Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

マルバーンの科学者は、DLSを用いてサブNanometreの粒子サイズを測定するための実験的プロトコルを発表

Published on March 30, 2009 at 6:23 PM

ナノ粒子研究のジャーナル(ボリューム10、番号5、2008年5月)に掲載された論文では、で働いていた科学者マルバーンは、 0.1nmの精度で、1nm未満の流体力学的粒子径を測定するための実験プロトコルを発表した。

仕事は粒径の測定に動的光散乱(DLS)を使用してマルバーンゼータサイザー粒子特性評価システムを、使用して実施した。その光学構成は、最適化された光ファイバの構成との組み合わせで高感度検出器を構成する、達成卓越した感度の重要な要素でした。

明らかにその非常に正確な、検証可能なサブナノメートルの測定値を示す、モデル材料としてスクロースを取った結果、可能になりました。紙の"動的光散乱を用いて測定サブナノメートルのサイズ"、Kaszuba、M.らは、現在オープンアクセスとオンラインで入手可能です、そして自由にマルバーンのウェブサイトからダウンロードできる関連アプリケーションノートがあります。

粒径は、多くのアプリケーションに品質の重要な尺度であり、そして科学の進歩は、ますます小さな粒子、および分子を制御するための要件を生成している。医薬品開発では、例えば、タンパク質は、しばしば医薬品有効成分として使用され、ナノメートルサイズの範囲内の粒子を特徴付けるのに十分な敏感な技術のニーズが高まっていますされています。スクロースは、仕様の限界で、システムと技術の能力に自信を与えるために、極端な例として選ばれた。

DLSは、拡散係数と粒子の大きさを測定するために散乱レーザ光の強度に時間依存変動を分析する。この調査研究は、入念なサンプル調製と適切な光学構成で、ゼータサイザーナノSは、正確に、サブナノメートルスケールで粒子サイズを測定する、ことを示しています。これらの結果は、小分子の品質管理を必要とする現在および将来のアプリケーションに非常に重要です。

アプリケーションノートの訪問をダウンロードするには: http://www.malvern.com/sucrose

:ダウンロードに発表された論文は、に行くhttp://www.springerlink.com/content/4222wpl027319861/?p=9f9d3498756141dba9f6d89ed5be64ac&pi=10

Last Update: 5. October 2011 08:32

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit