Cryo SEM 準備システム - 定数の技術からの PP3010T

Cryo SEM 準備システム - 定数の技術からの PP3010T

PP3010T は SEM、 FE-SEM および FIB/SEM のほとんどのために適した非常に自動化された、使いやすく、コラム取付けられた、ガス冷却式の cryo の準備システム作り、模倣しますです。 PP3010T に急速に標本をフリーズし、処理し、転送するのに必要とされるすべての機能があります。 aQuilo の cryo の準備区域は turbomolecular ポンプでくまれて、冷たい折る、制御された自動昇華のためのツールを含み、コーティングを放出させます。 処理の後で、標本は観察のための非常に安定した SEM の冷たい段階に cryo の準備区域から転送されます。 cryo の準備区域および SEM 区域の冷たい装飾は全プロセスが自由な霜であることを保障します。 標本のプロセス時間は 5 のそして 10 分の間に普通です。

PP3010T の主要特点:

概要:

  • SEM、 FE-SEM および FIB/SEMs の高リゾリューションパフォーマンス
  • aQuilo のガス冷却式の cryo の準備区域
  • 効率的な冷却 (普通最少190°C) でに
  • LN2 の 1 つの盛り土の実行時間 24 時間まで - 監督無しの夜通し操作を許可すること
  • 大きい調理法によって運転されるタッチスクリーンインターフェイス
  • 自動化された昇華、コーティングおよびシステムは開始します
  • すばらしい標本の可視性 (を含む準備区域 CCD のカメラ)
  • SEM と完全に対応する 5kV まで減速/段階のバイアスモードを発して下さい
  • 冷却し、ポンプでくむコラムを離れて - SEM の最小の大容量
  • 画面上のデータロギングおよび診断
  • cryo の転送装置の真空の記憶
  • Prepdek™ワークステーション - はめ込み式作業域、必要な余分ベンチスペース
  • 専門家サポートおよび 3 年の保証

aQuilo の cryo の準備区域

  • 顕微鏡の幾何学に応じて、単一の顕微鏡区域に適合は移植します - コンパクトなインストールは、顕微鏡ポートを自由に使えるようにします
  • 直接 - 霜なしの転送および使い易さのために必要な顕微鏡に取付けられる
  • 統合された弁 - 高められた真空パフォーマンス
  • ガス冷却式の冷たい段階および冷却トラップ - -190°C に冷却する急流 -- はまたは下がります
  • ターボポンプ施設管理は以外コラム - SEM のより少ない大容量 -- を見つけました
  • 風邪場合の典型的な真空: 10-6mbar は SEM の常に高真空にまたは - 高真空への標本の転送をよくします
  • 最高の標本の可視性 - 大きい前窓、上の観覧ポートおよび多重 LED 区域の照明
  • 標本の観察 - もはや必要とされる扱いにくい双眼のための準備区域 CCD のカメラ
  • 自動化された高リゾリューションは定数の市場導く 「Q」シリーズ技術を使用してコーティングを放出させます
  • 折る/標本の処理装置

Last Update: 14. November 2012 07:17

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask the manufacturer of this equipment or can you provide feedback regarding your use of this equipment?

Leave your feedback
Submit
Other Equipment by this Supplier