アムテックシステムは、太陽受注に続くもので、300万ドルを受け取る

Published on March 11, 2009 at 10:50 PM

アムテックシステムズ社(NASDAQ:ASYS)、生産自動化システムや太陽電池、半導体、シリコンウェーハの製造に関連する消耗品のグローバルサプライヤーは、本日、同社の太陽電池子会社、テンプレスシステムズ社は、受信したことを発表しました。二つの新しい顧客、アジアに位置し、両方からその拡散処理システムのための太陽受注に続くもので約3百万ドル。

JSむちで打つこと、アムテックの社長兼最高経営責任者(CEO)は、"我々は、これら二つの順序の後続で示したように、受容と私たちの太陽系の製品への需要が引き続き表示、コメント。さらに、我々の製品と我々はミュンヘンで先週の太陽光発電ショー、ドイツ中と周りに生成された高品質の見通しが引き続き高い関心を持って満足しています。この月の四半期ではすべての企業にとって困難であったが、我々は我々の太陽系の成長計画を実行に集中し続けていると太陽電池市場における長期的な成長機会について楽観的であり続ける。"

アムテックシステムズ社は、シリコンウエハのハンドリングの自動化、熱処理設備や太陽電池や半導体デバイスの製造に使用される関連の消耗品を含め、資本設備を製造しています。半導体、または半導体チップは、太陽電池、コンピュータ、通信機器、自動車製品、消費財、そして産業用オートメーションなど、シリコンウェーハ基板上に作製インゴットからスライスされ、回路の一部、または電子部品であり、多くの製品がされており、制御システム。当社のウェーハ処理、熱処理および消耗品は現在、太陽電池の製造、半導体、MEMSと新たにスライスされたシリコンウェーハの研磨に使用される拡散、酸化、堆積ステップに対処する。

Last Update: 6. October 2011 03:55

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit