Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

Nanopattern DPN 作成されたチップは幹細胞の微分の並ぶものがない制御を提供します

Published on May 5, 2009 at 10:39 AM

リヴァプール大学のティッシュ工学 (UKCTE) をイギリスの中心の教授が予想でき、再生可能な方法で同種の nanopattern biochips および制御セル機能性を作成するために NanoInk の専有すくいのペンの Nanolithography® (DPN®) の技術にてこ入れする進行中の、共同の研究計画の結果を示すことをジョン Hunt NanoStem のセル、 NanoInk、今日発表される Inc. の部分。 グラスゴー、スコットランドの Strathclyde の大学の分子 NanoMetrology の中心のダンカングラハム教授はまたプロジェクトで協力しています。 教授ハンチングはヒューストン、テキサス、 5月7日木曜日への 5月3日日曜日で保持される NanoScience の技術の協会の Nanotech の会議 + 博覧会 2009 年でこのエキサイティングなデータを示します。

データは DPN 作成された nanopattern チップがパターンの化学そして地形によって目標とされた一次電池のタイプの同種の人口に大人の幹細胞を画一的な形式で保つこと、また微分を誘導することを含む幹細胞の微分の並ぶものがない制御を、提供すること強調します。

「私達の DPN の nanopatterning 技術の私達の共同の努力そして使用によって、私達は薬剤を提供でき、薬剤の発見のための区別された幹細胞の同質な人口の大きく、回復可能なソースへのアクセスを用いるバイオテクノロジーの会社、薬剤の開発および高いスループットスクリーニング」、 Haris Jamil を NanoInk の NanoStem の細胞分裂の副大統領言いました。

「私達は私達がこのプロジェクトで生成している結果について非常に興奮します」、教授を言いましたジョン Hunt、 UKCTE。 「NanoInk のセルの機能表現型に定義された人口に開発のための幹細胞の指導そして制御のために適した環境を示すのに専有すくいのペンの Nanolithography の技術が」。は使用することができることをデータ示します

「今まで生成されるプロジェクトおよびそれに続くデータは印象的です。 このプロジェクトに大きい潜在性があり、述べている確定的に価値があります」教授を言いましたダンカングラハムの Strathclyde の大学の分子 NanoMetrology の中心。 「この共同の各コンポーネントですプロジェクトを進めることおよび薬剤の発見、薬剤の開発および再生薬の明確な結果を生成することで必要」。は

「私達がこのエキサイティングな努力で生成している結果相当な原価節約を生成します」、はジェームス M. Hussey、 NanoInk の経営最高責任者を言いました。 「しかしもっと重大に、研究は私達を処置に」。再生アプローチを必要とするかもしれない患者にオプションを提供することの方により近いステップ移動します

プロジェクトの結果はグラスゴー、スコットランドの Strathclyde の大学で NanoInk 間の共同研究そして使用許諾契約、分子 NanoMetrology のリヴァプール、イギリスおよび中心のリヴァプール大学の UKCTE を詳しく述べる 2009 年 3 月の発表に続きます。

教授ハンチングの提示は部屋 370BE のジョージ R. ブラウンのコンベンションセンターに 10:30 AM の本部に 5月6日水曜日に、あります。

NSTI Nanotech の会議及び博覧会 2009 年についてのより多くの情報のために、 www.nsti.org/Nanotech2009/ を訪問して下さい。

Last Update: 14. January 2012 02:55

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit