サウジ王室のメンバーとのナノテクノロジーの解決の印の一致の出現の全体的なリーダー

Published on August 17, 2009 at 8:22 AM

Industrial Nanotech、 Inc. (ピンクシート: INTK)、会社がサウジ環境プロジェクト、株式会社、 Abdullah ナノテクノロジーの基材を含んでいる賞獲得の、省エネの保護層の会社の特許を取られた製品種目の HRH の王子のの議長と条約を bin の Mosaad の Bin の Abdulaziz の AlSaud、なぜなら販売および分布結んだおよびカビの生育への断熱材、防食、抵抗、環境的に安全のの耐火性、化学抵抗および鉛のカプセル封入の結合されたパフォーマンス品質を、水ベース提供することを米国 Greenbuilding 議会の全体的な nanoscience の解決および今日発表される研究のリーダーおよびメンバーおよびアメリカの太陽エネルギーの社会は、コーティングの公式。 Nansulate (R) 製品種目は産業、住宅の、農業および太陽断熱材および資産の保護コーティングを含んでいます。

「私達は 2009 年の 3 月以来の領域からの何人かの会社との議論にありました」、スチュワート Burchill、 Industrial Nanotech、 HRH の王子の bin Mosaad の招待で Abdullah Inc. の CEO/CTO を 「、私会いました彼がビバリー・ヒルズで所有する住宅で彼、 2009 年 7 月 16 日に CA と、示します。 会話は非常に友好的、卒直、報知的プロダクティブでした。 私はそれの方の財政援助の製造業の環境的に意識した全体的なハブとしてサウジアラビアの未来の間、企業および財政、レベル今経常収入のストリームから割り当てられる客観的および私達の製品のための途方もない潜在性示された視野と加わる非常に印象づけられました。 一致は会合で署名しました。 私は私の訪問の間に多くの機会この進行中の関係の現在をと私が彼の要求で」。スケジュールしたサウジアラビアで王子と未来の合同事業およびプロジェクトを一緒に論議することに順方向に見ます

Abdullah HRH の王子の bin の Mosaad の Bin の Abdulaziz の AlSaud は王国の顕著なビジネスマンおよび資本家の 1 つです。 彼は大判紙の製造業および米国、ヨーロッパおよび日本国外のペーパー産業機能を処理することの創設者そして議長です。 彼は環境企業のためのサウジペーパー製造会社、サウジリサイクルの会社およびサウジ会社を含んでいるサウジペーパー製造のグループの議長そして CEO です。 彼はのおよび国際的に貿易、サービスおよび投資のセクターサウジアラビアの他のフィールドそして作業でアクティブです。 彼は広く旅し、他の顕著なビジネスマンとサウジアラビアと他の国の間の貿易そして理解を促進するために世界中から働きます。

サウジアラビアの汎用投資の権限の企業方針は (SAGIA)ビジネス促進の環境、知識ベースの社会の作成を通して 2010 と新しい、国際的レベルの経済的な都市の開発によって 「置いています上の 10 の競争の国家間のサウジアラビアを」。 以上 $60十億の費用で、サウジアラビアは全体的な経済的でそして工業中心地であるように計画し、設計されている 4 つの主要な大都会都市を組み立て始め。 経済的な都市のための王国の視野は年次国内総生産の以上 $150十億米国を貢献し、百万のジョブに作成し、 2020 年までに 4-5 百万人の常駐員にホームになるためにです。 地方の強さを利用するために王国のまわりに戦略的に置かれてこれらの都市は現代建物デザインを特色にし、最先端のデジタルおよび技術的な下部組織および国際的レベルのサービスを利用します。 経済的な都市はスマートな設計原理に基づいて開発されて、 SAGIA は環境の施設を経済的な都市が心の環境と開発されることを保障するために導くことを使用しています。 SAGIA の目的は取付けられる商業および企業の全体的なリーダー、戦略的に東と西の間でと否定的な環境影響を最小化し、エネルギー効率および持続可能な発展を促進するのにエネルギーおよび環境設計 (LEED) でリーダーシップを使用することによって環境のリーダーとして経済的な都市を置くことです。

Last Update: 13. January 2012 17:32

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit