Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanomedicine | Nanobusiness

ナノ粒子は、FDAから510(k)認可を受け取る

Published on October 13, 2009 at 7:18 AM

ナノスフェア社(ナスダック:NSPH) 、高度な分子診断システムの開発と商業化のリーダーは、それはそのインフルエンザのためにFDAから+ Bと呼吸器合胞体ウイルス(RSV)のテストを510(k)認可を受けたと発表しました完全なサンプルからの結果を自動でとVerigene SPシステム、。

"我々は非常に良く実行し、このインフルエンザの季節に間に合うようにインフルエンザとRSVウイルスを診断するためのソリューションを使用する方が簡単をお客様に提供するためにクリアランスを受け取るために喜んでいる、"ウィリアムモフィット、ナノ粒子の社長兼最高経営責任者(CEO)は語った。ミスターモフィットは、このインフルエンザの季節に描か関心が急速なストリップテストと文化や現在利用可能な分子テストよりも高速かつ容易にテストよりも高い感度を提供する呼吸器系ウイルスのテストの必要性を強調している"と付け加えた。私たちのアッセイはこれらのニーズに応えるとVerigeneシステムのパワーと柔軟性を示しています。Verigene SPのプラットフォーム上で動作するナノ粒子の呼吸器系ウイルスのアッセイは、使いやすさと迅速なターンアラウンドタイムと高い感度と特異性の利点を組み合わせた最初のサンプル間の結果システムと臨床を提供する。"

Verigene SPには、分子と微生物学実験室の両方に相補的またはスタンドアロンの統合を可能に、多重化、ランダムアクセス、第一世代のVerigeneと同じイメージング技術を活用したモジュラーシステムにおける分子診断機能をサンプルするために、結果として自動化を提供します。

Last Update: 18. November 2011 15:51

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit