグラウンド補正機能
    最適なバックグラウンド補正法、高速自己反転法(SR法)と重水素ランプ法(D2法)は、標準としてインストールされます。
  • 高度な安全技術
    安全性は、アセチレンガスを用いて火炎原子吸光分光光度計のための極めて重要な考慮事項です。 AA - 7000シリーズ機器は、標準として振動センサを搭載した世界初のものです。彼らはまた、ガス漏れ検知器を含む、安全機構の包括的な範囲を組み込む。
  • 構成の柔軟性
    AA - 7000Fに付いている場合、オプションのAAC - 7000オートアトマイザーチェンジャーは、恒久的に燃焼室内にインストールされたままの積分バーナーと炉を作成します。それは、アトマイザーの単位を変更することなく、高濃度サンプルの火炎の解析と微量試料の炉の分析の両方をサポートしています。アトマイザーとの一体構造では、スペースを節約できます。 。

AA - 7000シリーズは、システムが分析の対象を処理できるようにユニットを追加することによってアップグレードすることができます。

Last Update: 4. October 2011 10:06

Other Equipment by this Supplier