カールツァイスからのマーリンフィールド放出走査型電子顕微鏡 (FE-SEM)

カールツァイスからのマーリンフィールド放出走査型電子顕微鏡 (FE-SEM)

マーリン FE-SEM は解像度と分析的な機能間の対立を克服します。 マーリンのコアは、二重コンデンサーシステムと、 0.8 ナノメーターの解像度を達成する高められたジェミニ II コラムです。 300 までの nanoamperes のサンプル流れはエネルギーおよび波長の分散 X 線分光学 (EDS および WDS)、 backscattered 電子 (EBSD) の回折の分析または cathodoluminescence の生成のような分析的な目的のために使用できます。

十分に以前行うことができなかったタスクのための詳しい解決の広い範囲を持つユーザーをシステム支援。 この達成の基盤はカールツァイス 「完全な検出システム」によって築かれました。 これは表面イメージ投射のための内部レンズ SE の探知器、物質的な対照のための内部レンズ EsB の探知器および広く分散させた backscattered 電子のための AsB の探知器から成っています。 後者はサンプルの水晶オリエンテーションの特定の情報を含んでいます。

マーリンの一義的な料金の補償システムはまた非導電サンプルの高解像イメージ投射を可能にします。 サンプルの表面で集まる電子は窒素の良いジェット機によって掃除されます。 その際に、マーリンの完全な検出システムは使用することができます。 料金の補償のためのシステムの追加機能は純粋な酸素のためのチャネルで in-situ サンプルクリーニングを可能にします。 従って真空槽の頻繁に行われるカーボン・ディポジットの中ではサンプル表面から除去され、かなりよりぱりっとした、 contrasty 画像を作り出します。 オプションは両方ともユーザーサンプル準備に時間をおよびお金が投資するかわりにサンプルのイメージ投射そして分析に集中するようにします。

マーリンの新しい電子システムは適用範囲が広い器械構成を可能にします。 追加探知器はすぐに改装することができま成長する条件にシステムを適応させることをユーザーを許可します。 さらに、この柔軟性は投資を未来防止にし、ユーザーを進行中の探知器の開発から長期に寄与することを可能にします。

Last Update: 12. October 2012 10:46

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask the manufacturer of this equipment or can you provide feedback regarding your use of this equipment?

Leave your feedback
Submit
Other Equipment by this Supplier