Posted in | Microscopy | Nanoanalysis

実験の間の水液浸の自動補給

Published on June 22, 2009 at 8:15 AM

生きているセル研究およびスクリーニングアプリケーションは水溶液のサンプルに主に基づいています、従って水目的の使用はますます重要になっています。 水目的はそのようなサンプルに異常なしの集中を可能にします。 残念ながら従って、水は 37°C で室温で、尚更蒸発し、長期実験に使用することができません。

実験の間の水液浸の自動補給。 小さく、コンパクトデザインはすべての nosepiece の位置の利用を可能にします。

Leica のミクロシステムは今改装し易い進水させ、水液浸対物レンズと生きている有機体の長期実験および生きているセル研究でスクリーニングの実験のために使用することができます水液浸マイクロディスペンサーを。 磁気的に客観的な nosepiece の中心に接続する小さい貯水池から水は目的に取付けられる水帽子に自動的にポンプでくまれます。 コンパクトデザインはすべての nosepiece の位置の利用を可能にします。 訂正のリングはアクセス可能にとどまり、水目的の完全で自由な作動距離は維持されます。 水帽子の特別なデザインが原因で、水滴は大量の段階の動きを含む選別するか、またはマークおよび発見の実験のために、残ります。

貯水池とディスペンサーが顕微鏡および人工気象室で十分に統合されると同時に、水は右の温度に既に、熱くし必要がありません。 貯水池の全体の内容を吸収できる目的のまわりの保護カラーは顕微鏡に得る水を防ぎます。

水液浸マイクロディスペンサーは共焦点、またハイエンド widefield システムのコンポーネントである Leica DMI6000 B の逆にされた顕微鏡のために設計されています。 Leica のミクロシステムの」顕微鏡検査の継続革新は 37°C で生きているセルアプリケーション、長期に高解像水液浸対物レンズの利点を選別の実験持って来。

Last Update: 13. January 2012 23:05

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit