Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanomedicine | Nanomaterials

There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

可能ながん治療として使用するための糖衣でコーティングナノ粒子

Published on September 22, 2009 at 7:54 PM

の研究チームは米国立標準技術研究所(NIST)が可能ながん治療は、従来の考え方よりも、粒子がより効果的に微妙なバランスをとる行為を発見したとして使用するために砂糖でコーティングされたナノ粒子を研究することは本来あるべきだ。彼らは一緒に接近し、あまりにも近くにないので、単に他の人のパーソナルスペースを尊重する群衆の中に、個人と同様に、粒子が働く。

中性子研究のためのNISTのセンターで分析された鉄を中心としたナノ粒子は、(左)つる凝集からの粒子のグループを防ぐため砂糖デキストラン、のコーティングを持っています。腫瘍細胞は、(右)、それらを摂取する際、粒子は依然として細胞を殺す、磁場によって刺激されたときに熱を共有するために密接に十分に集まる。白い矢印は、赤血球を示しています。クレジット:(L.)J.アーロンズ、(R.)A. Guistini、R. StrawbridgeとP. Hoopes、ダートマス大学

ジョンズホプキンス大学、ダートマス大学、マニトバ大学二のバイオ医薬品会社の同僚と協力して、NISTのチームは、酸化鉄の粒子を基本的に砂糖でコーティングされたビットは、約100ナノメートルは、強力ながんキラーがワイドであること*を実証してきました彼らは、小さい粒子にはない方法で互いに相互作用しているため。相互作用は、望ましくないように、実際に交流磁界にさらされたときより大きな粒子がよりヒートアップに役立つ多くの生体工学によって考え。この熱はがん細胞を破壊してしまうため、チームの調査結果は、エンジニアがより良い粒子と治療法を設計に役立つことがあります。

ナノ粒子は、化学療法や放射線治療の有害な副作用なしに癌と闘っての約束を保持する。酸化鉄の非常に小さいボールは、砂糖の分子がリソースを大量に消費するがん細胞にそれらが特に魅力的なもので被覆することができる。粒子が注入されると、がん細胞は、それらを摂取するだろう、と医師は、がんを殺すことが、周囲の組織は無傷のまま、熱に酸化鉄センターの原因となる交番磁界を適用することができるだろう。

二つのバイオテクノロジー企業、Micromod PartikeltechnologieとAduroバイオテクノロジーは、マウスでは癌の治療に大きな可能性を示した粒子を作成し、そして彼らはそれがとてもよく働いていた理由を理解するためにNISTを求めた。 "しかし、彼らは私たちに社会通念は、彼らができるということだが、何よりもはるかに大規模な粒子を送った、"NISTの材料科学者Cindiデニスは述べています。 "大きな粒子は、より多くの強磁性体であり、それらが腫瘍に到達する前に体の防御システムを誘致するのに十分な彼らが大になるその、一緒に凝集する傾向がある。企業のナノ粒子は、しかし、この問題を持っていなかった。"

中性子研究のためのNISTのセンター中性子散乱プローブは粒子の大きい酸化鉄のコアが互いを引き付けることが明らかになったが、砂糖のコーティングは、繊維、延びそれはタンポポと似つの粒子が得るときに、これらの繊維は互いに比較プッシュ意思を持っていること近すぎる一緒に、それらのバネ離れて作成および抗体挑む距離ではなく、クランピングを維持する。また、粒子が接近していないときに、鉄の酸化物は、すべての磁場の影響下で一緒に回転中心とする、より多くの熱を生成し、局所的にこの熱を堆積両方。すべてのこれらの要因は、ナノ粒子のない再生と一つの治療の後に4匹のうち3つの乳房の腫瘍を破壊助けた。

"プッシュプルは、ナノ粒子間の距離を固定する綱引きの一部である、"デニス氏は述べています。 "これは我々が潜在的にクリニックに支払う方法で相互作用する粒子を安定化させることを示唆している。"

研究は米陸軍医学研究および資材コマンドと国立科学財団によってサポートされている使用施設によって賄われていた。

* CLデニス、AJジャクソン、JAボルヒェルス、PJ Hoopes、R. Strawbridge、ARフォアマン、J.ヴァンLierop、C. GruttnerとR.イフコフ。温熱療法における磁性ナノ粒子の集団行動を介して腫瘍のほぼ完全な回帰。ナノテクノロジー、20(2009)395103。 [DOI:10.1088/0957-4484/20/39/395103]

Last Update: 12. November 2011 13:21

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit