矢印はカーボン Nanotube の技術の主導株の所有権を高めます

Published on April 6, 2009 at 7:33 AM

Arrowhead Research Corporation (NASDAQ: ARWR) 会社が大半所有の子会社の Unidym、 Unidym のシリーズ A 優先株のある特定のホールダーとの株式取引所 (「一致」) による Inc. の所有権を高めることに同意する持っていることを発表される。 Unidym シリーズ A 優先株の各分け前は Unidym の普通株の 1.68 の分け前に変換可能です。 Unidym は表示の近い将来の焦点との高い値カーボン (CNT) nanotube の生産そしてアプリケーションの主導株、です。

一致の下で、矢印はホールダーと Unidym シリーズ A 優先株の 1,564,610 の分け前の総計のために矢印の普通株の 1,564,610 の制限された分け前の総計を交換しています。 一致は交換された矢印の在庫の販売で 1 年をロックします提供します。 一致の結果として、 Unidym の矢印の所有権は 51.5% から 58.1% に増加します。

「私達は前に進む矢印については重要な値の発電機として Unidym を見このトランザクションは私達が現金を費やさないで私達の上限の能力を高めることを可能にします」クリストファー Anzalone 示された先生、矢印の社長兼最高経営責任者。 「私達は主要な LCD および接触パネルの製造業者との戦略的なパートナーシップそして共同開発の一致のハイエンドの、専有 CNT 材料そして確立の商業販売の Unidym の進歩と去年喜びました。 Unidym の技術に太陽エネルギーおよび印刷できる電子工学のような多様な企業の追加アプリケーションによって相当なタッチスクリーンおよび LCD の市場、および長期の近い将来の機会の電子産業の分裂的な力、である潜在性があります。 私達は Unidym の未来の成功の高められた参加に順方向に見ます」。

Last Update: 14. January 2012 05:03

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit