AIXTRON は CESI RICERCA から順序を受け取ります

Published on July 7, 2009 at 4:15 AM

会社がミラノで基づいていた CESI RICERCA、イタリアことをからの 1 つの AIX 2800G4 (15x4」) 惑星の Reactor® システムのための発注 AIXTRON AG 今日発表しました。 順序は 2008 年 12 月に受け取られ、リアクターは第四四半期 2009 年で渡されます。

新しいシステムが汎ヨーロッパ共同、大量生産への新技術の転送をサポートするグラントの一致 213514 の下の第 7 フレームワークプログラム [FP7/2007-2013] の ` の Apollon のプロジェクトの重要部分を」形作る複数の接続点の太陽電池を開発するのに使用されます。 Apollon のプロジェクトの目標は非常に能率的な複数の接続点の太陽電池のための MOCVD の技術の開発そして認識です。

プロジェクトディレクタ Gianluca Timò 先生、 CESI RICERCA のこのプロジェクトのための注釈の Apollon の、 「私達は新しい材料が付いている三重接続点そして複数の接続点の太陽電池をおよび開発しています従って私達は十分な柔軟性の MOCVD システムを必要としました。 デザインによってがそれと完全この点でである AIXTRON 惑星の Reactor® に新しい入口の幾何学およびリアクターデザインへの広いプロセス Windows の感謝があります。 私達はまた容易に私達の新しいプロセスおよび材料のためのシステムを調整できます。 特に、このシステムと新しい水素化合物および metalorganic ソースのテストは簡単です。 私達の開発計画が」。すべての可能性をスムーズおよび効率的に調査できることを高度の in-situ モニタリングの技術とともにそのような機能および倍数 8.5" までの適用範囲が広いウエファー構成は保障します

5 年の持続期間 APOLLON のプロジェクトは単一および離散複数の接続点の技術に基づいている (CPV)高い濃度ポイント焦点および密なアレイコンセントレイタの光起電システムを開発します。 それに 2 €/Wp の最終的な目標原価があります。

CESI RICERCA S.p.A は 2005 年の終わりに確立され、代表団との 2006 年 1 月 1 日以来ずっと電気およびエネルギーフィールドの各国用および国際的なレベルで資金を供給された研究活動を開発するために作動しています。 CESI RICERCA の代表団は各国用の電気システムへ大衆的の研究計画を開発することで応用研究にそして systemoriented アプローチと集中します。 特に、 CESI RICERCA に模倣するセルまで物質的な成長、性格描写および (MJ)テストから始まって - スペースからの…地球アプリケーションに高性能の Multijunction の太陽電池の貴重な経験が - III-V の混合物に基づいて、あります。 会社はまた CPV システム、遠隔コミュニティ帯電のための、また建物に光起電の統合の再生可能エネルギーのハイブリッドシステムの研究そしてデモンストレーションにかかわります。

Last Update: 13. January 2012 21:40

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit