2009 匹の SEMATECH/ISMI のシンポジウムを催す SEMATECH

Published on September 11, 2009 at 7:39 PM

SEMATECH および子会社の国際的な SEMATECH の製造業のイニシアチブは (ISMI)、新竹市、台湾の、 9 月 15 日に、そして東京の一年生植物 2009 SEMATECH/ISMI シンポジウムを、 9 月 17 日に日本、催します。

「私達は全体的な共同が特に現在の経済的な挑戦がある私達の企業の長期成功へキー、私達がメンバーと造った多くの優秀な関係、パートナーの継続を楽しみにしてである、日本および台湾の同僚」、ことを信じ先生、 SEMATECH 社長兼最高経営責任者を言いましたミハエル Polcari。 「交換する EUV の石版印刷のような領域の先行技術の開発を促進するために私達がどのようにの協力してもいいかシンポジウムですためのフォーラム考えを 3D 相互接続しましたり、進めましたゲートスタック、新しい材料および未来のトランジスターを」。は

9 月 15 日の午後で、第 2 年次 SEMATECH/ISMI のシンポジウム台湾は新竹市の大使で Hotel 保持されます。 台湾の半導体の製造業者および装置/材料の製造者との相互作用を促進するように設計されているイベントは高度および出現技術の重要なエリアの提示、また SEMATECH および ISMI の上級管理からのプログラムアップデートおよび技術開発のハイライトを特色にします。

さらに、 SEMATECH/ISMI は Hyatt の執権期間で東京 9 月 17 日の午後の第 5 年次 SEMATECH/ISMI のシンポジウム日本を、催します。 シンポジウムは増加する製造業生産性の ISMI の進歩の管理の提示を特色にしま、コストを削減し、および今日および明日の fabs、また SEMATECH および日本の企業および大学同僚が企業の最も重大な石版印刷、相互接続および材料の挑戦のいくつかのさまざまな見通しを示す対話型の技術的なセッションの支持できる製造業を運転します。

日本シンポジウムまで導くことは ISMI の製造業週、 Hyatt の執権期間東京の 9 月 15-17 日に一連のセッションです、特別な技術的な研修会およびフォーラムに ISMI のメンバーの会社および誘われた製造者の関係者の従業員に開いて下さい捧げられる。 スケジュールされた製造週のイベントは下記のものを含んでいます:

  • 互い違いソース製造者研修会および展覧会
  • インプラント生産性の向上の研修会
  • ISMI の度量衡学の技術的なアップデートの会合
  • 報告する 450mm (パブリックに開いて下さい)
  • ISMI 機能議会日本会合
  • ISMI は Fabs 委員会の日本会合を成熟させます

「私達の共同 ISMI プログラム今日の fabs の基本的な費用節約の作業からの transitioning のための作戦次世代の 300mm ににスペクトルをカバーし、 450mm の工場」、はスコット Kramer を製造技術の副大統領言いました。 まだ生産性および収益性を改善している間」。方法の見通しを共有する製造業の改善を運転する 「私達は台湾および日本両方の機会を認め 450mm への転移のための下部組織を構築し、そしてリソースを節約する企業の環境の足跡を減らす方法を見つけます

これらのイベントまたは SEMATECH/ISMI 台湾および日本シンポジウムについてのより多くの情報に登録するためには、 http://www.sematech.org/cgi-bin/public_meetings.cgi?sema を訪問して下さい。

Last Update: 13. January 2012 15:28

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit