NTEGRA スペクトル - AFM/共焦点のラマン及び NT-MDT からの蛍光性/SNOM/TERS

NTEGRA スペクトルはスキャンのプローブの顕微鏡および分光学を分散させる共焦点の顕微鏡検査/冷光およびラマンの一義的な統合です。 巨大な先端によって高められるラマンの効果のためにそれを分散させることはラマン分光学を遂行し、解像度 50 まで nm の画像を得ることを割り当てます。

NTEGRA スペクトルだけソフトウェア、ハードウェアおよびインタディシプリナリ・サイエンスに分子レベルで概念の点では Renishaw の分光計の解決を十分に技術的な統合されたに与えます。 そのような連合の結果として、研究者はデータ収集および分析に焦点を合わせることを可能にする調査の最適効率そしてより多くの時間を得ることができます。 従って言うことは安全です: 実質の統合はちょうど組合せよりよいです。

共焦点の光学顕微鏡検査/分光学システム
nanolaboratory NTEGRA スペクトルは共焦点のスキャンレーザーの分光計、光学顕微鏡およびユニバーサルスキャンのプローブの顕微鏡を結合するシステムです。 システムはラマン冷光スペクトルおよび光散乱の空間的な 3D 分布の登録のモードではたらくこと、また nanoindentation、 nanomanipulation および nanolithography が含まれているさまざまなスキャンのプローブの顕微鏡検査のモードが可能です。

スキャンのプローブの顕微鏡検査システム
光学観察と共に、 NTEGRA スペクトルは一組の SPM 方法が付いている目的を調査することを割り当てます: AFM、 MFM、 STM のスキャンほぼフィールド光学顕微鏡検査、力の分光学。 1 つの装置の光学およびプローブ方法の一義的な組合せは光学的性質および機械の、電気および磁気特性データと重複した目的の化学の分布で情報を研究者に与える複雑な実験を遂行することを割り当てます。

回折限界を越える光学的性質の調査のためのシステム
nanolaboratory NTEGRA スペクトルの区別機能は回折限界を越える目的の光学的性質を調査する機能です。 ローカル先端によってラマン高められる分散のスキャンほぼフィールド光学顕微鏡検査そして効果は光学的性質の分布 (光通信、光散乱、軽い分極、等) をマップする、また平らな X-Y 解像度 50 まで nm の分光学を分散させているラマンを遂行するツールを研究者に与えます。

Last Update: 3. September 2014 11:53

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask the manufacturer of this equipment or can you provide feedback regarding your use of this equipment?

Leave your feedback
Submit
Other Equipment by this Supplier
Other Equipment