Nanomechanical の特性の測定システム - マイクロ材料から有利な NanoTest

Nanomechanical の特性の測定システム - マイクロ材料から有利な NanoTest

マイクロ材料株式会社からの NanoTest 新しい有利なシステムは nano スケールの機械テストの範囲を提供しま、物質的なパフォーマンスの完全な映像を構築することを研究者を許可します。

、 NanoTest の器械の前の生成の一義的な機能のこのシステム造りは 2011 年 6 月に進水させて、の点では最適化され:

  • パフォーマンス
  • スループットの速度
  • 使い易さ

有利な十分に自動化された NanoTest は 24/7 を働かせることができま同時に取付けられるようにサンプルの範囲がします。 器械は 5 分の ` の台紙に測定を」割り当てるようにオペレータ時間最小化されることを保障します設計され。

測定技術

Nanoindentation

  • 測定の硬度、係数、粘弾性がある動作
  • 硬度、深さの係数の変化を調査して下さい
  • 関心領域を渡る機械特性をマップして下さい
  • 使用できる準静的およびダイナミックなテスト

Nano 影響および疲労

  • ひびおよび疲労の動作を調査して下さい
  • 係数を弱める材料を測定して下さい
  • 高い歪み速度の動作を調査して下さい

Nano スクラッチおよび摩耗

  • 重大なスクラッチロードおよび摩擦特性を査定して下さい
  • 摩耗の予言のための障害にサイクルを調査して下さい

Nano 悩むこと

  • 加速される摩耗テストを交換します
  • 高いサイクルの調査 (1まで ,000,000 のサイクル) を許可する低い接触圧力

本当の ` のインサービス」特性を査定するために環境条件を制御して下さい

物質的な特性はローカル環境の特性に応じて非常に変わることができます。 有利な NanoTest は研究者が条件の次の範囲の下で彼らの材料を特徴付け、最適化することを可能にする唯一の器械です:

  • 750ºC への高温 nanoindentation、 nanoscratch および nanoimpact
    等温の接触を保障するためにサンプルおよびプローブは両方熱されます
  • -30ºC への低温の nanoindentation そして nanoscratch
    安定性を保障するためにサンプルおよびプローブは両方冷却されます
  • 液体で浸されてサンプルおよびプローブが
    液体の範囲は nanoindentation および nanoscratch と互換性がある使用することができます。
  • 減らされた酸素清浄にされた条件
  • 制御された湿気のレベルの下

アプリケーション

NanoTest は世界中最も著名な実験室および研究所で使用中です。 最先端の研究に焦点を合わせて、器械は応用範囲でのような使用される材料およびコーティングの性格描写そして最適化のために使用されます:

  • 大気および宇宙空間、
  • 自動車
  • 生物医学
  • 製陶術
  • 構築
  • ガラス
  • 金属および合金
  • マイクロエレクトロニクス MEMS
  • 医薬品
  • ポリマー
  • 半導体
  • 耐久力のあるコーティング

Nano スクラッチテスターのメカニズム

導入

薄膜および測定コーティングの tribological パフォーマンスおよび機械特性で約 1 つの µm に nm 厚く最適化することは重要少数の測定ををです。 これは通常両方乱切法および刻み目を組み込むことによって実行されます。 標準乱切法の状態は検査のより厚いコーティングのために作り出されたそのような材料のために適していません。 nano スクラッチおよび摩耗のモジュールは代りに最も適すると考慮されます。

それがどのように働くか

分析されるべきサンプルはスクラッチプローブへ置かれた垂直であり、接触はユーザが定義するレート (図 1) に増加したか保たれた定数です。 テストプロセス全体、摩擦か接したロードおよびプローブの浸透深さは絶えず観察されます。 単一および複数パステストを遂行することは可能です。 複数パステストはマイクロ摩耗および nano 摩耗の検査を可能にします。

高いロードの Si の µm の TiFeN の 1.5 のフィルムの 500 の mN ショーの挫屈破砕への図 1. 増加したスクラッチ。

nano スクラッチおよび摩耗のモジュールは tribological コーティング、ポリマー/生体材料、マイクロエレクトロニクスおよび光学企業で広い応用範囲を備えています。 モジュールはオプションまたはスタンドアロン器械 (nano スクラッチテスター) として NanoTest の有利なプラットホームのために使用できます。

ベースラインのサンプル地形を修正される増加したスクラッチ

図 2 は 2 µm/s スキャン速度で 150 の µm トラックを渡る 3 つの µm の端の半径のプローブのスキャンを用いる乱切法を描写します。 超低い接触力がベースラインのサンプル地形を分析するために前スクラッチスキャンを実行するのに使用されました。 赤線はオンロードプローブの深さを明記しま、プラスチックおよび伸縮性がある深さを表します。 ロードは 20 µm の後で 2.5 mN/s で高められます。 黒いラインはスクラッチロードの取り外しの後で残りの (プラスチック) 深さを明記します。 これは最初のサンプル地形のために変わりました。 摩擦測定は全体のプロセス全体それから行われます。

図 2。 2 µm/s. のスキャン速度で 150 の µm トラックにスキャンする 3 つの µm の端の半径のプローブが付いている乱切法。

マイクロスクラッチテスター

マイクロスクラッチ、またマイクロ摩耗のテストは 20 の N ロード範囲マイクロスクラッチテスターを使用して行うことができます。 摩擦測定は全体のプロセス全体行われます。

Other Equipment