Posted in | Nanobusiness

応用ナノテクは、著名なケミカル社との契約を締結

Published on October 1, 2009 at 10:37 AM

応用ナノテクホールディングス株式会社(OTC BB:APNT)は、それはナノ銅のインクとペーストを製造し、商用化のため、日本でも有数の工業化学製品の会社との研究開発契約の継続を締結したと発表しました。これは、この同じ著名な化学会社で、2009年7月に署名された排他的なライセンス契約に従っています(2009年7月9日付けのプレスリリースを参照してください)​​。新たな研究開発契約、プロジェクトの4番目のフェーズは2009年10月1日に有効であり、半年間の期間をカバーしています。アプライドナノテクは、このフェーズの資金に$ 300,000の最低限を受け取ります。

2006年10月に始まったこの拡張プロジェクトは、、ANIは研究者、実験室のスペース、および機器のチームを提供しているテキサス州オースチンにANIの施設に位置しています。このプロジェクトは、前述の排他的な合意をもたらした。プロジェクトのこの次の段階は、技術移転、人材育成、および潜在的な顧客と銅のナノ粒子インク及びペースト用アプリケーションの開発を完成させるに焦点を当てます。

"一緒に私たちの戦略的パートナーと、我々は銅のナノ粒子インク及びペーストの実用化に近い動いている、"博士Zvi Yaniv、応用ナノテク、Incの最高経営責任者(CEO)は、日本のパートナーの努力が両方の製造に焦点を当てているように"言ったとアプリケーションの開発は、それは製品やアプリケーションの導入を加速する研究開発の支援を継続する我々のコミットメントです。"

"我々は、彼らの商業化の努力で私達のパートナーを支援するために喜んでいる、"ダグベイカー、APNTの最高経営責任者(CEO)は語った。 "この強力なコラボレーションは、技術を収益化するために私たちの使命を示している。""

Last Update: 26. October 2011 15:59

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit