Posted in | Nanoanalysis | Nanobusiness

デジタルサーフは山の表面のイメージングと解析ソフトウェアの最新バージョンを発表

Published on September 15, 2009 at 9:36 AM

デジタルサーフ 、表面計測ソリューションプロバイダは、山のリリース® 5.1、その山脈の最新バージョン®表面のイメージングと解析ソフトウェアを発表しました。山脈® 5.1は、3D光学顕微鏡のための強力な新機能、2Dコンポーネントの幾何学、表面パラメータのニアラインモニタリングのための動的な統計、および新しいCpkの機能パラメータの次元解析が含まれています。さらに、新バージョンは、解析を加速する最新のマルチコアと64ビットの技術を活用し、また、初めてのユーザーのための学習曲線を最小限に抑えるため、オーディオや字幕付きのビデオチュートリアルが含まれています。

山5.1:左から右に含めて表面上のマルチチャンネルの情報:地形(Z)、色(RGB)と強度(I)。

3D共焦点顕微鏡によって取得された画像処理とマルチチャネル地形(Z)、色(RGB)と強度(I)の解析情報は、山脈® 5.1の新しいZ - RGB - Iの機能によって提供されます。表面の機能をズームしたときの情報のすべての3つの種類は、例えば、同時に操作することができます。さらに、真の色と強度の両方の情報は、3D地形の高さ情報に重ね合わせることができます。

コンポーネントのジオメトリのインテリジェントな次元解析は、オプション山脈®アドバンスト等高線モジュールによって提供されます。このモジュールは、名目上のフォーム定義、拡大フォーム偏差グラフィックス、フォームのエラーパラメータ、大きな位置公差のためのサポート、ゴシックアーチの分析、および品質のレポートの自動生成を提供します。それは機械的およびナノテクノロジーの両方のアプリケーションに使用できます。

動的な統計分析では、新しいサンプルが本番環境で測定されるたびに統計が更新されることが保証されます。分析テンプレートは、それが簡単にスクエアのような表面パラメータの傾向を監視し、上限と下限許容限度が尊重されることを確保すること、新しいサンプルを含む測定データの母集団のすべてのサンプルに自動的に適用されます。さらに、Cpkのパラメータの実装では、それ自身を繰り返すように、製造/加工システムの統計的な能力を評価することが可能になります。

3D表面パラメータの進化の4D分析 - 山®へのユニークな機能は、 - T -軸は(時間、温度、磁場または別の4次元)非線形情報を格納できるよう強化されました。これは、不規則な間隔で行われる表面の3次元測定に関する情報を格納するために、例えば、可能であることを意味します。

山脈® 5.1はまた、表面分析のスピードアップと双方向性を強化する機能が含まれています。マルチコア技術の活用は、時間のかかる計算を加速する。 Windows Vistaの64で動作する64ビット版では、大規模なデータセットをより迅速に処理しています。

"山脈® 5.1のリリースでは、生産性を最大化するために最新技術を活用し、すべての表面計測機器のための芸術のイメージングと解析ソフトウェアの状態を提供するために、我々のコミットメントを反映し、"フランソワBlateyron、デジタルサーフの山の表面分析事業部のマネージングディレクターは述べています。 "新しいリリースでは、山地5.0すべてのユーザーに対して無償で提供されています。"

山脈® 5.1は、2009年10月8日まで6日からパリでMesurexpoトレードショーでのデジタルサーフスタンド(2.M.5)に表示されます。

Last Update: 5. October 2011 00:42

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit