NTEGRA スペクトル - AFM/共焦点のラマン及び NT-MDT からの蛍光性/SNOM/TERS

NTEGRA スペクトル - AFM/共焦点のラマン及び NT-MDT からの蛍光性/SNOM/TERS

NTEGRA スペクトルはスキャンのプローブの顕微鏡および分光学を分散させる共焦点の顕微鏡検査/冷光およびラマンの一義的な統合です。 巨大な先端によって高められるラマンの効果のためにそれを分散させることはラマン分光学を遂行し、解像度 50 まで nm の画像を得ることを割り当てます。

NTEGRA スペクトルだけソフトウェア、ハードウェアおよびインタディシプリナリ・サイエンスに分子レベルで概念の点では Renishaw の分光計の解決を十分に技術的な統合されたに与えます。 そのような連合の結果として、研究者はデータ収集および分析に焦点を合わせることを可能にする調査の最適効率そしてより多くの時間を得ることができます。 従って言うことは安全です: 実質の統合はちょうど組合せよりよいです。

より多くの情報のためのパンフレットをダウンロードして下さい

共焦点の光学顕微鏡検査/分光学システム
nanolaboratory NTEGRA スペクトルは共焦点のスキャンレーザーの分光計、光学顕微鏡およびユニバーサルスキャンのプローブの顕微鏡を結合するシステムです。 システムはラマン冷光スペクトルおよび光散乱の空間的な 3D 分布の登録のモードではたらくこと、また nanoindentation、 nanomanipulation および nanolithography が含まれているさまざまなスキャンのプローブの顕微鏡検査のモードが可能です。

スキャンのプローブの顕微鏡検査システム
光学観察と共に、 NTEGRA スペクトルは一組の SPM 方法が付いている目的を調査することを割り当てます: AFM、 MFM、 STM のスキャンほぼフィールド光学顕微鏡検査、力の分光学。 1 つの装置の光学およびプローブ方法の一義的な組合せは光学的性質および機械の、電気および磁気特性データと重複した目的の化学の分布で情報を研究者に与える複雑な実験を遂行することを割り当てます。

回折限界を越える光学的性質の調査のためのシステム
nanolaboratory NTEGRA スペクトルの区別機能は回折限界を越える目的の光学的性質を調査する機能です。 ローカル先端によってラマン高められる分散のスキャンほぼフィールド光学顕微鏡検査そして効果は光学的性質の分布 (光通信、光散乱、軽い分極、等) をマップする、また平らな X-Y 解像度 50 まで nm の分光学を分散させているラマンを遂行するツールを研究者に与えます。

アプリケーション

AFM ラマンが付いているリチウムイオン電池の性格描写

携帯電話のような多くの携帯機器のためのリチウム電池、電力源、ラップトップ、カムコーダー、等は電気手段および宇宙航空および軍アプリケーションでも使用されます。 リチウム電池の開発は急速に進んでいます。

再充電可能なリチウム電池の電極の構造性格描写のための最も貴重な方法はラマン分光学および原子力の顕微鏡検査です (AFM)。 このアプリケーションノートは AFM を使用して LiCoO の陰極および2 NT-MDT からの NTEGRA スペクトルのラマン技術の性格描写を示します。 同じサンプル領域からの AFM およびラマン画像は同時に捕獲されます。

AFM ラマンが付いている薬剤表の表面の分析

原子力の顕微鏡検査のラマン分光学の統合はイメージ投射の新しい機能の広い範囲および医薬品の性格描写を開きます。

AFM の地形はラマン分析が基、化合物および分子 conformers の識別を可能にする間、結晶粒度、形、オリエンテーションおよび分布の情報を提供します。

これら二つの技術を結合することは強力で分析的なツールを作成しま、単一の器械内の医薬品で集まるように莫大な量データがします。

結合された AFM および共焦点の光学分光学を用いる複数の接続点の太陽電池の分析

nanoheterostructures に基づく複数の接続点の太陽電池に観察される高性能の一部があります。 セルは感光性表面からの基板に bandgap エネルギーで減る異なった半導体材料のいくつかの層から成っています。

しかし各層は非常に高い総合効率に終って太陽スペクトルの別のセグメントからエネルギーを、 - 捕獲します、総合効率は悪実行層限定され、 in-situ 個々の層の動作を特徴付けることは挑戦的である場合もあります。

この調査は subcell それぞれのパフォーマンスを別に監視するのに NTEGRA スペクトルが使用することができることを示しました。 AFM の機能の包含は大いにより広い一組の診断データが単独で光学分光学の技術の使用と比較されるサンプルで集まることを可能にします。

主出版物

  1. トップ照明を使用して Nanoscale の化学イメージ投射はラマン分光学を先端高めました。 J. Stadler、 T. Schmid、および R. Zenobi の Nano 文字 (2010 年の) J. Stadler、 T. Schmid、 R. Zenobi の Nano 文字 (2010 年)

  2. 化学三角波の針を見つけること: カーボン nanotubes の混合物を調査するために分散している先端高められたラマン。 A. Chan 及び S. Kazarian のナノテクノロジー 21 (2010 年の) A. Chan、 S. Kazarian のナノテクノロジー 21 (2010 年)

  3. 単層の Graphene の Nanoscale の化学イメージ投射。 J. Stadler、 T. Schmid、 R. Zenobi のアメリカ化学会 2011 年

  4. ラマン先端高められた分光学による nano スケールの SiGe の構造のイメージ投射および緊張の分析。 P. Hermann、 M.Hecker、 D. Chumakov、等、 Ultramicroscopy 2011 年

  5. 好中球の myeloperoxidase によって低下するカーボン nanotubes はより少ない肺の発火を誘導します。 V.Kagan、 N. Konduru、 W. Feng、等、性質のナノテクノロジー 2010 年

Last Update: 13. January 2015 12:49

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask the manufacturer of this equipment or can you provide feedback regarding your use of this equipment?

Leave your feedback
Submit
Other Equipment by this Supplier