Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

検査します Photovoltaics 工業のさまざまな金属のための機会を報告して下さい

Published on June 24, 2009 at 8:09 AM

NanoMarkets のここに基づいて先導産業のアナリストは今日発表しました 「Photovoltaics のためのインジウム市場のリリースを」。の このレポートは photovoltaics 工業のさまざまな金属のための機会を検査する一連の 「PV の金属」のレポートの 1 つです。 このレポートは電着のためのインジウム含んでいる放出させるターゲット、 nanoparticle ベースのインク、塩および photovoltaics で使用される材料の NanoMarkets の進行中の研究に基づいて他の関連材料の分析そして市場の投射を含んでいます (PV)。 レポートについてのそれ以上の細部は www.nanomarkets.net で使用できます。

PV 工業によるインジウムの消費は次の 8 年にわたって 10 倍に成長します--それより速い成長率はインジウムの支配的なユーザーである表示工業のために期待しました。 NanoMarkets の研究は photovoltaics に使用した量のインジウムが 2016 年に 228 メートルトンに達する (MT)ことを提案します。

この成長を追いやることは薄膜 PV (TFPV) の技術の方に従来の結晶のケイ素 (c Si) からのシフト PV、特に銅インジウムガリウムセレン化物 PV (CIGS) です。 PV 工業によって毎年消費されるインジウムのおよそ 20 トンの現在それの半分より多くは CIGS PV のセルの吸収物の層のために使用されます。 NanoMarkets は CIGS PV のセルはまだ PV のメガワットの 8% だけ表すが 2016 年までに 80% にに上がると CIGS の PV 消費されたインジウムの部分が期待します。

NanoMarkets はまたインクとの電着そして印刷に CIGS PV のセルを製造するのに現在使用される真空沈殿方法からの移を期待します。 これは使用されたインジウム材料の種類に影響を与えます。 放出させるターゲットおよび蒸発のスラグの相対的な消費は電着のためのインジウムの塩およびインクのためのインジウム、インジウムのセレン化物およびインジウムの酸化物の nanoparticles を支持して減ります。 NanoMarkets は 28% の近くで、または 2016 年に CIGS PV のための総インジウムの消費の 52.3 MT が表すと、印刷および電着期待します。

CIGS が PV 工業のインジウムの最も大きい消費者の間、 ITO はまた TFPV の技術の複数で透過電極として使用されます。 NanoMarkets の研究は PV 工業の ITO のためのインジウムの消費が 2011 年に 13 MT から成長することを、提案します 2016 年に 39.4 MT に。

CIGS PV がこの企業内のより顕著な位置を取ること予想と結合された PV 工業の継続超成長はインジウムのための新しい要求のプールを作成します。 このレポートはこの成長がどのように行われ、ものをでこれがインジウムの生産者のために意味するか多くを提供します。 レポートは従来のインジウムに焦点を合わせますが、またインジウム含んでいる合成物のようなより新しい材料の使用を論議します。 レポートは PV 工業の状態の検討から始まり、次に PV セグメントのそれぞれに於いてのインジウムの現在および潜在的な役割に入ります。 最後に、レポートは 8 年の予測によって PV スペースのインジウムのための機会の量を示します。

Last Update: 13. January 2012 22:24

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit