DME BRR の顕微鏡 - 結合された表面のスキャンの測定のためのハイブリッド SEM/AFM

DME BRR の顕微鏡 - 結合された表面のスキャンの測定のためのハイブリッド SEM/AFM

DME からの BRR の顕微鏡は原子力の顕微鏡が付いている走査型電子顕微鏡の統一です。 それは両方のコンポーネントのためのパフォーマンス暗号漏洩両方の世界のベストを結合します。 次の特性は BRR の顕微鏡に世界的で一義的なシステムをします:

  • DME UHV AFM およびカールツァイス Auriga® の大梁ワークステーションに基づかせています

  • SEM および他愛ない嘘の大梁ポイントは片持梁先端にあります。 サンプルスキャンナーとしてデザインはスペースのそしてサンプルの同じポイントですべての 3 つの技術の組合せの測定を丁度可能にします

  • SEM および AFM の両方コンポーネントのための単一のソフトウェアインターフェイス

  • 5 つの mm の最小 SEM の作動距離を保っている間 0° からの 85° への SEM の視野角

  • 片持梁先端およびサンプルは 0° および 54° 位置の他愛ない嘘によって、サポートされる他愛ない嘘によって削る in-situ 先端達することができます

  • AFM および SEM の画像の共通のデータ記憶

  • ユーザー exchangable SEM のドアによる AFM と Auriga® の標準機能性間のサポート容易な変更

  • すべての標準 AFM の片持梁、必要な能動態のプローブ無しの使用による無制限の機能性

  • すべての共通 AFM の操作モードをサポートします

  • 三次元単一の原子解像度のために設計されている非常に安定したスキャン単位

  • 片持梁変更の自動レーザー/探知器のアラインメント

  • 簡単なドア交換によって可能な BRR の機能性へのある Auriga® SEMs のアップデート

  • スキャンナーの指定: スキャン範囲 (Z) 10 X X-Y x の µm X の 10 µm X 1 つの µm、すべての 3 つの次元で亜原子実質の解像度

BRR の AFM のコンポーネントは 5 つの mm の SEM のコラムのための非常に短い作動距離を割り当てるために採用された古典的なレーザーの偏向の検出が装備されています。 この作動距離を保っている間可能に平面図および側面図を両方させるために、 AFM はへの 85°、 0° から約傾けることができます。 先端からのサンプルへの非常に短い機械ループは安定性が高い保証します。 スキャンナーはすべての 3 つの次元の実質の単一の原子解像度を提供します。

大事なことを言い忘れたが統合ソフトの前陣保証安全のおよびスムーズな作業の流れ、また異なったタイプの測定データのサポート容易なコレクションそして組合せ。

Last Update: 15. July 2013 04:44

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask the manufacturer of this equipment or can you provide feedback regarding your use of this equipment?

Leave your feedback
Submit
Other Equipment by this Supplier