Posted in | Nanoanalysis | Nanobusiness

JPKインスツルメンツは日本での初オフィスの開設を発表

Published on July 7, 2009 at 6:21 AM

JPKインスツルメンツ 、ライフサイエンスの研究とソフトマターのためのnanoanalytic計装の世界をリードするメーカーは、国のマネージャーとして信宏斎藤の任命と一緒に日本の最初のオフィスの開設を発表しています。

信宏齋藤、JPKの新しい日本の営業部長。

日本における成長市場の提供機会の拡大と、JPKインスツルメンツは東京の江東区地区に事務所を開設し、国のマネージャーとして経験豊富なAFMのスペシャリスト信宏齋藤を任命した。ミスター斉藤は電気工学科から学位を取得し、1997年に東京理科大学を卒業。それ以来、デバイスの製造元での作業の後、彼は、AFMに特化東陽テクニカのセールスエンジニアとして計測機器の彼の技術を開発しました。

組織に氏斉藤を歓迎し、JPKの販売部長、ゲルトBehmeは、彼が日本での販売とサポートチームの発展を楽しみにしているという。 "斉藤さんは、高度な技術とアプリケーションを駆動する市場での作業を通して豊富な経験をもたらし、我々は彼が私達と彼のキャリアを継続するために選択した幸せです。"JPKインスツルメンツの目標は、ナノスケールの問題に対処する顧客に提供することです。最先端の技術とユニークなアプリケーションの専門知識を持つナノテクノロジーのツールやライフサイエンスアプリケーションの世界をブリッジすることによって彼らのニーズに最適な金融商品と最高のサービスが。製品の範囲は、次のようなエキサイティングな新しい楽器を含むようにバイオアプリケーション用に特別に設計されたAFMから成長しています世界初の統合型光ピンセットのプラットフォーム、NanoTracker™およびForceRobot ®との分子レベルでの力の相互作用を研究するために自動化されたプラットフォーム。

Last Update: 7. October 2011 16:39

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit