Sokudo の所有権構造を修正する応用材料および Dainippon スクリーンの印の一致

Published on June 23, 2009 at 3:40 AM

合併会社の所有権構造を修正する一致に署名したことを Applied Materials、 Inc. の Nanomanufacturing の技術の解決および Dainippon スクリーン Mfg. Co.、株式会社 (スクリーン) の全体的なリーダーは今日 Sokudo Co.、株式会社発表しました。 一致の下で、スクリーンはコートの 81% を所有し、/能力別クラス編成制度の会社を開発し、そして子会社として作動させ、応用材料は元の 48% の興味からの 19% の興味を、保ちます。 この新しい構造はより正確に両方の株主からの進行中の貢献を反映します。

半導体装置のためのかなり弱められた市場に応じて、 Sokudo の全体的な販売および戦務活動はこの景気環境でより効率的であるために効率化されます。 応用材料はスクリーンおよび会社の共用客層両方に責任の一部としてキーマネージメント、カスタマ・サポートおよび製品開発を用いる Sokudo をサポートし続けます。 応用また Sokudo およびスクリーンを Maydan の技術センターで密接に使用して、未来の共同にそれ以上の機会を提供するとこの同盟が期待します。

_以来形成の合同事業の 3 年前に、 Sokudo は持構築固体位置をのコート/開発トラック市場を基づいてに導入の複数の重要製品、にはじまって Sokudo RF3S システム。 最も最近、スクリーンおよび応用材料の結合された強さを使用して、 Sokudo は高い生産性の処理に世界の最初複線システムを顧客に与える進歩 SOKUDO のデュオシステムをもたらしました。

Last Update: 13. January 2012 23:05

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit