Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

三鷹光器とデジタルサーフは、レーザープローブ3次元測定装置の三鷹光器のNH -シリーズ用の新ソフトウェアを発表

Published on May 14, 2009 at 6:04 AM

三鷹光器デジタルのサーフデジタルサーフの山々の技術に基づいてそのMitakaMap表面解析ソフトウェアを発表し、三鷹光器からNH - 3SPレーザープローブ3次元測定装置と他のNHシリーズの機器で供給されます。

MitakaMapの表面解析ソフトウェアを実行している三鷹光器のNH - 3SPレーザープローブ3次元顕微鏡

高精度NH - 3SPは、1ナノメートルと10ナノメートルの横分解能の垂直解像度で、表面のあらゆるタイプのジオメトリと粗さを測定し、非接触三次元表面計測を提供します。ノイズを最小限に抑える革新的なオートフォーカスレンズの位置合わせシステムを組み込んだ、それは最大で80℃と優れた再現性の斜面に正確な測定を提供します。

NH - 3SPの測定結果と国際的な粗さの規格(NISTおよびPTBを含む)の間に強い相関は、測定器が、高アスペクト比と接触の方法を使用して測定することができない脆弱な面で表面を測定するため、測定面の両方に適していることを意味します伝統的に接触器を使用して測定されます。多数のアプリケーションでは、光のパネルが死ぬLCDの測定、非球面レンズ、スクリーン、位相格子、薄膜、狭ピッチコネクタ用パンチ、集積回路のリードフレーム、ハードディスクドライブ、ボールグリッドアレイ、ダイヤモンド砥粒、および多くのためのディンプル成形が含まれています他のサンプル。

MitakaMapソフトウェアは、直感的な多言語デスクトップパブリッシング環境のフレームで表面分析レポートのフレームを作成するために使用されます。レポートが1つの測定データセットに対して作成されると、データが同じタイプのセットのすべての測定が自動的に分析することができます。 OpenGL技術を使用して、3次元表面形状は、どの角度からも確認でき、リアルタイムで操作することができます。解析ソフトウェアは、ISO 25178、面積、表面の質感に関する最初の国際規格、およびISO 16610で定義されている先進的な粗さとうねりのフィルタを定義された新しい3Dパラメータを含む、国際および国内規格で定義されたパラメータを統合します。

粗さの解析に加えて、包括的な分析研究は、深さ分布、ベアリングの比、機能的な音量、3Dモチーフ、穀物&粒子、寸法、等方性と方向性、スペクトル解析(FFTを使用)、および統計情報が含まれます。 MitakaMapはまた、例えば四次元に関するサブ表面分析および3Dサーフェスの進化の分析のために、例えば時間、温度、圧力や磁場のために、最新の山脈技術革新が組み込まれています。

"MitakaMapで我々は前に見ていないこと物事を見ることができる、"勝重中村、三鷹光器の社長は述べています。 "表面解析ソフトウェアは、粗さ、うねりなどの表面特性の正確な計算を組み合わせる詳細なリアルタイム3D表面のビューが用意されています。これは、再生可能エネルギーのための技術をはじめとする新技術において主要な役割を果たし、高いパフォーマンス、機能面を開発するために重要です。"

フランソワBlateyron、デジタルサーフでの山の表面分析事業部のマネージングディレクターは述べ、"MitakaMapソフトウェアの三鷹光器の採用により、レーザープローブ3次元測定装置の彼らのNHシリーズのユーザーはデジタルサーフの山々のテクノロジーが提供する機能のすべての恩恵を受けることを意味します" 。 "山の技術は、継続的に最新の表面計測基準及び評価方法を取り入れるために、プロフェッショナルmetrologistsとソフトウェアエンジニアのチームが進化しています。"

Last Update: 10. October 2011 21:28

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit